サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「ヘミングウェイを読む英語力をつけたいならこの本!」ポイント5倍キャンペーン(~1/18)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

残虐記
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 95件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.2
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-466701-7

紙の本

残虐記

著者 桐野 夏生 (著)

【柴田錬三郎賞(第17回)】失踪した作家が残した原稿。そこには、25年前の少女誘拐・監禁事件の、自分が被害者であったという驚くべき事実が記してあった。奔流のようにあふれ出...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【柴田錬三郎賞(第17回)】失踪した作家が残した原稿。そこには、25年前の少女誘拐・監禁事件の、自分が被害者であったという驚くべき事実が記してあった。奔流のようにあふれ出した記憶。『週刊アスキー』連載に加筆して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

桐野 夏生

略歴
〈桐野夏生〉1951年金沢生まれ。「顔に降りかかる雨」で江戸川乱歩賞、「OUT」で日本推理作家協会賞、「柔らかな頰」で直木賞、「グロテスク」で泉鏡花文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー95件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

今の桐野には、一時代前に一世を風靡したノンフィクションノベル作家たちでは、太刀打ちできない。女の事件は、やっぱり同性の視点が不可欠さ

2004/04/16 20:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルからは中味の予想がつかない小説。それから、桐野の本で角背というのも珍しい。目を凝らせば浮かび上がる蜘蛛の巣の絵は、罠に絡め取られ身動きがとれない人間のことを意味するのだろうか。そんなものは無いほうが、純粋デザインとしてカバーを見ることができていいのになあ、と思うのは私だけだろうか。このくらい全体を抽象化して色とその配置で見せようとすれば、むしろ具体的なイメージが邪魔なくらいである。

で、普通ならば装幀やカバー画の担当が、あるべきところを省いて、すっと小説は始まる。それは文潮社出版部書籍編集の矢萩あての手紙からである。小海鳴海こと生方景子の夫である生方淳郎が、失踪した妻が矢萩あてに残していったという原稿「残虐記」を送ってきたのだ。この本は、その「残虐記」がそのまま本文になっていく。

現在、35歳の景子が25年前、一年以上にわたって見知らぬ男に監禁されていたことを知る出版関係者はいない。彼女が16歳、高校1年生として『泥のごとく』でデビューした時には、その衝撃的な内容に、事件との関係を匂わせた批評もあったけれど、それだけで終わってしまっている。デビュー時の華々しさも、20年もたてば落ち着き、景子は小海鳴海の名前で何とか食べるに困らないだけの収入を得ている作家という設定だ。

そうした彼女のもとに、出版社の検閲を掻い潜って一通の手紙が転送されてきた。差出人は熊谷健、景子の知らない名前である。殆どひらがなで綴られた手紙の最後に記されていたのは、安倍川健治。そう、小学4年生だった彼女を、一年にわたって自分の部屋に閉じ込め、満足な食事も与えず、暴力を振るいつづけた男からのものだった。

地方の町がもつ貧しさ、暗さ。貧困ゆえに、より弱いものを苛めようとする心の狭さ。被害者である少女は、監禁から解放された時、周囲の貪欲な好奇心の対象となっていく。原稿の中に見られる矛盾は、咽喉に刺さった骨のようにいつまでも読者の心にひっかかりを残す。単純な被害者の報告に見えたものが、徐々に不気味な、人間の奥深いところに潜むものに変わっていく。

そんじょそこらのDVものや幼児虐待ものとは、その世界の深さが違う。勿論、ありふれたホラーなどでは全くない。どちらかといえば、小池真理子が耽美的な筆で恋愛を書く、それに似て、桐野は粘着質の文体で少女の心の闇を描いていく。それは桐野自身の『リアルワールド』『グロテスク』に似ている。

性を、性愛や官能といったレンズではなく、死や暴力を通して見た、いやもっと人間の根源的な衝動から見つめなおしたというべき話。男性作家が、東電OL事件を、新潟の少女監禁事件を極めて一面的に合理的に見ようとするのに対して、桐野は女性の内にあるものを、分析し尽くせない闇を秘めたものとして描き出す。

真実がどちらにあるか、それは読者一人一人が理解することではあろうけれど、「東電OL」事件を、結局は男のための覗き趣味の話にしてしまった佐木隆三や佐野真一といった一世を風靡したノンフィクションノベル作家たちでは、今の桐野一人にすら太刀打ちできない気がしてならない。まさに女性の時代である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人間の想像力のすごさ・・

2005/12/15 16:57

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 想像にはじまり、想像で〆るこの物語。何が真実なのかわからない事件や人物。この物語の真実とは何なのか。
 そして、読み終えてから今度は読者がこの物語の真実に迫ろうと新たな想像をはじめる。

 うーん、またしても桐野夏生の術中にはまってしまった感である。想像の連鎖・・・
 ということで、読後の私の想像。

 「グロテスク」に続くこの作品は、この世のすべてを人間は想像によって創りだしているのだ!!と叫んでいるようだ。
 この物語の真実を追っても真実は出てこない。主人公が存在しているのか、事件の当事者なのか、残された小説は事実なのか、わかりはしない。真実とは「想像」と「思考」につきるのではないか。
 この世の中に唯一の真実なんてありえない。
 人間は想像することで、この世の事象を感じ、認識するのだ。
 つまり「想像すること」そのものが真実であり、この世の実体なのだ、と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

救いを見出せないのは残虐である

2004/08/04 18:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

出版社から転送されてきた手紙を見た直後に、少女時代に誘拐され1年間監禁されていた過去を持つ女流作家が失踪した。手紙は誘拐監禁した犯人が出所して出してきたものだった。ひらがなだらけの手紙は「…私のことはゆるしてくれなくていいです。私も先生をゆるさないと思います」と締めくくられていた。

 小学校4年生、10歳、バレエ教室の帰りに少女は誘拐され鉄工所の2階に監禁された。容赦ない暴力から逃れるため監禁を受け入れた。性的暴行は受けていないのだが、救出後の事情聴取でも専門医の診察でも監禁生活を語ることはなかった。それは、廻りの人間の哀れみ、好奇心、想像の対象とされている事を感知し嫌悪したからだ。そして、「犯人との交歓を一切漏らさないことが私の復讐」と言わしめているように、復讐もあるが監禁生活中に暴力による強制ではあったが、それから逃れるために「仲良し」になっていた事を知られた場合の反応が恐かったから他ならない。

 「残虐」とストレートに表記された言葉には実に多くの意味を持たせている。誘拐監禁生活そのものを筆頭に犯人の過去も残虐に満ちあふれているし、救出後の警察を始め病院関係者、そして世間の好奇な視線とそれに伴って想像される世界の残虐さもある。殺害されたフィリッピン女性の劣悪な立場と生活環境、犯人の周囲にいた人達さえにも有った事を示唆している。しかし、少女の住んでいる地域の状況はどうだったのか、家庭環境や学校生活はどうだったか、通っていたバレエ教室では…。暴力、虐待、性、差別、嘲笑、欲望、命令に背けない状況は誘拐された部屋にだけ存在していたのではなく、日常少女が置かれていた環境にも溢れていて、まさに監禁されていたのではないのか。そして、いつも傍観者は好奇と嘲笑、想像の視線を送っていたではないのか。

 監禁場所での犯人との交換日記。「ウソは書いては駄目」と少女は言う。当初は逃走手段と置かれている状況を見出す手段としていたのだが、逃れられないのなら監禁生活に馴染もう、少しでも楽しめるようにと思った時から犯人との関係も変化していく。後に作家になった少女は恋人関係だったと供述するが真実だろうか。無意識な防御手段の1つとして思い込んでいるだけではないのだろうか。一人では生きて行けない、大人の保護が必要な子供達はいつも「命令に背けない」状況の中に居る。「家族団らん」、「友情」、「恋愛」は真実なのか。そこに救いを見出すことが出来ないのは残虐である。少女は本当に解放されたのだろうか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

桐野さんの作品って“いくら深読みしたって深読みしすぎることがない!”ような気がする。

2004/03/29 00:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

凄く“レベルの高い”作品である。

よって本作を征服するにはまさに桐野さんの“圧倒的な想像力の豊かさ”と“読者の想像力”との勝負が必要である。

本作は新潟の少女監禁事件をモチーフとして書かれている。
著者のもっとも得意とする社会派系作品であるが、内容的には約一年間若い男に小学生の頃誘拐・監禁された少女の監禁後の人生にスポットが当てられている。
わずか220ページにいろんなものが詰まってるので一行も目を離せずに読まなくてはいけない。

正直、「残虐記」というインパクトの強いタイトルほど内容は重苦しくない。
ただ、女性や感情移入が激しい方が読まれたら少し辛い描写もあるかなあとは思ったりする。

どちらかと言えば、景子の監禁後の生活の方が“残虐”かもしれない。
彼女はずっと事件の事を隠して生きていかねばならない生活を余儀なくされるのである。
たとえば、景子と彼女の両親との関係や谷田部を追っていく姿などを考えても興味深い限りである。
あと、フィクションだから許せることかもしれない(ここを強調したい)が、健治の過去を読んでやはり多少なりとも同情された方も多いんじゃないかなあと思う。
少し複雑な気分であるが…

大きな目で見たら、本作ってあらゆる点において読者に“人生における戒め”を提起しているのかもしれませんね。

作品の手法的には“入れ子方式”で語られてる為に謎が謎を読んで奥深いことは間違いないところであろう。

個人的にもっとも印象的なのは最後の夫(元検事)の編集者への手紙である。
やはり健治に対してかなり嫉妬していたのであろうか?
そういう読み方をされた方は失踪先を特定出来たんじゃないかな(笑)

少なくとも限りない妻への愛情を強く感じ取れた点がやけに印象に残った。

トラキチのブックレビュー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今後は桐野夏生自身の「妄想」に期待する

2004/03/24 15:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katu - この投稿者のレビュー一覧を見る

高村薫は、物語性のない事件が多く、またあまりにも残酷な事件が多いために犯罪小説から距離を置いてしまった。一方で、実在の残酷な事件に材を採って次々に作品を発表する桐野夏生がいる。

文字量は『グロテスク』に比べればかなり少ない。ゆえに、少女の監禁生活がどうだったのかということをねちねち書いているわけではない。むしろ救出された後の話のほうが本題である。そこには「残虐なのは一体誰なのか」という捻ったロジックがあって、なかなか考えさせられる。

『グロテスク』でもそうであったが、本作でも「妄想」という言葉がキーワードになっている。監禁された少女は救出された後に、今回の監禁事件がなぜ起きたのかということを妄想する。警察や検察から得られる情報を肥やしにして、どんどん妄想を膨らませてゆく。そして妄想はやがて妄想のレベルを超えて、真実に近づいてゆくのだ。この妄想の中身がなかなか凄い。本書が、というよりも桐野夏生のことが怖ろしくなってくる。

ただ、『グロテスク』を読んだときにも感じたが、これら実在の事件を題材にした小説のことを関係者はどう思っているだろうか。あまり愉快には感じていないだろう。実在の事件を元にして、それを膨らませ、別の次元にまで引き上げる桐野夏生の膂力には恐れ入るしかないが、それもそろそろお終いにしたほうがいいのではないだろうか(余計なお世話かもしれないが)。

『グロテスク』はまごうかたなき傑作であるし、本作のレベルもかなり高い。しかし、桐野夏生には、実在の事件を題材にするわけではない、桐野夏生自身の「妄想」をフルに発揮した作品を期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「残虐」であることの本質とは何か?

2004/03/09 00:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒロクマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 2000年1月に発覚した新潟県で起きた9年間の長期にわたる女性監禁事件をモデルにしたと思われるこの物語は、昨年の「グロテスク」に続き物議をかもすだろう。
 突然疾走した女性作家の手記の形を取るこの物語は、自分が25年前の小学生時代に体験した、約1年間の監禁事件の被害者であると告白することから始まる。
 ここで読者の多くは、凄惨な監禁生活が延々と綴られることを、半ば恐いもの見たさで期待するのではないかと思う。
 ところが監禁生活についての描写は、全体の半分に満たないところで終わり、ある意味肩すかしを食らってしまう。
 しかし本当に残酷なのは、監禁生活から救出されてからの生活だった。彼女は、警察の取り調べや家族の質問に対して、監禁中のことをすべて話そうとしない。そんな彼女の態度を周囲の人々は、あまりの恐怖体験のためと思い、それぞれが勝手な憶測をし、やがてそれが噂となり、事実として伝わっていく。
 彼女が監禁生活のすべてを話さなかったのにはわけがあった。それをここで書くわけにはいかないが、虐待や監禁事件、特に子供に対しての事件についての核心をつくもののように感じた。
 こうしたデリケートな事件に対しては、マスコミも周囲の人々も一見配慮をするようにしながらも、実は何が本当に起きたのか知りたくてしようがないのである。そしてそれが飛躍した事実の想像へとつながり、結果的に被害者を特別視するようになる。
 最初に「肩すかしを食らう」と書いたのも、おそらくこの本を手にとった人の多くが、少女の監禁生活を覗き見する疑似体験をしたいと思ったからなのではないか、と考えたからだ。正直自分にもそういう気持ちはあった。
 「残虐記」という煽情的なタイトルで引き付けておきながら、残虐であることの本質が何なのかを、読者に突きつける桐野氏の手腕には頭を下げるしかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人間の心の迷宮、性的なものへの昏い情熱、心の奥底の渦にひき込まれる作品。

2004/03/23 09:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「残虐記」と記された原稿を残し、小説家・小海鳴海は失踪した。彼女は10歳のころ、監禁事件の被害者になるという過去があった。残された原稿がさらなる謎を呼び…。
 人から悪意をもって目を付けられやすい運命を背負った少女の孤独がすさまじい。善意の第三者の方が、直接の行為者(もちろん彼も憎悪の対象ではあるのだが)よりも深く当事者を傷つけることもある…ということがせつなく恐ろしい。我々も、いつ何時加害者に与してしまうかもしれないのだから。

 不満だったのはラスト。描かれたことの中に衝撃的なサプライズはあるが、描かれないことの中にこそ、読者が知りたいことがあるのだ。彼女とケンジの本当の関係とは。ヤタベとは何者だったのか。社長夫婦は。彼女と夫とは、いかにして結婚に至ったのか。そして彼女はなぜ…。
 純文学の多くがそうであるように、小説は必ずしも起承転結に従わなくともよい。しかし膨大な謎に私は混乱し、欲求不満を覚えてしまった。想像の余地を愉しむ余裕が無いと、知りたいところが隠されているようなモヤモヤとした歯がゆい感覚が生じてしまうのかもしれない。

 ケンジの犯罪が最悪の事態にならず安堵した。少女とケンジの夜の関係というモチーフはものすごく斬新であるとともに、嫌悪感をまねきかねない挑戦的な着眼点だと思う。少女=弱者というありふれた偏見をくつがえすショッキングな物語だ。桐野夏生作品からは今後も目が離せそうにない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/28 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/27 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/19 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/07 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/11 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/28 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/22 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/23 07:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。