サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 原書房の通販
  6. ジェシカが駆け抜けた七年間についての通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.2
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:20cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-562-03738-5

紙の本

ジェシカが駆け抜けた七年間について (ミステリー・リーグ)

著者 歌野 晶午 (著)

過酷な女子マラソンの世界。一人のランナーが挫折して命を絶った。それから7年。なにかに導かれるようにジェシカはやって来た。恨みを残して死んだ彼女のためにしてやれることといえ...

もっと見る

ジェシカが駆け抜けた七年間について (ミステリー・リーグ)

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

過酷な女子マラソンの世界。一人のランナーが挫折して命を絶った。それから7年。なにかに導かれるようにジェシカはやって来た。恨みを残して死んだ彼女のためにしてやれることといえば、もうこれしかないのだ…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

歌野 晶午

略歴
〈歌野晶午〉1961年千葉県生まれ。東京農工大卒業。「長い家の殺人」で推理作家としてデビュー。著書に「ROMMY」「ブードゥー・チャイルド」「葉桜の季節に君を想うということ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

緻密な計算の上に成り立った微妙なバランス

2004/05/15 17:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ジェシカは長距離専門の陸上競技クラブに所属するランナーの一人。
 マラソンレースが近づき、眠れないある深夜、ジェシカは泉のほとりで、ハコヤナギの木に語りかけながら、奇妙な格好で金槌をふるうアユミの姿を発見する。
 ニューメキシコ州アルバカーキに作られたアスリート・クラブのトレーニング・キャンプでの出来事だった。

 体調を崩して一時入院までしたアユミは、腎機能に障害が残りリハビリ中の今の状況は、クラブオーナーであり監督でもあるツトム・カナザワのせいである、とジェシカに打ち明け、深夜の謎の行為が「丑の刻参り」だと告げる。

 選手生命を奪われた、と失意のうちに自殺するアユミ。
 そしてジェシカは…。
 
  *******************

 これは、なかなか感想が書きにくい物語。
 この「トリック」というか「仕掛け」は、どうなのよ!?

 7年のときを置いて語られる物語は、読むほどに迷走し、疑問符ばかりが増えていく感じ。
 決して嫌な感じではなく、私は夢中になってしまったのだけれど…でも、これはミステリとして「公平」かどうか、と言われると、ちょっと…と思う。

 ただ、やっぱりとてつもなく緻密な計算の上に成り立っている、というのが、読み終わると実感されて、読み終わったばかりなのに、また最初のページに戻り、あちこちページをめくり、ひとつひとつ確かめながら、読み返したくなってしまう。

 賛否両論、分かれそうな気のするこの作品。
 あなたなら、★いくつ?


  うたたね通信社
 にもお越しください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『葉桜〜』未読なかたは『葉桜〜』から読まれることをオススメします。ずっと『葉桜〜』の方が感動的なのは間違いないんじゃないかな…

2004/05/22 01:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年刊行された『葉桜の頃に君を想うということ』が、このミスやさまざまな賞を受賞して一躍人気作家の仲間入りを果たした歌野さんの最新刊であるが、読んでみて声を大にして“物足りない”と叫びたい衝動に駆られたのは非常に残念である。

過酷で強い精神力を要する女子マラソン選手を題材としている作品であるだけに、いくら歌野さんであろうともああ言った(ここで語れないのは残念であるが)叙述トリックを使うとは“掟破り”だなあ。

確かに、本当に“分身術”があるのかどうかという興味一心に読まれた方も多くまんまと騙されたと思われた方もいらっしゃるかもしれない。

あるいは作中で取り上げられてる妊娠をすることによって運動能力がアップするって本当にあり得るのだろうか?という純然たる疑問…

結果としてジェシカの純粋無垢ぶりがクローズアップされたと言う見方もあるかもしれませんが、やはり現実の世界においても同じようなことがあるんじゃないかとどうしても懐疑的な気持ちで読まれた方もいるんじゃないかなあ。
爽やかさには欠けてるよな、この作品は…

少し視点を変えて述べれば、本作は出版社の“帯”におけるセリフの成果が十分に成功している作品であると言える。
あの帯のセリフが読者に“○○○○が殺した以外に考えられない!”という先入観を植えつけた効果は計り知れない。

少なからず否定的な感想を書いたが(笑)、所詮読書って合うか合わないかなので叙述トリック大好きな方は心して読んで貰いたいと思ったりもする。

トラキチのブックレビュー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容紹介

2004/01/14 20:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:原書房 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 原田歩はアスリートとしての生命を、監督の“最悪の指導”によって断たれてしまう。だから呪い殺すことにした。そのときは、自分が遠く離れたところにいても大丈夫なように、わたしの分身か、親友のジェシカを使おう。そう決めた。
 ……原田歩の失意の自殺から七年、ジェシカ・エドルは導かれるように、そこへやって来た。目の前には背中を見せている監督、ジェシカは側にあった砲丸に手を添える。彼女のためにしてあげられることはもうこれしかないのだ——。
 『葉桜の季節に君を想うということ』で開花したエンターテインメント界のイリュージョニストが贈る、最新書き下ろし長編!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/04 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/10 18:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/09 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/29 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/15 02:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/01 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/22 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/13 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/11 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/04 17:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/16 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/29 09:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。