サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生
  • 発行年月:2003.11
  • 出版社: 理論社
  • サイズ:19cm/454p
  • 利用対象:中学生
  • ISBN:4-652-07736-X

紙の本

魔女の血をひく娘 2

著者 セリア・リーズ (作),亀井 よし子 (訳)

魔女として村を追われたメアリーを待っていた激動の人生。いま、ときの流れをさかのぼり、すべての秘密が明かされる…。研究者アリソン、先住民の娘アグネス。2人がたどりついた涙の...

もっと見る

魔女の血をひく娘 2

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

理論社のYA海外文学 14巻セット

  • 税込価格:23,100210pt
  • 発送可能日:購入できません

理論社のYA海外文学 13巻セット

  • 税込価格:22,066200pt
  • 発送可能日:購入できません

理論社のYA海外文学 13巻セット

  • 税込価格:22,066200pt
  • 発送可能日:購入できません

新しい海外文学 特選ホラー&ファンタジー 12巻セット

  • 税込価格:19,910181pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

魔女として村を追われたメアリーを待っていた激動の人生。いま、ときの流れをさかのぼり、すべての秘密が明かされる…。研究者アリソン、先住民の娘アグネス。2人がたどりついた涙の真実。完結編。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

セリア・リーズ

略歴
〈リーズ〉1949年イギリス生まれ。ウォリック大学でアメリカ史等を学ぶ。中学校で国語教師を務め、93年作家デビュー。2001年「魔女の血をひく娘」でガーディアン賞最終候補となる。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

魔女として生きるのはつらいことかも

2004/08/18 13:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yan - この投稿者のレビュー一覧を見る

メアリー・ニューベリーという清教徒の娘
魔女の疑いをかけられて故郷のイギリスから
アメリカへ逃れたのに、入植地でも同じ疑いをかけられて
逃亡し、先住民の間での暮らしを選び、幸せを知ることなく
逃亡と闘いの一生を終える。

メアリーがアメリカへ出発したときからつけていた日記
普通の娘と違った行動をしていたことがもとで
魔女だと疑われ始めた彼女は
キルトの中身にその日記を縫いこんで隠し、
彼女を信頼して一緒に暮らしていたマーサに託して姿を消す。

そのキルトが300年以上もたって発見され
中の日記が日の目を見る。
上巻はこの日記によって物語が進んでいるけれど
下巻はフィクションでつなげている。
先住民の間で暮らし、呪術によって人の病を治すメディスン・ウーマン
として再登場するメアリーは結局魔女として生き
魔女として死んで、子孫にその技を伝えていく。
彼女の子孫が現代のメディスン・ウーマンとして登場し
メアリーの所有物を伝承しているのは、魔法じみているが
ネイティブアメリカンならそのくらいのことは普通なのかもしれないと
思って読んだ。

メアリー・ペーパーと呼ばれるキルトの中の日記は本物らしいが
メアリーと彼女に関係した人々をひもといていくという作業は
本当なのだろうか。かなり真実にせまった物語だった。

Yanの花畑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/17 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/30 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/17 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。