サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

ミスティック・リバー (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 デニス・ルヘイン (著),加賀山 卓朗 (訳)

ミスティック・リバー (ハヤカワ・ミステリ文庫)

税込 1,144 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

映画化されると、あたかも原作が優れているように思うムキもあるのだろうけれど、わたしゃ誤魔化されない。こんなありふれた話のどこが傑作だ?

2004/09/08 21:18

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

《十一歳のショーンとジミー、デイヴが人の自動車を無断で乗り回そうと思いついた。通りがかりの二人の警察官が、そのことでもめている三人に気付き、デイヴは警察に連行されたが、そのような警察官は存在しなかった》

正直、この小説が評判だと聞いて、わが耳を疑っている。映画会社の仕掛け、それも出版社や評論家を巻き込んだ悪質なもの、としか思えない、その手の話である。昔懐かしい因縁話、古い酒を新しい袋に詰め替えた、そういう印象。

十一歳の、生活環境も違えば階層も違うショーンとジミー、デイヴが他人の自動車を無断で乗り回そうと思いついた。通りがかりの警察官に見つかり、デイヴは警察に連行される。知らされた家族が調べると、そのような警察官は存在しなかった。四日後、デイヴは無事に戻って来たが、偽警察官に悪戯されたという噂は絶えない。何も出来なかった二人の少年に残る後悔の思い。

そして、事件から25年。ジミーは一時は犯罪に手を染めたものの、母を亡くした娘のケイティのために足を洗い、雑貨商として静かに暮らしていた。ケイティは19歳。母親譲りの美貌で、いろいろな男と関係をもつ。ラスヴェガスに男友達と駆け落ちをする予定の日、夜遅くまで飲み歩いた彼女が失踪した。

その深夜、妻シレストの元に血まみれの洋服で帰ったデイヴは、見知らぬ男に怪我を負わせたと言う。シレストは夫の衣類を洗濯し、事件の証拠を隠滅する。警察には、公園のそばに血だらけの車が止まっているとの通報が入る。今は刑事となり謹慎が解けたショーンは、早速捜査に赴く。妻のロレーンと離婚し娘とも別れて暮らしている彼のもとにかかる無言電話。発見されたケイティの遺体。半狂乱のジミーは復讐を誓うが。

不幸な過去を背負った男たちが探り合う心の奥に潜む秘密。昔の事件はいつまで尾を引くのか。正直、魅力的な人物が出てこないし、事件は陰惨、決して面白い本ではない。

この手の、トラウマ犯罪本に食傷気味の読者には、またかと思わせるに違いない。逆に、トラウマ大好き、フロイトあれば世界は理解可能という人間には、お涙ものの展開である。実社会での事件の短絡化、ただそれを再現したような小説の出版の意味は、改めて問い直されてもいいのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/12 01:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/02 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/27 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/31 17:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/03/27 03:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/25 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/11 14:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/07 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/27 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/17 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/07 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/06 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/22 11:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/08 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。