サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

平沢計七作品集
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: 論創社
  • サイズ:22cm/741p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8460-0348-5
  • 国内送料無料

紙の本

平沢計七作品集

著者 平沢 計七 (著),大和田 茂 (編),藤田 富士男 (編)

関東大震災の混乱の中で、権力によって惨殺された生粋の労働者作家平沢計七の作品集。小説、戯曲、評論、ルポルタージュのほか、新たに発見された資料も収録。【「TRC MARC」...

もっと見る

平沢計七作品集

7,020(税込)

ポイント :65pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

関東大震災の混乱の中で、権力によって惨殺された生粋の労働者作家平沢計七の作品集。小説、戯曲、評論、ルポルタージュのほか、新たに発見された資料も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

夜行軍 3-9
夢を追う女の群 10-21
秋の歌 22-26

著者紹介

平沢 計七

略歴
〈平沢〉1889〜1923年。大正時代の労働運動家。プロレタリア演劇運動の先駆者。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/18 12:30

投稿元:ブクログ

叫びたい叫びたい大海よ 暗い夜の大海よ
 平澤計七

「たとえ立派な法律が出来ていても之を使う人がなきゃ何にもなりゃしねえ」。裏長屋に住む老人が、そう声を荒げる。このセリフは、1916年(大正5年)作、平澤計七による戯曲「工場法」のものだ。
 日本で初めて労働劇団を創立した平澤は、1889年(明治22年)、新潟生まれ。工員、兵役を経て労働団体友愛会に入会し、その機関誌の記者となった。「生協」の前身にあたる消費生活組合や、労働金庫の設立にもかかわり、多くの労働争議の指導にもあたったという。
 平澤のユニークな点は、労働運動は同時に文化運動だとし、文化活動の意義を熱心に説いたこと。だが、大卒エリートの運動家らには、なかなか理解されなかった。理論派の大卒エリートは、運動の舵取りは得意だが、内部分裂を起こしがち。そんな彼らと生粋の労働者の足並みをどう揃えていくか―苦心も多かったことだろう。
 大和田茂・藤田富士男両氏による丹念な評伝を読み、平澤の現実的な発想に共感をおぼえた。日本の労働運動は、けっして外国からの翻訳・移入ではなく、文化運動と共に歩むべきだという考え。また、労使協調をいとわず、地道な対話路線を模索していた点も興味深い。
 20編以上の戯曲はじめ、掲出歌のような、破調だが肉声に近い短歌も残している。
 一線で活躍中の1923年(大正12年)、関東大震災直後に亀戸署で刺殺された、いわゆる「亀戸事件」の犠牲者。享年わずか34であった。

(2014年5月18日掲載)