サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ファウスト 2004MAR Vol.2の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ファウスト 2004MAR Vol.2
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2004.2
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:----

紙の本

ファウスト 2004MAR Vol.2 (小説現代増刊)

ファウスト 2004MAR Vol.2 (小説現代増刊)

税込 1,153 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

さて、第2号は?

2004/02/11 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:言ノ刃 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回も表紙がすごいな〜と思っていたら…執筆陣がもっとすごいことになっていた。
でもとりあえず、メインの西尾維新・著の「新本格魔法少女・りすか」から読み始めました。
…わーっ。なんだか今回もすごいですすごいです。創刊号で読んだ内容からして「この作品は…(良い意味で)ヤヴァいなぁ…」と思っていたのですが、今回も見事裏切らずに素晴らしい作品でした…本当。しかも前よりページ数増えてるよう、な。個人的意見ですが…これってノベル化するのかしないのか…。
第2号では、新たに乙一氏、滝本竜彦氏が執筆しています。勿論前号から参加している作家様も。というわけで総ページ数がかなり多いです。全部頑張って読んでみましょう…。

毎回ドキドキさせられるファウストですが、今回はかなりおいしい内容です! 次号が待ち遠しいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今回は、創作系の収録作品について。

2004/02/15 16:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前回(Vol.1)ではエディアトル・デザインについて語ったので、今回は創作系の収録作品について書きます。

「F先生のポケット」乙一作
 ……F先生と小学館へはハナシつけているんかいな。というか、版権的に大丈夫なん?
 あー。あれだね、F先生はF先生でも、ねこ型ロボットというより「異色短編集」のほうのノリだね。あっちも、小池さんが突然スーパーマンになったりお爺さんが鉄人のコントローラー拾ってきたりする、たぶんにパロディめいた作品、ごろごろしているわけだし。
 題材はともかく、料理法はたしかに乙一、といった作品でした。

「ECCO」滝本竜彦作
 いや、だからECCOってなんなのよ。それと、対ECCO闘争ををやっている孤独なエイリアンのソフィアちゃんって?
 などといった細かい設定について、読者に説明をする必要性をまったく感じていないようなのだよな、困ったことに。実際、どこまでが現実で千絵と優の(共同)妄想なのか、境界は明らかにされないまま物語は終わる。
 そうした「説明不足による居心地の悪さ」を差し引いても、読んでいる最中のドライブ感が損なわれていないのは、「孤独」ないしは「共同体の仲で孤立する恐怖」という普遍的なことを書いているからか?
「引きこもり」を一種の「売り」にしている作家さんですが、意外にしたたかな戦略性を感じたり。

「黒色のポカリスエット」佐藤友哉作
 作品自体の印象よりも、イラストの鬼頭莫宏の手抜きっぷりのがよっぽど印象に残りました、というコメントは、冗談にしておこう。
 あー。これ、当時六歳現在十九歳の語り手くんよりも、絶対、「覇王」のお祖父さんのが面白いよね。
 というか、語り手の「ぼく」自身は、「自分自身の言葉」というものを未だ獲得していない。にもかかわらず、無理矢理「他者の物語の語り手」を演じている姿は、けっこう滑稽だと思う。それ以上に、かなり痛々しいけど。
「色」シリーズを読むのは、前号のを含めてこれで二度目ですけど、どちらを読んだときも一種の空々しさを感じました。

「影あるところに光あれ」西尾維新作
「新本格魔法少女りすか」二作目。
 っていうか、これのどこが「新本格」なんでしょうか? って感じ。前作はまだしも推理要素はいっていたけど、今回のは……。
 さっそくキャラ萌えの方になだれ込んだか、って感じで個人的には少々期待外れ。あと、少女りすかの口癖っていうか文法、前作にも増して無理矢理っぽかった。

「コールド・スナップ」トム・ジョーンズ作/舞城王太郎訳
 普通の現代物翻訳小説。
 作品としては大変に面白かったけど、この雑誌に掲載されているのは場違いのように感じた。他の掲載作品と見比べると、明らかに浮いている。っつうか、マジで作品選択の基準がわからん。

酩酊亭亭主

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。