サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

五匹の子豚(クリスティー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 45件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: クリスティー文庫
  • サイズ:16cm/412p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-130021-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

五匹の子豚 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

著者 アガサ・クリスティー (著),桑原 千恵子 (訳)

五匹の子豚 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

842(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー45件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

クリスティー中期の心理劇作品群のなかでも、殊に魅力的な傑作

2004/07/02 21:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

クリスティーのミステリのなかでも高く買っている本書を、久しぶりに再読しました。本書を初めて読んだのは、数年前、ミステリ好きの方が「これ、いけますよ」と紹介されているのを目にして、「ふーん。なら、いっちょ読んでみっか」と手にしたのでした。読み終えて、「うむ。これは面白いな。大詰めでの驚きもなかなかのものだったし、読後の余韻も印象に残るなあ」と、とても読みごたえを感じた作品でした。

16年前、サウス・デヴォン地方で起きた画家の毒殺事件。犯人とされた人物はすでに亡くなっているのですが、「事件をもう一度調べて欲しい。本当に母が犯人だったのか、はっきりとした真相を知りたいから」と依頼されたエルキュール・ポアロが、事件の関係者たちと会って、過去の事件を再現していきます。
そして、事件関係者の話を聞いたり、彼らの手記を読むうちに、ポアロは今さらのように、「同じものを見ても、人によってその受け止め方や印象は全く違うものだ」と感じるのでした。

心理劇をテーマにしたミステリと言っていいでしょうか。同時期に書かれたクリスティーの作品、『杉の柩』や『ホロー荘の殺人』等とともに、とても贔屓にしているこの作品。殊に、16年前に有罪として裁かれたひとりの女性の姿が、読後、鮮やかに目の前に蘇ってくる印象を受けるところ、そこに惹かれます。
事件関係者の証言とポアロの推理によって、カロリン・クレイルという女性の肖像画の断片が、最後の大詰めですっと寄り集まり、一幅の絵として出来上がったのを見るような味わい。それが、とても魅力的でした。

本書の中に、サマセット・モームの『月と六ペンス』の名前が出てきたのも、なんか嬉しかったな。これも、とても面白かった小説として忘れられません。余談ですが、『月と六ペンス』と、ウォーナー・ロウの短編「世界を騙った男」(『エドガー賞全集(下)』ハヤカワ・ミステリ文庫所収)をセットにして読むのも一興です。

なお、本作品の原題は、英題 Five Little Pigs 米題 Murder in Retrospect(1942年発表)
本文庫の解説を、千街晶之さんが書いておられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

クリスティここにあり!というほどの名作。読まないと損をしますよ。

2009/08/20 09:24

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あがさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

16年前に裁判も終了し、一応の解決をみた殺人事件について再調査して欲しいという依頼を受けたポワロ。
依頼人は、カーラ・ルマルション。毒殺されたのはカーラの父。犯人として裁かれたのはカーラの母だった。夫殺しの犯人として獄中死した母は、無実だったのだとカーラは信じている。

事件の関係者は5人。
殺害されたカーラの父アミアスの親友、メレディス。
アミアスを敬愛していたメレディスの弟、フィリップ。
カーラの母カロリンの異父妹、アンジェラ。
アンジェラの家庭教師、セシリア。
そして、アミアスの愛人、エルサ。

まず、ポワロはこの5人を訪ね、この事件について手記を書いて欲しいと依頼する。既に解決した事件を蒸し返して何の意味があるのかと、誰もが不審に思いながらも、承諾する。

一人の気まぐれな芸術家が愛人を家庭に連れ込み、そして毒殺された。第一発見者である妻が、激しい嫉妬から殺害したものとして逮捕された。この事実を、5人それぞれが違う視点から捉え、振り返っている。
同じ会話を聞いていても、同じ行動を見ていても、受け取り方次第でこんなにも解釈が異なるのかと、驚かされた。

16年前の事件であるから、物的な証拠は何一つと言っていいほど残っていない。頼るべきはただ関係者の証言のみ。しかも、それが真実を述べているのかどうかの確証もない証言だ。
それをもとに、当時の警察も見つけられなかった真実をポワロが見つけ出す。最後に関係者を集めてポワロがいつもの謎解きを始めるのだが、その鮮やかさには、惚れ惚れする。
物的な証拠のみに頼らず、関係者の心理面からの捜査を重視するポワロならではのミステリだ。

もちろん最後には真犯人が明らかになる。
クリスティ作品の中でも、一、二を争うほど、哀しい結末だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/25 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/16 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/17 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/26 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/25 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/22 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/04 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/17 02:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/17 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/04 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/24 18:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/22 09:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/07 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む