サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/550p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-022136-1
  • 国内送料無料

紙の本

今からでは遅すぎる ミルン自伝

著者 A.A.ミルン (著),石井 桃子 (訳)

イギリスの風刺雑誌『パンチ』で活躍した劇作家A.A.ミルン。幸福な幼少期、数学を専攻しつつ作家を志した学生時代、駆け出し作家の頃…。名作「くまのプーさん」の作者が独特のユ...

もっと見る

今からでは遅すぎる ミルン自伝

税込 3,960 36pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イギリスの風刺雑誌『パンチ』で活躍した劇作家A.A.ミルン。幸福な幼少期、数学を専攻しつつ作家を志した学生時代、駆け出し作家の頃…。名作「くまのプーさん」の作者が独特のユーモアを交えながら前半生を語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

A.A.ミルン

略歴
〈ミルン〉1882〜1956年。ロンドン生まれ。ケンブリッジ大学で数学を専攻。諷刺雑誌『パンチ』の編集助手を務める。劇作家としても活躍。著書に「クマのプーさん」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『熊のプーさん』の作者と呼ばないで。

2005/10/21 09:17

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

予想していたものとは、違って、生まれてから自伝を書くまでに至る、きわめてスクウェアな部厚い自伝で、読むのにはいささか閉口した。
まずは、イギリスの有産階級の生き方を知ることができる。作者はパブリックスクールからケンブリッジ大学へ進学するのだが、そのライフスタイルは、伝統的なものであり、特にパブリックスクールの楽しさは『ハリー・ポッター』のスクールライフを彷彿とさせるものがある。
次に、進学・就職の節目節目に父親から、言うなれば資産形成プランを提示されていること。たとえば、年間これだけでやりくりしろとか。将来の職業に就くためには、これだけの額を支援してやる。しかし、それ以降は自活して生きていかなければならないのだが。
作者は、作家で生計を立てていくひとを決意する。英国の風刺雑誌『パンチ』に寄稿するようになる。漫画をお年寄りが「ポンチ絵」というが、その語源となった「パンチ」は、この『パンチ』に由来している。
一人前の作家になるまで作者は、『パンチ』で編集者を経験している。
SF小説の父H.G.ウェルズはミルンの父親と親交があり、若き作家としてつきあいもあった。
生来のユーモアセンスと『パンチ』で培われたセンスで、小説や戯曲が認められるようになる。
結婚して、子どもが生まれる。かのクリストファー・ロビン。彼の可愛がっていたクマの縫いぐるみが、詩や物語になった。それが、『熊のプーさん』。作者自身、幼年時代に親から数々の童話を読み聞かされていたことが、下地になったようだ。
『熊のプーさん』での作者というレッテルを貼られることが、作者にとって不満だったようだ。だから、この長い自伝でページが割かれているのは、ほんのわずか。
本作からTV特番やムックを企画するならば、この部分をいちばん充実させたいのに。
ミルンも「ユーレカ」や「セレンディピィティ」は、突然、降りてくるものではないと述べている。やはり連日、机にしがみついて、生みの苦しみ、苦悶や格闘の後に、浮かぶものだと。
ひょっとすると、本筋よりも、翻訳者の石井桃子にひかれてこの本を読んだかもしれない。何せこの本を90歳過ぎてから訳したのだから。
『熊のプーさん』と石井との出会い。それは「1933年のクリスマスイブ」。「作家犬養健宅」で英国からのプレゼントの原書を子どもたちに読んでといわれたこと。そこから、物語にすっかり心を奪われ、翻訳し、日本での出版を働きかける。
第二次大戦へ向かう真っ只中の「1940年に『熊のプーさん』が、1942年に『プー横丁に立った家』」が岩波書店から発刊される。「紙不足」のせいもあってかすぐさま「売り切れ」たそうだ。
別に反戦など思想めいたものは『熊のプーさん』には皆無だが、そういうものを渇望している層(岩波だからってみながみなインテリサヨク層じゃないだろ)が、いたことを知り、ただ単純にすばらしいと思って、蛇足ながら取り上げた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/31 16:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/06 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/23 05:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/10 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/12 02:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。