サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. このミステリーがすごい! 2003年のミステリー&エンターテインメントベスト10 2004年版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

このミステリーがすごい! 2003年のミステリー&エンターテインメントベスト10 2004年版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: 宝島社
  • サイズ:21cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7966-3766-4
  • 国内送料無料

紙の本

このミステリーがすごい! 2003年のミステリー&エンターテインメントベスト10 2004年版

著者 別冊宝島編集部 (編)

このミステリーがすごい! 2003年のミステリー&エンターテインメントベスト10 2004年版

745(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

目次

2003/12/08 20:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宝島社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

●発表! 2003年のミステリー&エンターテインメント・ベスト20
●国内編1位作家&海外編1位担当者インタビュー
●“旬”の作家インタビュー
 石田衣良、伊坂幸太郎など、ここ最近注目の若手作家が作品ができるまでのエピソード、今年のお薦め作品などを語る。
●人気作家49人による「私の隠し玉」
●〈東野・真保〉シンクロする“三部作”の謎
●ミステリー長屋の2003年ソーカツ座談会
 2003年に出版されたミステリー作品、および2002年のミステリー界をふりかえる。
●発表! 第二回『このミステリーがすごい!』大賞
●“読書のプロが選ぶ”私のベスト6
●【海外ミステリー最新情報】わが社の隠し玉

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

全部、読みたい!

2003/12/10 14:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヌーブ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「これを読まずに今年のミステリーは語れない」。まさしく一年でもっとも優れた作品が勢揃いして、ミステリーファンは必見の一冊ですね。ベストテン作品はさすがにすごい。全部読みたくなってしまいます。第2回『このミス』大賞も発表されていて、こちらも必見です。また今年は、インタビューには気に入りの石田衣良氏が出ているので、よけいに嬉しかったです。この人の視点ってホントに独特でいいんですよね。来年はどんな作品が出てくるのかを知りたいなら、人気作家49人による「私の隠し玉」を読まないといけません。2004年のミステリー界は、さらに熱くなりそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ほとんど今年に読んでないのだけど…。

2004/01/09 08:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:活字好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

貧乏主婦にとって、本の代金は高い、高すぎる。図書館に行っても、新刊はなかなか借りられないので、結局いつもこのミスの、今年のベスト10を一つも読まなかった、ということばかり。話題の本が何かも知らない状況なので、このミスはとても役に立っている。去年の「半落ち」の裏話などは、このミスを読まなければ知らなかった。今回のこのミスを読んで、どうしても日本の一位の小説が読みたくなって買ってしまった。出版業界にとっても、このミスの存在は段々大きくなってるのではないかな、と思う。毎年、本屋に「このミス」特集が組まれているところもあるようだ。貧乏主婦泣かせの、高い単行本の購買意欲をそそられる1冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/23 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/27 07:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る