サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

まったき動物園
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.1
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:17×19cm/1冊
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-26717-3

紙の本

まったき動物園

著者 エドワード・ゴーリー (著),柴田 元幸 (訳)

ようこそゴーリーの世界の動物園へ! A〜Zまで26の不思議な動物たちが登場するゴーリー版「幻獣辞典」。原著英文コメントと、ユーモラスな短歌形式の和訳を併記。【「TRC M...

もっと見る

まったき動物園

1,296(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ようこそゴーリーの世界の動物園へ! A〜Zまで26の不思議な動物たちが登場するゴーリー版「幻獣辞典」。原著英文コメントと、ユーモラスな短歌形式の和訳を併記。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

エドワード・ゴーリー

略歴
〈エドワード・ゴーリー〉1925〜2000年。シカゴ生まれ。ハーヴァード大学でフランス文学を専攻。出版社勤務を経て、独立して専業作家となる。著書に「ギャシュリークラムのちびっ子たち」など。

掲載中の特集

大人の絵本をテーマに10作品以上をラインナップしています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (12件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

和歌にも似た多義性か

2004/08/07 23:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:亜李子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最初に読んだときには、「嗚呼、ゴーリーだな」と感じるに留まっていたのだが(それ故書評も書かずにいたが)再びこの作品を読むに当たってどういうわけか居ても立ってもいられなくなってしまった。
 和歌には掛詞というものがあり、それは自然に託して何某かの意味をそこに託している。「松」ならば、「待つ」のように。その一言を解釈出来るならば、一見考えもしない心情が吐露されていることに気付く。『源氏物語』を知るゴーリーであるから、もしかしたら、と思ってしまったのだ。
 とにかく先ず指摘したいのは、ここの画像は小さくてよく解らぬが、この作品の表紙の絵である。葉の中に虎が居、その模様の中に文字が隠れている。これを見るうちに、或いは中身にも……と思ってしまうのは仕方がないであろう。そんな風に思ってしまった切欠は、柴田元幸氏のあとがきなのであるが。動物の性質と似た性格をもつ「誰か」の名をアナグラムとして対応させているのではないか、とも思ったが、まあそんな簡単なはずもないだろう。然し、これらの「幻獣」の性質が全く人間には有り得ないものだとも云い切れない。ふという瞬間に垣間見せる誰かの性質に、当てはまるものもあるかも知れない。それならば、おおよそ気付かぬ所作による性質を持つ彼らは、その意味で「幻獣」なのかも知れぬが。
 然しこの「まったき動物園」、一体場所はどこなのであろうか。26の獣が紹介される絵の中には、手がかりらしい手がかりもなく、寧ろ見れば見るほど統一性の欠片も見られない。更には一体何のためのものだろうかと訝りたくなるものさえ出てくる。じっと見ていれば解るというものでもないが、それをじっと見ていると、姿を隠した幻獣が現れてくるかも知れない。その幻獣は一体どこから現れるのであろう。それが現れるときには、その姿がはっきりとするのだろうが、その見えない幻獣が現れるとき、我々は知らなかったことを知ることになるのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一度はまると

2004/07/19 11:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一度はまると、もう抜けられない
エドワード・ゴーリーの変異な世界があなたを待っている。

大人向けの絵本作家エドワード・ゴーリーの最新作、
今回も完璧やられてしまいました。
無駄のないシュールな言葉とその奥に秘められた意味、
そして、独特のペンタッチも相変わらずです。

まったき動物園の動物の可愛いさったらたまりません。

パンダやリスを見て頬を緩める可愛さはココには一切ありません。
陰気だったり、自己中だったり、意味不明だったり…
「客なんて誰もこないんじゃないの?」って感じの動物の集団がある種の
可愛さを生み出してます。

「癒し」って言葉が蔓延しすぎた今だからこそ、この絵本を読んで欲しいと
思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しき異形の者達

2004/07/18 23:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紺乃卓海 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゴーリーの描きだす世界は
美しく夢のある絵本の、恐ろしいほど完全な影をなしている。
明るく彩られた絵本のさすベクトルの、寸分の狂いもなく反対側をさしている。
だからこそ、どんなに絶望的な物語であろうが、奇妙なゆがんだ世界であろうが、悪趣味に陥ることなく、「絵本」というもののもつ本来の美しさをそのまま保持している。
その微細な線で描かれる恐ろしくもまた、奇妙な世界は、うつくしい。
そのなかの本の一冊、『まったき動物園』のなかには
架空の生き物が描かれ、短歌形式の訳文が付いている。
それだけでも十分に楽しい。
のだが
ぱたんと本を閉じた後、気が付くのだ。
この本の中にみた「この世界にいてはいけないものたち」の存在をいま
知ってしまった事を。
うつくしく異形な者たちの動物園。
世界との違和をここまで表している本もそうそうはない。
世界とのひずみに引き込まれてゆくような力を感じ
果たして、この目に見える世界だけがすべてなのだろうかと
思わされる作品だった。
この作品に出会えたことを、とても感謝している。
(読後感、なんともいえないざらつきが残るけどね)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おかしくて、ちょっと不気味な幻獣辞典

2015/10/02 10:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アルファベットの一文字を頭に持つ名前の架空の動物をAからZまで並べる。
架空の動物だから、見たこともない奇抜な姿の動物がゴーリーの筆によって描き出される。それがまず第一の楽しみ。そして、その動物の特徴を短詩にしたものを、訳者が五七五七七に訳している。これがうまくて、くすりと笑ってしまうものあり、ぞくっとするものありで更なる楽しみ。
例えば、Dawbisの項、「ドービスは 内気なること 甚だし 人目避けたる 屏風の陰よ」という詩があって、絵は細い線のような足がちょこちょこと黒いカーテン状のものの下からのぞいている。その独特のユーモアの感じは、ちょっとなかなかないと思う。
そうして一冊を締めくくる最後のZoteは相当シニカルな描かれ方で、どきりとするようなインパクトがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/23 02:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/25 12:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/25 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/11 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/12 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/30 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/24 18:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/03 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/13 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/29 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/30 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る