サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2003/12/01
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/611p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-03911-2
文庫

紙の本

文読む月日 上 (ちくま文庫)

著者 トルストイ (著),北御門 二郎 (訳)

文読む月日 上 (ちくま文庫)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「戦争と平和」や「アンナ・カレーニナ」を通り抜け、「イワンのばか」や「人は何で生きるか」に到達したトルストイの心情の結晶。

2006/04/30 22:55

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 古今東西の著作や箴言集を引用しながら一年の日付ごとに数行の言葉が並べられている、トルストイ晩年の味わい深い名言集。一週間ごとに短い読み物があり、一年間、飽きずに読み続けられるような工夫がされています。厚めの文庫で3巻。著者が6年の歳月を書け、170名もの先人の言葉が引用されているとのこと。上巻は1月から5月までです。
 かたわらに置き、トルストイのたどり着いたところ、言い残したかったことに耳をすませて少しずつ、心を巡らせながら読みたい本です。
 「信条などというものは、人々の意見や知識の絶えざる変化につれて変化する。それは時間と結びついていて、時間とともに変わるのだ。しかし愛は時間を越える。愛は常在不変である。」(1月8日)
 「記憶によってでなく、自らの思索によって得られたもののみが、真の知識である。」(1月9日)
 「われわれは過去の聖賢から伝わった教えを大いに利用していいけれども、ただ自分の理性によってその教えを検討し、取るべきものは取り、棄つべきものは棄てなければならない。
」(1月12日)
 このようなトルストイ自身の言葉と共に、孔子や仏陀の言葉、タルムードまで幅広く引用されています。引用元はあまりきっちり書かれてはいません。でも、それはそれで、トルストイの精神を潜って綴りなおされた言葉として読めばいいのでしょう。宗教的な色合いはかなり濃いのですが、仏教やイスラム教の言葉などからも引用があるところには、どのような人間にも普遍的な心情を探ろうとする著者の深い視線を感じます。
 古今東西の名言を引用しながら並べていく方式はモンテーニュの「エセー」にも通じるものがありまが、こちらの方が宗教的で、情感的であり、アウレリウスの「自省録」に近い感じがあります。「戦争と平和」や「アンナ・カレーニナ」を通り抜け、「イワンのばか」や「人は何で生きるか」に到達したトルストイの心情の結晶のようです。
 原題は直訳すれば「読書の輪」または「認識の輪」。一年がめぐるように、読み進みまたはじめに戻って読むものともとれますし、想いがめぐり続けることを言い表わしているともとれるかもしれません。
 モンテーニュやアウレリウスの名前を挙げてしまいましたが、このような書物を著した人物は他にも存在します。人生をいくらか通り抜けた後、掴んだ想いを書き綴るのは古今東西どこの人にもおこる思いなのでしょうか。さて、現代には、未来に残る「現代の」眼でのアンソロジーはあるでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/10 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/21 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/17 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。