サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2019/3/11~4/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

魔法使いとリリス(ハヤカワ文庫 FT)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 FT
  • サイズ:16cm/288p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-020351-1
文庫

紙の本

魔法使いとリリス (ハヤカワ文庫 FT)

著者 シャロン・シン (著),中野 善夫 (訳)

魔法使いとリリス (ハヤカワ文庫 FT)

税込 713 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

色褪せない傑作−プラチナ・ファンタジイ−

2004/01/24 13:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Leon - この投稿者のレビュー一覧を見る

才気あふれる若き魔法使いオーブリイは、師匠シリルの勧めに従って変身術の大家である老魔法使いグレイランドンに師事することを決めた。
グレイランドンの館に着いたオーブリイを迎えたのは、変身術師の妻リリス。
変身術師とは不釣合いな若さで独特の美しさを持つ彼女は、何事にも全く関心を示さない風変わりな女性で、加えて館で働く二人の人物−家事を取り仕切る老婆アラクネと、狩りなどの力仕事を受け持つ大男オリオン−もまた、普通ではない何かを感じさせるものがあった。
弟子入りは果たしたものの、宮廷などに呼ばれることの多い変身術師は外出がちであり、また意図的にオーブリイに対して知識を付与することを惜しんでいるようでもあった。
師の不在によって、自然リリスと二人きりの時間の多いオーブリイは、次第にリリスに心を寄せるようになるのだが、リリスのほうでは関心が無く、その無関心は夫に対しても、人間社会全般に対しても全く同様。
リリスは愛情も友情も全く理解できない女性だった。
才能の助けもあり、ほとんど独学によって変身術の真髄を身につけはじめたオーブリイは、やがてグレイランドンによって過去にリリスに成された惨い仕打ちを知ることになるのだが…

ハヤカワ文庫FTの創刊25周年を記念して集められる文庫内叢書「プラチナファンタジイ」の記念すべき第1回配本。
処女長編だというが、かのピーター・S・ビーグルによって激賞されたというのも頷ける、憂いを含んだ美しい物語だ。
愛するリリスの元を離れ、危険を伴う魔術の実践によって彼女を理解しようとするオーブリイと、そのことによって彼を失ってしまうのではないかと不安に陥ったリリスが初めて感情を得るという、一見皮肉なすれ違いは、目には見えない「賢者の贈り物」を生み出す。
マルチ・エンディングとも言えるエピローグの存在は、ファンタジーの作り手にも読者にも必要な「自由な想像力」を象徴しているように感じた。
世に名の知られた特定のファンタジー作品を思い浮かべて「私はファンタジーは苦手」と決め付けてしまっている読書人が居るならば、ぜひ手にとって貰いたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ありのままを愛することの難しさ

2003/12/26 01:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koto - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界一の変身術師グライレンドンに弟子入りした若者オーブリー。弟子はとらないことで有名なグライレンドンの館を訪れると、そこにはグライレンドンの妻リリスと、人間らしくない風変わりな使用人たちがいた。館で魔法使いの弟子として暮らすうち、オーブリーは不思議な魅力を放つ緑の瞳のリリスにどんどん惹かれていく。しかしリリスは“愛”とか“友情”といった感情をどうしても理解できないらしい。もちろん、夫のことは愛していないし、好意を示す男たちにも冷たい反応。それなのに、なぜか夫の元にとどまっている彼女には、秘密があった——。「魔法使いの弟子系ファンタジー」という言葉があるとするならば、その典型。リリスの秘密というのが、お約束といえばお約束で、読者はかなり早くから勘づいてしまう。物語世界そのものも、大仰な世界観に支配されているというよりは、おとぎ話といったやわらかめの雰囲気。魔法の原理がどうのなどとあまり考えずに、「魔法のある世界」として軽く読み進められる。一歩間違えば読むのも退屈な設定のはずなのに、後半部ではいつしか引き込まれる。主人公の思いやり深く誠実で一途な性格の勝利かもしれない。愛するリリスのために、「リリスの正体」そのものを愛せるように、オーブリーは彼自身の体を魔法の実験台にしていく。
リリスの造詣は、最初退屈に思われたが、とにかく最初のうち彼女があまりにそっけなく冷たいが故に、後半ではわずかな変化にもどきどきさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容紹介

2003/12/27 21:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 魔法を学ぶ青年オーブリイは、変身の術ではほかに並ぶものなしと評判の、魔法使いグライレンドンのもとに弟子入りした。村外れにあるグライレンドンの塔を訪ねたオーブリイを迎えたのは、魔法使いの妻リリス。魔法使い本人は留守だった。リリスは魔法使いには不釣り合いなほど若く、緑の瞳を持つ彼女にはどこか惹かれるものがあった。数日後、魔法使いが帰ってきて訓練が始まるが、魔法使いは頻繁に外出してしまう。塔の住人たちと過ごす時間が長くなっていくうち、オーブリイはリリスのことを想うようになるが、リリスには“愛”という感情が理解できないと言う。そんな彼女には、ある秘密があった……。
 ピーター・S・ビーグルによって激賞されたアメリカ・ファンタジイ界の俊英シンのデビュー長篇。愛と魔法に満ちた、哀切なるファンタジイ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/01/06 09:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/16 10:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/03 01:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/11 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/03 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/10 07:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/22 09:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/23 15:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/24 20:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/23 02:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。