サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/258p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-430870-4
新書

紙の本

感染症とたたかう インフルエンザとSARS (岩波新書 新赤版)

著者 岡田 晴恵 (著),田代 真人 (著)

感染症とたたかう インフルエンザとSARS (岩波新書 新赤版)

税込 814 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今、鳥インフルエンザに何故大騒ぎしてるかわかる

2004/01/26 13:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

SARSについての知識を得ようと2003年末に買って読んだが、鳥インフルエンザが人に感染したら大変だ、という記述に出会った。そして半月経ったら、この大騒ぎ。うーむ、正にタイムリーな本というか予言が当たったというべきか。現在進行形の問題をきちんとまとめた形で(数年で内容の見直しが必要になるだろうリスクにも関わらず)出版したのは立派なものです。ということで、この本は今読まずして、いつ読むんだ?という本です。

本書では、インフルエンザとは何か? ウィルスとは何か? SARS感染騒動の経緯、現状といった知りたい内容について、結構専門的内容まで突っ込んで書かれています。ちょっと難しいけど、もちろん、素人はしろうとなりに理解できる内容が満載です。この中で、鳥インフルエンザの恐怖についてもしっかり書かれています。

著者は冒頭で、そもそも日本人は「風邪」と「インフルエンザ」の区別ができていないから、インフルエンザワクチンの接種率が異常に低く、結果としてインフルエンザで毎年多くの人が亡くなっている現状に警告を鳴らしています。本書後半で指摘されている麻疹(はしか)問題(先進国の中で日本だけが麻疹を撲滅していない)も合わせて考えると、過去に種々の予防接種の副作用が出た反動で、逆に感染症のリスクを増やしてしまっているのが現状だと考えられます。もっと専門家が積極的な情報発信を行い、みんなの誤解を解いたり、新しい正しい知識を普及させる必要があると言えます。

幸いにも、この冬SARSが大きな流行を迎えずに沈静化したままで済んでいる一方で、鳥インフルエンザという新たな脅威にさらされています。今後とも冬が来るたびに新たな感染症とたたかっていかなくてはならないのかも知れません。正にそういった時代、われわれは、こういった知識をきちんと身に付けて、いたずらに恐怖に怯えるのではなく、正しい対処をしていきたいものだと思います。その意味で、本書は必読の書と言えるでしょう。

あえて苦言を呈すると、著者が感染症の恐怖を伝えたい思いが強い余りか、その恐怖をいたずらに煽りすぎているのではないか?という点と、岩波新書という一般読者を対象とした本としては、やや専門的な内容に偏りすぎているという点でしょうか。それでも読む価値十分です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/18 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/24 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/05 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/10 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/16 13:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。