サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  あの人をもっと知りたい  ~7/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 国家の通販
  5. 花伝社の通販
  6. 生活形式の民主主義 デンマーク社会の哲学の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.1
  • 出版社: 花伝社
  • サイズ:20cm/147,3p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7634-0415-6

紙の本

生活形式の民主主義 デンマーク社会の哲学

著者 ハル・コック (著),小池 直人 (訳)

21世紀に民主主義は生き残れるか? あらためて、生活の中から民主主義を問い直す。戦後デンマークの民主主義を方向づけ、福祉国家建設の哲学的基礎となった古典的名著。【「TRC...

もっと見る

生活形式の民主主義 デンマーク社会の哲学

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

21世紀に民主主義は生き残れるか? あらためて、生活の中から民主主義を問い直す。戦後デンマークの民主主義を方向づけ、福祉国家建設の哲学的基礎となった古典的名著。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ハル・コック

略歴
〈コック〉1904〜63年。デンマーク生まれ。戦前からコペンハーゲン大学で神学教授を勤め、ナチス・ドイツによるデンマーク占領下では、平和的抵抗路線をかかげて活動した。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今は陳腐化してしまった民主主義とは本来何だったのか?

2006/12/09 17:59

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:cuba-l - この投稿者のレビュー一覧を見る

 学校でも社会でも民主主義は多数決をとることと同じ意味になってしまって、人々がそれを疑問にすら思わない世の中は民主主義社会なのだろうか?、というよな問いに明確に答えを示してくれる本書は民主主義について60年も前に書かれた啓蒙書である。

 多数決はや投票は民主主義の手続の一断片ではあるが、民主主義そのものではない。単に多数派を占めるために行われる宣伝やその他の手段は民主主義ではないし、さらには多数派が数を武器に社会を支配しようとするなら、支配の論理が剣から投票用紙に変わっただけに過ぎない。だから民主主義においては人間的な覚醒、即ち啓蒙と教育なくしてはまさに「多数派は怪物」となる。

 即ち、民主主義の本質は政治的手続や社会制度にあるわけではなく、人間を民主化することにある。それは自立的に自由と正義を知り追求する人間性をはぐくむことにある、と著者は結論付ける。

 「民主主義は到達した状態ではなく、日々解決されるべき課題である。」

 それ故、民主主義は日々の生活形式・生活態度そのものなのであるとするのだが、自由主義という美名の元、強者必勝の市場経済と抱き合わせで信奉されて劣化したといわれる現代の民主主義を再考する原点ともなるべき本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。