サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.2
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/314p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273956-9
文庫

紙の本

ブルー・アワー 上 (講談社文庫)

著者 T.ジェファーソン・パーカー (著),渋谷 比佐子 (訳)

ブルー・アワー 上 (講談社文庫)

税込 628 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『サイレント・ジョー』のパーカーが猟奇殺人事件に挑む

2004/03/01 22:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エンドルフィン - この投稿者のレビュー一覧を見る

『サイレント・ジョー』で多くの読者を魅了したT.ジェファーソン・パーカー。彼の新作『ブルー・アワー』です。新作といっても、日本での紹介が遅くなっただけで、実際には1999年の作品だ。取りあえず出版社の言い方にならえば、マーシ・レイボーン・シリーズの一作目ということになる。本シリーズの三作目『ブラック・ウォーター』はすでに早川書房から昨年の2月に単行本として出版されている。

カリフォルニア州オレンジ郡。ショッピング・モールから美しい女性が失踪するという事件が相次いで発生する。しばらくして、女性の持っていたバッグと血だまりのあとが発見される。死体なき猟期殺人事件か? すでに退職していた元警部補のティム・ヘスは乞われて捜査に復帰する。パートナーは気が強いことで有名な女性巡査部長マーシ・レイボーン。過去に性犯罪の起こしている人物を中心に容疑者を絞り込もうとする二人の前に一人の男が浮かんでくる…。

三人称で犯人の行動も描写しながら、ひょっとしてこいつが真犯人か、そう思わせておいてからくりがあるのか、と読者はあれこれ考えながら読むことになる。『サイレント・ジョー』では不幸な過去をもつ青年ジョー・トロナのキャラクターが多くの読者の支持を得た主な要因だったと思う。そうした方面に長けた作家との印象を持っていたが、本作『ブルー・アワー』では、猟奇殺人というパーカーらしからぬテーマを扱いながら、ミステリのプロットの妙にも冴えをみせている。良い意味で期待を裏切る秀作です。

無論パーカーらしく人物造形でも読ませてくれる。ティム・ヘスはすでに67歳、おまけに肺ガンを患い放射線治療を受けながらの捜査だ。一方のマーシー・レイボーンは四十歳で殺人課、五十歳で重要犯罪課の指揮を執り、五十八歳までには保安官に選出されたいと公言してはばからないタイプだ。実戦で銃の抜いたことは一度しかないが、そのときのせりふが「ジャック、あんたもじきに死体だよ」というのだから、イメージができるでしょう。親子ほど年齢の離れた、孤独な二人はやがて惹かれあうのだが、その姿にはどこか哀感がつきまとう。そして結末では、このシリーズ二作目以降のマーシの有り様に大きな影響を与える出来事がまっている。三作目『ブラック・ウォーター』では、過去のいきさつも曖昧で、マーシ・レイボーンの人物像があまりはっきりしないという印象があったのだが、本編を読むと納得できる部分が多い。この『ブルー・アワー』では、ヘスの眼を通した姿を描くことによってマーシの印象を鮮明にすることに成功している。

マーシ・レイボーン・シリーズとなっているが、『ブルー・アワー』の段階から作者のパーカーがそう考えていたわけではあるまい。原題が"The Blue Hour" 、"Red Light" 、"Black Water"と続くシリーズはさしずめカラー・シリーズとでも呼べばいいのだろうか。上で述べたように、このシリーズは最初から順に読むほうがいいでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/10 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/16 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/04 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/28 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。