サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で5%OFFクーポン(0915-21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 死刑執行人サンソン 国王ルイ十六世の首を刎ねた男

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死刑執行人サンソン 国王ルイ十六世の首を刎ねた男(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 91件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-720221-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

死刑執行人サンソン 国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)

著者 安達 正勝 (著)

死刑執行人サンソン 国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)

756(税込)

死刑執行人サンソン――国王ルイ十六世の首を刎ねた男

648 (税込)

死刑執行人サンソン――国王ルイ十六世の首を刎ねた男

ポイント :6pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
5%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!5%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月15日(金)~
2017年9月21日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂大宮高島屋店

国王ルイ16世が断頭...

ジュンク堂大宮高島屋店さん

国王ルイ16世が断頭台の露と消えたフランス革命。
敬愛する王の死を深い悲しみをもって見届けた男がいた。

彼の名はシャルル・アンリ・サンソン。その手で王を処刑し、恐怖政治で二千人以上の首を切り落とした「死刑執行人」であった。サンソン家は6代にわたり死刑執行人を務めたが彼らは世間から隔離され徹底的に差別され生きてきた。
一方で「公開処刑」は民衆の娯楽だった。処刑を今か今かと民衆が待つ中、処刑人は死刑囚に細かい心遣いをしていたと言う。
シャルル・アンリは職務とは言え人の命を奪うということに常に苦悩していた。「処刑とは何か」誰よりも命の尊さ知っていた彼の心の叫びが胸を打つ。
                  大宮ロフト店 新書担当 坂本

みんなのレビュー91件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

フランス革命 裏面史

2013/03/03 21:33

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ムッシュー・ド・パリ」
それはパリの死刑執行人の別名。

本書は、その4代目当主、シャルル-アンリ・サンソンの半生を紹介したもの。
本来、死刑執行人は注目される事はないのだが、ある出来事が彼の名を後世に残すことになる。

それは「フランス革命」
フランス革命で処刑された人のほとんどすべてに関わったのだ。

シャルル-アンリ・サンソンが職務を実行した記録は、そのままフランス革命の歴史。
本来ならば記録にも残らないはずの死刑執行人の目から見たフランス革命の裏面史、と言える。


シャルル-アンリ・サンソンは信心深く、自らを厳しく律する人物だったと言われている。

当時、死刑執行は一般公開(というよりお祭り騒ぎ)されていたため、死刑執行の場で問題が起きた時、自分が真っ先に批判を浴びてしまう。
場合によっては興奮した群集に囲まれるなど、身の危険さえある。
が、そんな事情以上に、彼自身、パリ市民から理不尽な差別を受けていたからだろう。

彼ほど、自分の行動が、自らの意に反することになってしまった人物も珍しいかもしれない。

死刑執行人でありながら、死刑廃止論者。
これは、皮膚感覚として染み込んだ死刑制度に対する矛盾の発露だろう。
また、国王から死刑執行を任された身でありながら、その国王の処刑で手をくださなければならなかったことには、特に葛藤があったようだ。

さらに残虐な刑罰に対して反対であったが、ギロチンの発明に携わったこと。
ギロチンの方が死刑囚に苦しみを与えることなく、処刑できる、という事でギロチンが導入されるが、逆にそのギロチンで、一族の中で最も多くの人間を処刑しなければならなくなってしまった。

本書の最後は「死刑制度廃止」の(著者の)主張になっている。
それについて、賛成・反対は、軽々しく言えないが、死刑制度がある限り、手を下さなければならない人も必ず存在する、という事も忘れてはならないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

これは買いだ!

2016/02/13 12:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴム美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

スラスラとテンポよく読める。
内容が面白いから飽きない。

買って良かった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/01 11:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/29 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/26 03:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/04 02:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/29 18:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/15 01:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/22 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/17 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/11 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/26 09:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/02 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/17 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/27 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む