サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 69件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

紙の本

動物園の鳥 (創元クライム・クラブ)

著者 坂木 司 (著)

ひきこもりの探偵・鳥井真一とその友人、坂木司。この二人を取り巻く人々−。「青空の卵」「仔羊の巣」の8つの物語を通して知り合った多くの友人たちとの交遊を通して、鳥井は徐々に...

もっと見る

動物園の鳥 (創元クライム・クラブ)

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ひきこもりの探偵・鳥井真一とその友人、坂木司。この二人を取り巻く人々−。「青空の卵」「仔羊の巣」の8つの物語を通して知り合った多くの友人たちとの交遊を通して、鳥井は徐々に外の世界へと飛び立とうとする。【「TRC MARC」の商品解説】

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー69件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

シリーズ完結でありながら、ここから物語を書き始めたのではないかと思えるくらい自然な流れが出来ています。二人の物語でありながら自分の過去も振り返らされました。

2004/12/22 14:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『青空の卵』『仔羊の巣』に続き坂木と鳥井の最終章。

このシリーズはタイトルから作者の思いが込められており二人の成長する様子とともにタイトルも『卵』から『巣』そして『鳥』へと成長するように繋がっています。
今回は今までの総集編の意味も含めて鳥井がなぜひきこもりとなったのか、また坂木がなぜ鳥井にそこまで拘るのかを彼らの過去のエピソードとともに語られています。
ふと著者の坂木司氏は一番最初にこの『動物園の鳥』を作り上げてから前二作を書かれたのではないかと思えるくらいすごく自然な流れなんですよね。

さて今回は珍しく「悪役」と呼べる人物が登場します、ただし彼らの持つ悪意もきっと普通に生活をしていたら周りにいる、もしくは自分にも当てはまるようなものなのです。
一方的に責めれるものでもなく、それでも決して許せるものでもないような悪意なのです。

ただこの本は大人が読むとそうなんだよね〜と頷く事も多いのですが、十代のころに出会っていたら反発しちゃうかもしれないですね。学生時代って大人が思ってる以上に周りとの関係が大事ですよね、会社は人間関係で辞めれますが学校は簡単には退学できませんし…。
無理矢理同じクラスという枠に入れられて協調性という精神を叩き込まされてたような気がします。
今なら自分が好きではない相手にどう思われても平気ですし、逆に自分の周りにいる人全部を好きになれと言われても絶対に無理な話ですからそれはお互い様だなぁと割り切れるのですが、学生時代はクラスや友達の輪からはみ出ないことに必死で人から嫌われることがとても怖かったような気がします。ある程度年をとり、自分と周りとを割りきって考えれるようになるまでには色々な人と出会って良い目にも嫌な目にもあわなきゃいけないんだなとこの本を読んでしみじみと感じました。
何となく鳥井と坂木の物語と言うよりは自分の過去を振り返って人間関係を学ばされたような気分になった一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もう鳥井と坂木のコンビに逢えないと思うと自然と感慨深い読書となった方も多いんじゃないかな。

2004/04/12 00:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『青空の卵』、『仔羊の巣』に続くひきこもり探偵シリーズの完結編である。

長編と言う事でより奥の深い内容となっている(坂木作品の特徴だと言える)のだが、前2作を読まれてない方は是非遡って読まれることをオススメします。

坂木さんの作品って他のミステリーと違って“じっくり一字一字味わって読みたい”。
よく時代小説の解説なんかに“小説のてだれ”という賛辞の言葉が使われてるが坂木さんの文章ももはや“てだれ”の領域に達しているような気がする。

特に本作はミステリー的には大した事はないのだけど(犯人はすぐにわかります)、誰もが経験する大人になるにつれ無意識的に忘れがちになる大切なことを思い起こさせてくれる点はとっても印象深い。
読んで行くうちに知らず知らずに“連帯感”が芽生えていく過程なんかは本当に読書の醍醐味かもしれませんね。
そういった意味においては《動物園》って子どものころ行った記憶と大人になって行った場合とでは同じように違った感覚だと思います。

坂木さんはラスト付近で動物園の“檻”という言葉を使って、われわれの社会をあらわしている。
ちょっとドキッとさせられた言葉なんで引用しますね。
「では、僕たちにとっての檻とはなんだろう。それは考え方の枠ではないだろうか。(中略)僕は僕自身を檻の外に出して日射しを浴びさせてやる。それは心のストレッチ。僕の飼育係は僕だけなのだから、きちんと世話をしてやらないといけない。」

本作において坂木さんは、われわれ誰もが心の奥底に持っている弱い部分の象徴としての鳥井の圧倒的な存在感を浮き彫りにすることによって、読者に“心の自立”を促すことに成功している。
あと、女性描写の上手さ(特に美月と明子)が際立っている点も付け加えておきたい。

はたして鳥井は鳥のように飛び立てるのでしょうか?
鳥井の過去や滝本の意外な一面などおなじみのオールスターキャスト総動員であなたのハートを直撃しますので心して読んでください。
心して読まれた方はきっと読後“心が浄化される”ことだと思います。

トラキチのブックレビュー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/30 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/05 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/27 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/17 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/26 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/08 02:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/09 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/26 09:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/18 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/28 02:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/24 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/29 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/07 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。