サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヤマハルータでつくるインターネットVPN
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.2
  • 出版社: 毎日コミュニケーションズ
  • サイズ:24cm/423p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8399-1319-6
  • 国内送料無料

紙の本

ヤマハルータでつくるインターネットVPN

著者 井上 孝司 (著)

VPN構築の基礎と共に、豊富な設定例を用いて、VPN構築の準備から構築までのプロセスをわかりやすく解説。ヤマハルータで、確実にインターネットVPNを導入したい人に必携。【...

もっと見る

ヤマハルータでつくるインターネットVPN

3,780(税込)

ポイント :35pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

VPN構築の基礎と共に、豊富な設定例を用いて、VPN構築の準備から構築までのプロセスをわかりやすく解説。ヤマハルータで、確実にインターネットVPNを導入したい人に必携。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

井上 孝司

略歴
〈井上孝司〉静岡県出身。マイクロソフト(株)等を経て、独立。雑誌記事やWeb記事執筆、IT教育分野など多方面で活動。著書に「通信・ネットワーク用語事典」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

内容紹介

2004/01/30 17:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:毎日コミュニケーションズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヤマハのネットボランチシリーズとRTシリーズに対応した、インターネットVPN構築のための解説書です。設定サンプルを豊富に収録し、ユーザー環境にあわせ、それらをちょっと修正するだけで、VPNが構築できるよう解説されているので、専門技術者のいないSOHOの方でもOKです。ヤマハさんの全面協力のもと作成しています。

■目次
1 VPNとは?
1.1 VPNの基本的な考え方
1.2 VPNを利用するメリット
1.3 VPNの利用形態
1.4 VPNルータと普通のルータの違い
1.5 VPNルータならヤマハRT/RTXシリーズ

2 VPN関連技術の基本を知る
2.1 VPNとカプセル化(前編)
2.2 VPNとカプセル化(後編)
2.3 VPNの関連技術 : PPTP
2.4 VPNの関連技術 : IPsec
2.5 PPTPとIPsecの使い分け

3 ルータを設置したら最初に行なう準備作業
3.1 VPN導入時のチェックポイント
3.2 ルータの設定を行う手段
3.3 NetVolanteシリーズの基本設定
3.4 RT/RTXシリーズの基本設定
3.5 本書で使用している基本ネットワーク構成と設定例
3.6 設定情報のバックアップと、TFTPによる送受信

4 PPTPによるLAN間接続VPN
4.1 LAN間接続VPNに必要な設定
4.2 NetVolanteを使ったPPTP接続
4.3 RTX1000を使ったPPTP接続
4.4 ルーティングの設定が必要になる理由

5 PPTPによるリモートアクセスVPN
5.1 リモートアクセスVPNに必要な設定
5.2 NetVolanteを使ったpp接続
5.3 NetVolanteを使ったanonymous接続
5.4 RTX1000を使ったpp接続
5.5 RTX1000を使ったanonymous接続
5.6 pp接続とanonymous接続を共存させる
5.7 リモートアクセスVPNクライアントとPPTPパススルー
5.8 Windows 2000/XPでPPTP接続を行う
5.9 Windows 98でPPTP接続を行う
5.1 Windows MeにおけるPPTPクライアント機能の追加
5.11 MacOS XでPPTP接続を行う

6 IPsecによるLAN間接続VPN
6.1 LAN間接続VPNのために必要な設定
6.2 RTX1000同士をIPsecで接続する(双方とも固定IP)
6.3 動作確認
6.4 RTX1000同士をIPsecで接続する(片方が動的IP)
6.5 動作確認
6.6 オプションで設定可能なIPsecパラメータ
6.7 実際に接続してみた際の動作確認

7 LAN間接続VPNとPPTPリモートアクセスの共存
7.1 複数のVPN設定を共存させる際の考え方
7.2 IPsecによるLAN間接続+PPTPによるpp接続
7.3 IPsecによるLAN間接続とPPTPによるanonymous接続

8 多拠点のLAN間接続VPN網を構築する
8.1 多拠点VPNを構成する際の考え方
8.2 多拠点VPNにおけるルーティング設定の注意点
8.3 NetVolanteをハブにしたスター型構成(PPTP)
8.4 RTX1000をハブにしたスター型構成(PPTP)
8.5 RTX1000をハブにしたスター型構成(IPsec)
8.6 RTX1000をハブにしたスター型構成(PPTP+IPsec)
8.7 NetVolanteによるメッシュ型構成(PPTP)
8.8 RTX1000によるメッシュ型構成(PPTP)
8.9 RTX1000によるメッシュ型構成(IPsec)
8.10 多拠点VPNでは動的な経路設定も検討しよう

9 VPNゲートウェイをファイアウォールの内側に設置する
9.1 ファイアウォールとなるルータに対して必要な設定
9.2 PPTPを使用する場合
9.3 IPsecを使用する場合

10 Windows 2000/XPからIPsecでリモートアクセスする
10.1 この設定例特有の注意点
10.2 VPNゲートウェイとなるRTX1000側の設定
10.3 Windows 2000/XPで設定を行う際の考え方と設定例
10.4 Windows 2000/XPで新たに設定を行う際の手順
10.5 設定完了後の動作確認

11 VPN接続実現後のLANの利用について
11.1 LAN間接続VPNの注意点
11.2 リモートアクセスVPNの注意点
11.3 LAN間接続VPNでVoIPを利用する

12 参考情報
12.1 PPTPとIPsecに共通するトラブルシューティング
12.2 PPTPのトラブルシューティング
12.3 IPsecのトラブルシューティング
12.4 その他のトラブルシューティング
12.5 知っておくと便利なワザいろいろ
12.6 ISDNでバックアップ回線を確保する(IPsec+ISDN)
12.7 他社製品とのIPsec相互接続について

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/15 13:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ネットワーク ランキング

ネットワークのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む