サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/326p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182349-5
新書

紙の本

QED竜馬暗殺 (講談社ノベルス)

著者 高田 崇史 (著)

高知の山奥にある蝶ヶ谷村。嵐による土砂崩れで麓への一本道が塞がれる中、殺人と自殺の連鎖が十人の村人たちを襲う。巻き込まれた事件の最中、崇たちは竜馬暗殺の黒幕を決定づける手...

もっと見る

QED竜馬暗殺 (講談社ノベルス)

税込 1,045 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高知の山奥にある蝶ヶ谷村。嵐による土砂崩れで麓への一本道が塞がれる中、殺人と自殺の連鎖が十人の村人たちを襲う。巻き込まれた事件の最中、崇たちは竜馬暗殺の黒幕を決定づける手紙の存在を知り…。「QED」第7弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高田 崇史

略歴
〈高田崇史〉昭和33年東京都生まれ。明治薬科大学卒業。「QED百人一首の呪」で第9回メフィスト賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

竜馬暗殺

2020/11/03 20:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

坂本龍馬にそれほど興味がなかったのですが、意外にも説得力があって楽しめました。殺人事件の方はいつも通りな感じですが、沙織がいると楽しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

黒幕は誰だ!?

2004/01/16 18:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:徹志 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「誰が坂本竜馬を殺したのか?」というのは、日本史に興味のある人なら誰しもが抱く疑問である。その日本史上最大級の謎を取り上げているのが、本書『QED 龍馬暗殺』だ。刀の鞘と下駄という決定的な物的証拠や、人の密集する京都市街での暗殺という、犯人にとっては恐ろしく不利な条件が揃っているにも拘わらず、いまだ真相は解明されていない。決定的な目撃情報も証言も残っていないのだ。その難攻不落の問題に対して、『QED』シリーズお馴染みの桑原崇が、豊富な知識を駆使して卓抜な推理を展開する。

 薬科学会に出席するため、高知に向かった棚旗奈々とその妹・沙織。学会で再会した大学の後輩・全家美鳥に、彼女の実家がある蝶ヶ谷村に招待される。だが、棚旗姉妹は、途中合流した桑原崇共々、暴風雨による土砂崩れにより、村に閉じ込められてしまう。美鳥の実家で一晩を過ごす事になり、退屈しのぎに崇が竜馬暗殺についての講釈を始める。
ところがそんな折、村人が次々と殺される怪事件が起こった。さらに、美鳥の告白により、竜馬暗殺犯を示唆する‘密書’の書き写しが村の神社にある事が明らかになる。竜馬暗殺と、村を襲った怪奇殺人事件。絡み合う二つの謎に対して、崇は、持ち前の博覧強記ぶりを発揮して真相を解明していく。

 竜馬暗殺に関して、崇が特定した犯人は、可能性のある見解のひとつと言われている。ただ、その意見は多少強引だと言われているのだが、膨大な文献を引用して展開される崇の推理は、とても興味深い。きっちりと整合性がとれていて、破綻がないのだ。私自身も、竜馬暗殺犯についていろいろと考えをめぐらせた事はあるが、こんなにスマートな解答など、到底得られなかった。この事件に関して、フーダニット、ホワイダニット共に、これ程見事に解き明かした推理もなかなかない。
 惜しむらくは、現代人の崇が過去を検証する形のため説明的過ぎる点と、村で起こった殺人事件とリンクさせようという試みがやや消化不良だという点だろうか。ただ、その点を差し引いても一読の価値はある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/12 09:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/15 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/22 18:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/09 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/21 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/21 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/01 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/25 11:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/27 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/17 13:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/21 08:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/28 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/14 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。