サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. クリスマスローズの殺人

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クリスマスローズの殺人
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:20cm/256p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-562-03717-2
  • 国内送料無料

紙の本

クリスマスローズの殺人 (ミステリー・リーグ)

著者 柴田 よしき (著)

さびしい年末の懐をあっためようと引き受けた、なんの変哲もない浮気調査のはずが交換殺人? 死体消失? ミッシングリンク? 軽ハードボイルド+コージー+本格推理。ヴァンパイア...

もっと見る

クリスマスローズの殺人 (ミステリー・リーグ)

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

さびしい年末の懐をあっためようと引き受けた、なんの変哲もない浮気調査のはずが交換殺人? 死体消失? ミッシングリンク? 軽ハードボイルド+コージー+本格推理。ヴァンパイア探偵シリーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柴田 よしき

略歴
〈柴田よしき〉1959年東京生まれ。青山学院大学卒業。95年に「RIKO」で第15回横溝正史賞を受賞。著書に「少女達がいた町」「フォー・ユア・プレジャー」「淑女の休日」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価2.8

評価内訳

紙の本

たおやかなミステリ

2004/03/29 11:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『Vヴィレッジの殺人』のヴァンパイアたちが活躍するミステリです。ヴァンパイアたちがーの特性や人間関係を理解するため、本書を読むにはVヴィレッジシリーズを先に読んでおいた方が楽しめるのではないか、と思います。

「軽ハードボイルド+コージー+本格推理」と銘打ってありますが、読んだ感じは「軽ハードボイルド+軽コージー+軽本格推理」といったところでしょうか。
三つの要素は楽しめるのですが、どれも軽く、といったところ。ちなみに吸血鬼の要素はホラーとしてのものではないので、恐怖を期待して読まれませんように。

それにしても柴田よしきとという作者は、女性を描くのがとても上手い作家ですね。女性の心理、女性からの視点、女性ならではのものの考え方、観察の仕方など。『炎都』の香流、『Riko』の理子、『猫探偵・正太郎の冒険 3』のひとみなど、著者が描く女性の主人公はすべて優しくて勇気があって、行動的です。

本書のミステリもまた、女性独特の繊細な視点によって描かれ、謎が暴かれていきます。いってみれば、春のようにたおやかなミステリ。しかし男性には少し感情移入しにくい部分があるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

トリック的にはなかなか面白く読めるのだが、無理があるといえばそうとも取れるところが微妙な評価となりそうです…

2004/03/01 21:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

原書房が力を入れている“ミステリー・リーグ”の作品である。
なるほど、帯には「軽ハードボイルド+コージー+本格推理」と書いてある。
決して過大広告ではない。
でも私の率直な感想としては“軽妙すぎる”のである。

吸血鬼物ですが、全然怖くありません。

主人公は人間世界で住むようになったメグ。彼女は生活難の為に探偵役を引き受ける。
浮気調査の役を回して貰うのであるが…

前作となる『Vヴィレッジの殺人』から読むべきだったのかもしれない。
そうしたらメグの出身地である「Vヴィレッジ」に関しての知識やメグや周りの人が人間社会に住むこととなったいきさつ等を理解した方ががもっとついて読みやすかったであろう。

人間社会に混じって生きている事に違和感を感じたのは残念だ。

トリック的にはなかなか面白く読めるのだが、無理があるといえばそうとも取れるところが微妙な評価となりそうです。

本作は読者が“変幻自在”な柴田さんに読者が何を求めてるかによって感じ方が違ってくる顕著な作品であると思う。

きっと私が柴田さんの作品に求めてるものとは微妙にずれていたのであろう。
もっと“女性たちの愛憎というか嫉妬振り”を前面に出してもらえたら楽しめたのですが、それを期待するのは作品のコンセプトからして酷なのでしょうか(笑)

楽しく読めるミステリーなのかもしれないが、柴田さんの力量からしたら物足りないような気もした。
私は贅沢な読者なのであろうか?

メグと太郎のキャラに惚れこんでる方は次作(続編)も待ち望まれてるでしょうが…

トラキチのブックレビュー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/23 13:35

投稿元:ブクログ

 さびしい年末の懐をあっためようと引き受けた、 なんの変哲もない浮気調査のはずが交換殺人? 死体消失? ミッシングリンク? 軽ハードボイルド+コージー+本格推理。ヴァンパイア探偵シリーズ。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 前作『Vヴィレッジの殺人』に続く、吸血鬼探偵メグのシリーズ第2弾。 「前作は400円文庫だったのに、2作目は単行本なんですかい?」的不満は残るけど、まあ、吸血鬼の性質を存分に生かした本格ミステリかと。 でも。なんでだろう。アンフェアじゃん的不満が残るのわ(笑)。 最後にひと言。「吸血鬼が多すぎる!!/笑」

2006/01/06 20:00

投稿元:ブクログ

Vヴィレッジの続編らしいですが、前作を読んでいないので設定に戸惑いがあったのは否めないです。ヴァンパイアが普通にいる小説でもOKな方は面白いかも。

2011/05/10 21:34

投稿元:ブクログ

Vヴィレッジ出身の探偵メグがひきうけた浮気調査が、とんでもないことに。

再読。
しかしさっぱり記憶になかった。前作があることも忘れていた。
Vヴィレッジが存在する、ということが活かされているのがさすがだと思う。

2006/04/30 00:51

投稿元:ブクログ

ヴァンパイア・・
現在社会には、ありえない話。
主人公のメグは、ヴァンパイアのイメージを忘れさせるような人間的思考の持ち主。
Vヴィレッジの続編なんですが、前作を読んでいないと「??」って感じかも。

2014/02/22 22:15

投稿元:ブクログ

人生が長くなればなるほど、物事に対して驚くという経験は少なくなる。
そういう混乱というか、思考に一貫性がない状態というのは珍しいことではない。ふつうの人間は、常日頃から完璧に論理的に思考しているわけじゃにからな。

2009/12/26 23:53

投稿元:ブクログ

これはないだろう。。。のオンパレード。
主人公が吸血鬼っていう設定はまあ「ナシ」ではないけど、それ以外は「ナシ」でしょう。
シリーズものらしいですが、前作が読みたいとはまったく思いませんね。。。

2010/01/22 20:14

投稿元:ブクログ

吸血鬼の私立探偵メグと同く吸血鬼の村出身の面々が事件を解決していくお話。
前作があったとは知らずに読んでしまったけど、適度に軽くて読みやすかった。前作読んでたらもっと面白かったかな。

2010/01/14 22:22

投稿元:ブクログ

「Vヴィレッジの殺人」に続く吸血鬼探偵もの。もちろん「吸血鬼」の存在と特性とがしっかり「前提」とされているのがポイント。このあたりの「注意書き」はきちんとされているのだけれど、まずは前作「Vヴィレッジの殺人」を読んでおくのが正解でしょう。
(ネタバレにはならないかな……?)ま、「吸血鬼」の存在が前提だってことでネタはアレだなーと見当はつくのだけれど、そこはやっぱり一筋縄じゃいかないね。なかなかにお見事。雰囲気も適度に軽くて(コージーってやつですか?)いい感じ。キャラクター的にも好感が持てて(ネコとコウモリ!)お薦め。しかしあえてツッコミを入れたいんだけど……○の○で倒されるのって吸血鬼だっけな?

2010/11/26 12:11

投稿元:ブクログ

前提として日本のどこかに吸血鬼の住むVヴィレッジという場所がある。住民のうちにはそこを出て一般人に混じって暮らす者もいる。探偵メグもその一人だ。専業主婦の浮気調査のためある家を見張っていたところ、海外出張に出たはずの夫の死体を見つけてしまった。しかし翌日には死体は消え失せ、世間を騒がせている「クリスマスローズの白い花を撒かれた遺体」となって妻が発見される。あの家で、あの夜何が起こったのか…犯人をVヴィレッジ出身者たちが追い詰める!ってな感じなのですが、トリックそれなのーと思うとちょっと拍子抜け。なので★3です。でも前作「Vヴィレッジの殺人」は読みたい。ミステリとしてはイマイチでも、小説としては好きです。