サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:20cm/351p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-92417-4

紙の本

サイコトパス

著者 山田 正紀 (著)

おれはブレーキ、おまえはアクセル、おれとおまえは二人で一人、一人で二人。拘置所に収監中の男からの奇妙な依頼。世界が、自分が、壊れていく…。『小説宝石』掲載に加筆修正を加え...

もっと見る

サイコトパス

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

おれはブレーキ、おまえはアクセル、おれとおまえは二人で一人、一人で二人。拘置所に収監中の男からの奇妙な依頼。世界が、自分が、壊れていく…。『小説宝石』掲載に加筆修正を加えて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山田 正紀

略歴
〈山田正紀〉1950年愛知県生まれ。明治大学政経学部卒。74年「神狩り」でデビュー、星雲賞を受賞。「ミステリ・オペラ」で日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞を受賞。著書に「僧正の積木唄」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

最初のうちはね、山田も結構流行のスタイルの小説を書き始めちゃったかな、って思うわけですよ。それが途中から、ビミョーに予想とずれてきてね、最後はやっぱり山田は天才だと納得してしまうわけ

2004/02/27 21:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

山田正紀の自信作であるそうな。安直なタイトルは、正直、らしくない、とは思うけれど、確かに話は予想外の展開を見せて、その構造の複雑さといい、文章のうまさといい(いわゆる文学的な香気はないけれど)、何度でも読み返しが出来そうで、これをプロダクションI・Gあたりがアニメ化したら、タランティーノあたりは狂喜乱舞するのではないかと思ってしまう。

で、毎回、ワンパターンだけれど本そのものから言えば、半透明のカバーを上手に使った装丁は、福田昌弘(キックアンドパンチ)とある。( )書きは、ムエタイのジムの名前だろうか。ボリュームこそ違うけれど、古川日出男『サウンドトラック』のカバーデザインを思わせる。

「歌うな
 殺すな
 目覚めるな」
 
という巻頭の言葉に続き、P・K・ディック『暗黒のスキャナー』から

「きみの片方の脳半球は、この世界を鏡に映ったようなものとして認識しているようなものだ」を含む一文が引用される。

全体は十章構成。第一章「頭狩り」に続き、以下「私、目、愛」、「ベラスケス・エンジン」、「鏡は横にひび割れて」、「おれはブレーキ、おまえはアクセル」、「魔術」、「鏡の私はすべて幻」、「鏡と殺人者は二人組」、「多分、世界は壊れてもう直らない」、「鏡の国の殺人者」以上である。それにプロローグ、後書きがつく。

で、話は流行の異常殺人、快楽殺人、サイコパス風な始まり方をする。若い赤江刑事が血みどろの殺人現場から離れたところで異様なものを発見するのだ。しかし、物語はそのままストレートに進まない。女子高校生作家である新珠静香の話になるのだ。彼女は「援交探偵・野添笙子シリーズ」を執筆する36歳の女流作家である。

彼女には16歳になる娘晴香がいるが、二人で夜の公園に散歩に出て、そのまま失踪、未だに行方が知れない。母親としての資質に疑問を抱きながら、彼女は刑務所に取材に行くのである。相手は限りなく死刑に近い無期懲役の水頭男。同行するのが、30間近い秘書の海棠甍である。水が静香に、娘の居所を教える代わりに持ちかけたのがバラバラ死体にされた自分の腕や足、頭を捜してほしいというものだった。20代半ばの、静香が惚れ惚れするような美しい無期懲役犯。謎の言葉ベラスケス・エンジン。

そして、これに「援交探偵・野添笙子シリーズ」の文章が入ってくる。小説のタイトルに現れる「ダブル」。一種のメタ・ミステリふうなところがある。しかし、読んでいてム?と思い始める。割り切れていたはずの境界が曖昧になってくるのだ。とりあえず読み進むと、わけがわからなくなってくる。完全に山田の術中に嵌った証拠である。

いったい、オカマを装うスキンヘッドの怪物アイは何者なのか。赤江刑事が援交する(実は、単に付き合っているに過ぎないのだが)相手は、実際は誰なのか。殺されたのは、誰か。今、血を流してのた打ち回っているのは静香なのか、それとも他の人間か。笙子の特異な推理能力と、それを利用する警察庁上層部という図式は、現実とどうリンクするのか。

静香が頭男に指摘される障害の部分を読みながら、あれこれって小栗虫太郎『黒死館殺人事件』(1934)じゃない、と思い、逆に半世紀以上も前に活躍した小栗の凄さに感心してしまった。何と言ったって70年前に、現代の病理を予感していたのだ。山田のこの本も『黒死館』同様、何度でも読み直して、張られた伏線の面白さ、いや底の見えない人間の不可思議さに酔い続けることができる。ボリュームの割に中味の濃い本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/09 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/05 11:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/29 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/10 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/29 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/05 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。