サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ダブルブリッド 9(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/231p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-2543-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ダブルブリッド 9 (電撃文庫)

著者 中村 恵里加 (著)

ダブルブリッド 9 (電撃文庫)

551(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ダブルブリッドIX

551(税込)

ダブルブリッドIX

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/02/10 13:54

投稿元:ブクログ

これまた新刊を(略) ストーリーは最近よくある異形アクションモノでで、特に目新しくはないのですが、作者の力でかなり読ませてくれます。若手で文章の上手い作家、という印象。発行スピードの速さといい、見せかたといい、これから売れていくだろうな・・・と思っていたので、8巻で(初めて)つまらなさを感じてしまったのにはショックでした。作者がラストへどうやって持っていったら良いのか悩み始めたような、ストーリーに迷いが感じられました。
それか7巻が面白すぎたというのがあるかも。もの凄い引きで終わっているので、否応なしに期待しすぎたのかもしれませんが(汗)
ともかくそれをさしおいても面白いです。くどいようですがピークの7巻は圧巻。主人公二人はこれからどうなるのか、夢に出るほど気になりました(笑)
ついに最終巻まで来たとのこと、期待してます。

2006/03/12 10:52

投稿元:ブクログ

初めて読んだときにこれは来たなと思いました。何だか実は現実世界と繋がっていそうな、変な感覚に陥りそうになります。

2006/06/14 05:17

投稿元:ブクログ

次の本は一体いつになったら出るのやら。。。とてもグロでダークな話ですが、その世界に引き込まれると戻れません。

2007/10/20 21:26

投稿元:ブクログ

友達に借りて読んでましたが、どんどん話が暗くカオスになってきていて心配していたら…止まってるじゃないですかーい。ああ。フラグ立ちまくり(笑)

2007/01/15 23:21

投稿元:ブクログ

初めて買ったライトノベルで思い出深い本です。ちょっとグロい表現などがありますが、現代ファンタジーとして読めます。ただ最近は著者が休筆中なので、ラストがとても気になります。ちょっとハッピーエンドは望めないかもしれませんが……。
個人的には、5・6巻が最高におもしろいです。晃が好きだ……(もち優樹も)

2007/02/04 13:14

投稿元:ブクログ

一体いつ続きが出るんだろう・・・もはやハッピーエンドは期待してないけれどキチンと結末をだしてスッキリさせて欲しい・・。

2009/06/20 21:50

投稿元:ブクログ


これがなかったら、創作活動をしていない。
今でも、少なからず影響を受けているような気がします。
ふと、そんなことを思った。

2010/06/05 15:02

投稿元:ブクログ

やっと読めた!!
やっぱこのシリーズは胸がじわじわ痛くなって、でも読まずにはいられないです。
顔を背けるな!向き合え!
先生の言葉にはそんなメッセージを感じるなぁ。
この人はえげつないけど憎めない。
虎くんと安藤さんは本当に可愛いです。
ああどうなるのかなぁ!

2009/11/15 06:41

投稿元:ブクログ

救いのない物語。・・だと思ってたら、最終巻できれいにまとめられてしまった。救いがないところが好きだったので、なんか悔しいけどよいできでした。これは全巻+外伝を読むのがオススメです。個人的には9巻が一番好き。でも好みが分かれそうだなぁ

2011/11/23 22:38

投稿元:ブクログ

6巻あたりから始まった鬱展開。もうこのまま最後までこんな感じなんだろうか。
山崎の方はもう完璧人間とはいえないし、片倉の方も見た目がすごいことになってるし、読むのがつらくなる作品でした。でも嫌いにはなれない作品でもあります。

2011/07/23 20:28

投稿元:ブクログ

悩みに悩んだすえ、安藤希に対して凶行に及ぼうとしたその瞬間、相川虎司は圧倒的な力で池に投げ込まれた。
兇人ーー“鬼斬り”に取り憑かれた山崎太一朗の手によって。
そして始まる人外のモノ同士の闘いは、安藤希に何を決断させるのか!?
一方、右目を失い、“左手”も失い、記憶も失いつつある片倉優樹は、傍観者としての立場を捨てないままただ語りつづける大田真章を前に、何を決断するのか。
数多くの決断を背に、破滅に向けて突き進む『ダブルブリッド』シリーズ。
ついにクライマックス直前!

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む