サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生
  • 発売日:2004/01/07
  • 出版社: 福音館書店
  • レーベル: 福音館文庫
  • サイズ:17cm/413p
  • 利用対象:中学生
  • ISBN:4-8340-0641-7
文庫

紙の本

語りつぐ人びと*アフリカの民話 (福音館文庫)

著者 江口 一久 (ほか著・訳)

満天の星降る夜、遠くハイエナの嗤う声が響くなか、男たちは昔語りに耳をすます…。民話の宝庫・アフリカの各地からフィールド・ワーカーたちが大切に持ち帰ったお話を、それぞれの体...

もっと見る

語りつぐ人びと*アフリカの民話 (福音館文庫)

税込 880 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

満天の星降る夜、遠くハイエナの嗤う声が響くなか、男たちは昔語りに耳をすます…。民話の宝庫・アフリカの各地からフィールド・ワーカーたちが大切に持ち帰ったお話を、それぞれの体験談や、人々のエッセイを交えて収録。民話の面白さを、その語りの場の息吹と共に伝えるユニークな民話集です。【「BOOK」データベースの商品解説】

アフリカの多様な文化を伝える民話とともに、その語り手や採集者のエッセイで、語りつがれる状況を伝えるユニークな民話集。80年刊「語りつぐ人びと 1」の改題。【「TRC MARC」の商品解説】

本書は37編の民話により、多様な文化を持つアフリカ大陸の、七つの部族の民話を紹介します。さらに、語り手のエッセイや採集した人のアフリカでの体験談により、民話の語りつがれていく場の息吹までも伝える、ユニークな民話集です。 読者は次々と語られる物語に胸を躍らせながら、さらに、語られている場所に身をおいて、そこに吹く風を感じるような希有な体験をすることでしょう。【商品解説】

収録作品一覧

槍をなくした牧童 和田正平 採録・訳 22-30
ハイエナのしっぽはなぜ短い 和田正平 採録・訳 31-33
オンドリとウサギ 和田正平 採録・訳 34-37

著者紹介

江口 一久

略歴
〈江口一久〉1942年生まれ。67年から北カメルーンを中心に、口承文芸、民族学のフィールド・ワークに従事。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

書籍タイトルから受ける印象よりは重厚

2011/05/05 20:46

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mikimaru - この投稿者のレビュー一覧を見る

アフリカは途方もなく広いし、言語もかなりの数にのぼる。本書は60年代〜70年代にかけて日本の学者が採録した民話を中心に、外国の文献を訳出したものを合わせて一冊にまとめているが、民話が主体の「むかしばなし」本ではなく、どちらかといえば学術本の性格が強いかと思う。ビーケーワンでは対象年齢が「中学生」になっているものの、そこから受ける印象と実際には多少のずれが生じるかもしれない。

民話のほか、章を担当した学者らが現地の滞在で経験したエッセイや、幼少時の記憶をたぐって民話を提供した現地出身者の文章に、大きくページが割かれている。分量の目安としては、民話とそれ以外で6:4くらいの比率だ。

地方で差はあれど、アフリカのいくつかの地方でずるがしこい生きものの代表格は「うさぎ」であったり、北アフリカではライオンよりも強いのがなぜかハリネズミであったりと、日本の民話に慣れていると意外に思う組み合わせが出てくる。

また、一夫多妻がかなり話の中に組みこまれていたり、親の思う「よい結婚」を拒み自分で相手を選んだ娘が(相手が人食いとも気づかずに結婚して)その夫に食い殺されるなど、いくらなんでもこりゃ怖い…と思う民話も。怖いというのはもちろん、人食いや捕食の話が多く見られることではなく、道徳の植えつけのために、そこまで子供を怖がらせなくても、という意味である。

いずれにせよ、民話部分だけではなく、周囲のエッセイ部分とあわせて読むと文化的な理解が深まるので、拾い読みではなく通して楽しむことをおすすめする。

話の流れが理解不能なあまりにとてつもなくツボにはまってしまったのが、P.208の「先生の妻」という話だが、この部分だけ家族に読ませたら同じく腹を抱えていた。かなり不思議な気分になれるので(何かをはしょりすぎているのか、解説が必要なのか?)、この話だけでもぜひ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。