サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鬼頭家の惨劇 忌まわしき森へ(祥伝社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: 祥伝社文庫
  • サイズ:16cm/167p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-396-33136-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

鬼頭家の惨劇 忌まわしき森へ (祥伝社文庫 Dramatic novelette)

著者 折原 一 (著)

鬼頭家の惨劇 忌まわしき森へ (祥伝社文庫 Dramatic novelette)

411(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価2.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

買うのは著者の心意気なのだ!!(自分に言い聞かせる)

2012/04/02 14:10

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終えの第一感は…
「そうですか。そうもってきましたか」
といったところ。

何度も書いているが、叙述トリックは難しい。
「折原=叙述トリック」と言っても過言ではないほど
著者は叙述トリックに心血を注いでいる。
そのせいでマンネリを揶揄され事態になるとわかっていても。

そう。
叙述トリックには「マンネリ」という恐ろしさがつきまとう。

にもかかわらず著者は、叙述トリックをシリーズ化してしまった。
しかもシリーズの舞台まで固定して。

富士の樹海。
その中に建つ一軒家。

それがこのシリーズの舞台なのだ。

この飽くなき研究心とチャレンジ精神を見よ。
デビュー作では生き生きとペンを走らせていたのに、
時を経るにつれ、技巧にたよったり無難にまとめたりと、
「そこそこ」を狙う作家が多い中、
こんなにも挑戦し続ける作家が他にいるだろうか。
しかも自分で自分をがんじがらめして。
ただでさえ高いハードルを更に上げて。

そう。
わたしは著者のチャレンジ精神を買って読んでいるのだ。

そう。
そうなのだ、
わたしは著者の…(以下略)


そう言い聞かせてわたしはこのシリーズを追いかけるのだ。


無難な物語を紡ぐ作家よりも、
書きたいことを書く作家が好き。

万人受けするものよりも、
好き嫌いの別れる作品が好き。

だから…
これからもわたしは折原一を応援する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/13 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/05 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/29 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/09 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/18 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/15 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

祥伝社文庫 ランキング

祥伝社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む