サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

文明史のなかの明治憲法 この国のかたちと西洋体験(講談社選書メチエ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2003/12/11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社選書メチエ
  • サイズ:19cm/230p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-258286-4

紙の本

文明史のなかの明治憲法 この国のかたちと西洋体験 (講談社選書メチエ)

著者 滝井 一博 (編著)

【大佛次郎論壇賞(第4回)】【角川財団学芸賞(第2回)】国の内外で識者から迎え入れられた明治憲法。ウエスタンインパクトとナショナリズムの19世紀、木戸、大久保、伊藤、山県...

もっと見る

文明史のなかの明治憲法 この国のかたちと西洋体験 (講談社選書メチエ)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【大佛次郎論壇賞(第4回)】【角川財団学芸賞(第2回)】国の内外で識者から迎え入れられた明治憲法。ウエスタンインパクトとナショナリズムの19世紀、木戸、大久保、伊藤、山県らが西洋体験をもとに描いた「この国のかたち」とは? 日本型立憲国家が誕生するまでのドラマを描く。【「TRC MARC」の商品解説】

<国家のかたち>はこうして描かれた

「噫憲法よ汝已に生まれたり」国の内外で識者から迎え入れられた明治憲法。ウエスタンインパクトとナショナリズムの19世紀、木戸、大久保、伊藤、山県らが西洋体験をもとに描いた<この国のかたち>とは? 日本型立憲国家が誕生するまでのドラマを描く。【商品解説】

目次

  • 序 章 西洋体験としての明治憲法成立史
  • 第1章 岩倉使節団の憲法体験――万国公法から憲法へ
  • 第2章 伊藤博文の滞欧憲法調査――憲法から国制へ
  • 第3章 山県有朋の欧米巡遊――もうひとつの「憲法」調査
  • 終 章 外から見た明治憲法

著者紹介

滝井 一博

略歴
〈滝井一博〉1967年福岡県生まれ。京都大学大学院法学研究科博士後期課程修了。現在、神戸商科大学助教授。専攻は比較法史、国制史。著書に「ドイツ国家学と明治国制」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

法制史家の明治憲法論

2005/04/30 11:20

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:虚無坊主 - この投稿者のレビュー一覧を見る

条約改正を大きな目標として、岩倉使節団に参加した元勲たち、木戸孝允、大久保利通、伊藤博文らの万国公法(国際法)に対するいじらしいまでの素朴な信頼から話は始まる。その信頼はナショナリズムとリアル・ポリティックスが渦巻く訪問先の欧米各国を目の当たりにしてあえなく崩れ去る。条約改正交渉の失敗から、彼らの目は国内法としての憲法制定に向かう。
約十年後の伊藤の欧州留学は、憲法制定という政治課題について大隈重信や井上毅にリーダーシップを奪われた危機感から、伊藤が打ち出した秘策であったという。だが、伊藤が学んだドイツの憲法学者グナイストは、ブルガリアの例を持ち出して、日本の憲法制定は百年早いと暗にほのめかしたり、これから議会制度を開こうという日本に対して、議会に予算議決権を与えてはならないと助言するなど、伊藤をたびたび失望させた。
内容の紹介はここまでにとどめ、不満をひと言。久野収の『現代日本の思想』は画期的な北一輝論であり、かつ独創的な明治憲法論でもあった。明治憲法のエグゾテリッシュ(顕教的)/エゾテリッシュ(密教的)な両義性が『憲法義解』の著者、伊藤の天才なくしてはありえなかった創造物であると論じた。すなわち、たてまえとしての天皇制絶対主義と、本音としての立憲主義(権限なき君主)の同在。北は明治憲法の秘密を的確に読み解き、逆手にとって『国体論および純正社会主義』を書く。明治憲法に対する見方が、久野以後どのように展開されているのかを期待していた私としては、いささか当てが外れた恰好だ。だが、今まであまり紹介されてこなかった明治憲法に対する当時の欧米の知識人(なんとアメリカの著名な判事ホームズを含む!)の総じて高い評価など、興味深いエピソードが多く紹介されていて、決して飽きない。二〇〇四年、第四回大仏次郎論壇賞受賞。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/22 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/10 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/19 08:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社選書メチエ ランキング

講談社選書メチエのランキングをご紹介します講談社選書メチエ ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。