サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

I will…
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: 日本文学館
  • サイズ:20cm/33p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7765-0181-3
  • 国内送料無料

紙の本

I will…

著者 まるやま さだお (作),河野 あさ子 (原画)

人は誰でも大きな絶望感に包まれるときがあります。でも負けないで生きていかなくてはなりません。歯をくいしばって、がんばって生きていきたい−。そんな思いを込めて、懸命に生きる...

もっと見る

I will…

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人は誰でも大きな絶望感に包まれるときがあります。でも負けないで生きていかなくてはなりません。歯をくいしばって、がんばって生きていきたい−。そんな思いを込めて、懸命に生きる人に贈ります。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

いつかきっと…

2003/12/06 08:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なかむらまさあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 生きていると日々いろんなことがあります。身も心も疲れ果てるときがあります。そんなとき手にしたこの一冊。
こころのなかで、「よいしょ…よいしょ…」ときこえてくるように、「もう少し自分を励ましてやろう…」と思うことができました。
くじけそうなとき、支えてくれる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

著者コメント

2003/12/18 03:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まるやまさだお - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大きな1本の木…あれは最初からあんなに大きな木だったのだろうか?道の隅っこで懸命に生きている雑草…何て強靭な生命力なのだろうか…そう思ったことはありませんか?
 この本のテーマは「いつかきっと、きっといつか…」という「夢」や「希望」を持ち続けることです。人は生きていく過程で、誰だって何かしらの「壁」に突き当たります。失敗もしますし、挫折もします。悔しい思いもするでしょう。屈辱を味わうこともあるでしょう。そんな時、ぜひこの本を手にとってみてください。
 何度踏み潰されても、むしりとられても、誰が世話をする訳でもなくても、厳しい自然の中で1本の木は成長しようとがんばります。「くじけない」「負けない」「歯をくいしばって」…こう表現すると何やら「根性論」「精神論」的にとらわれてしまうかもしれませんが、この本は決してそうした力んだものでもなく、ネガティブなものでもありません。むしろ冒頭に記した通り、「夢」「希望」を持ち続けるというポジティブな作品なのです。
 失敗したって、挫折したって、またやり直せばいいことです。立ち上がればいいことです。どんな境遇であっても懸命に生きていこうとする人に、精一杯のエールを送りたい…という思いを込めた1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おとな向け絵本 ランキング

おとな向け絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む