サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

お買い物金額分全額還元キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. その他海外の小説・文学の通販
  5. 原書房の通販
  6. マビノギオン ケルト神話物語 シャーロット・ゲスト版の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マビノギオン ケルト神話物語 シャーロット・ゲスト版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:21cm/352p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-562-03715-6
  • 国内送料無料

紙の本

マビノギオン ケルト神話物語 シャーロット・ゲスト版

著者 シャーロット・ゲスト (英訳著),井辻 朱美 (訳)

マビノギと呼ばれる4編の作品をふくむ、吟遊詩人によって語り伝えられてきた中世ウェールズのケルト幻想物語集。アーサー王物語の原点ともいうべき作品をおさめる。アラン・リーの美...

もっと見る

マビノギオン ケルト神話物語 シャーロット・ゲスト版

税込 3,456 32pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

マビノギと呼ばれる4編の作品をふくむ、吟遊詩人によって語り伝えられてきた中世ウェールズのケルト幻想物語集。アーサー王物語の原点ともいうべき作品をおさめる。アラン・リーの美しい挿絵と格調高い翻訳による決定版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

シャーロット・ゲスト

略歴
〈ゲスト〉1812〜95年。中世ロマンスの研究家。第9代リンゼイ伯の娘としてイングランドに生まれる。ウェールズ語から典雅な英語に翻訳した「マビノギオン」でケルト・ブームをおこした。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

蒼天のお恵みあらんことを

2004/03/06 23:33

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:べあとりーちぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 映画版『指輪物語』の大ブームで一躍再々…発掘された感のあるケルト神話だが、本書はその中でも有名なシャーロット・ゲスト版の、日本語初の完訳本である。ゲスト氏は19世紀の著名な中世神話研究家で、本物の貴族の姫君でもあった。彼女により難解なウェールズ語の原典は初めて英訳され、物語の魅力とその典雅な翻訳の力が相まって、当時一大ケルト・ブームを引き起こしたのである。アーサー王伝説の原点と呼ばれる物語も含まれ、アルフレッド・テニスンやウィリアム・モリスなど、影響を受けたアーサリアンは多い。ちなみに「マビノギオン」というのは、実はゲスト氏の誤訳が元となった造語なのだそうだ。ゲスト版の影響の大きさが伺える。
 もともとのウェールズ語テキストの完訳本としてはJULA出版局から『マビノギオン 中世ウェールズ幻想物語集』が出ている。こちらも大変評判の高い本で、訳者の中野節子氏による詳細な注釈も勉強になる。懐の温かい読者は両方購入して堪能するのも良いだろう。

 アーサー王伝説に限らずケルティックな物語に関心のある方なら誰でも、うっとりと本書に酔いしれること請け合いである。特に筆者が気に入ったのは、大本の「4枝のマビノギ」として知られる物語。マナナン・マク・リールやアリアンロッドと来れば、アイルランド(エリン)を舞台にしたあしべゆうほ氏のファンタジー大作『クリスタル・ドラゴン』への流れを思い出してわくわくしたりする。
 昔々、まだ神々と人間が身近く暮らしていた頃、不死身の英雄や巨人の王、魔法の釜や言葉を話すけものたちが存在していた頃の物語。自国の軍勢を渡河させるために自分の身体を横たえて橋になったベンディゲイド・ヴラン王が登場する「リールの子マナウィダン」では、巨人の王などまるで当たり前のようにあっさり語られていて、かえってスケールの壮大さを感じられた。日本の民話で言えばこの王様、山の精霊「だいだらぼっち」などが近いのだろうか。
 「マソーヌイの子マース」に出てくるマース王は、よんどころない戦に行く時以外、ある乙女の膝に両足を乗せていないと生きていられないというこれまた不思議な人物。あとがきで訳者の井辻朱美氏が触れているとおり、どこを読んでもその設定の理由が判らない。井辻氏の言う「古代の物語の持つ不条理なインパクト」に満ちた「4枝のマビノギ」の魅力は、まさに手擦れしていない原石の魅力なのである。

 アーサー王の宮廷が登場する後半では、馬上試合と麗しの乙女御への恋に生きる騎士たちの遍歴と武勲がメインテーマとなる。グワルヒメイ(ガウェイン)やオーウェインやゲライント、ペレドゥル(パーシヴァル)のたどる冒険の旅はやっぱり摩訶不思議な設定が共通する部分があり、口承伝説の定型の由来や成り立ちについて興味深く感じるだろう。

 愛蔵版『指輪物語』で有名なアラン・リーの美麗な挿絵もふんだんに入っており、音楽的な訳文と合わせて楽しめばまさに至福。ケルト神話ファン必携の書であると言えよう。
 ただし、本当に本当に重箱をつつくような瑣末な点で申し訳ないのだが、特に後半、校正ミスというか誤字がやや目立って残念だった。「来る」と「來る」を訳し分けるほどこだわっていたようなので、その一方で「辱めを注がんと(雪がんと)」とか「駆けくらに駆った(勝った)」とかを見つけてしまうとちょっとがっくりする。本書には完璧を求めたいので、その辺り、やや厳しいが★ひとつ減点。重版することがあったらぜひ直しておいてほしいと願っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/15 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/28 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

その他海外の小説・文学 ランキング

その他海外の小説・文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。