サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 53件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/02/13
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/696p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273949-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

ダレカガナカニイル… (講談社文庫)

著者 井上 夢人 (著)

 【商品解説】

もっと見る

ダレカガナカニイル… (講談社文庫)

税込 1,045 9pt

ダレカガナカニイル…

税込 1,045 9pt

ダレカガナカニイル…

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.9MB
Android EPUB 3.9MB
Win EPUB 3.9MB
Mac EPUB 3.9MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

『honto+』連動企画 伊坂幸太郎が読んだ本

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー53件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

後半からググッと面白くなります

2017/01/08 18:45

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半は主人公と(声)との会話のくどさに少しイラッとしたのですが、
後半からググッと面白くなり、最後はホロリとさせられました。
ただポアと聞くと、どうしても・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

僕の中では特別な作品なのです。

2014/11/13 00:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊坂幸太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いったいどういう展開になるのか分からず、どんどん読み進め、そして最後に明かされる真実に、「え」と驚かされました。それは、いわゆるミステリーのどんでん返しとは少し違い、「うわ、そうだったのか!」と膝を打つというよりは、「え、どういうことなのか」と一瞬考え、それから、「なるほど」と飲み込むようなそういった種類のもので、何よりもその後に、胸に切ない思いが込み上げてきたことが新鮮でした。「驚き」と、「そうだったのか」という納得感に加え、切なさも同時に感じさせてくれるミステリーは珍しく、僕の中では特別な作品なのです。

【『honto+ vol.7』掲載】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

解明されない謎はない

2004/07/04 21:34

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ダレカガナカニイル…」井上夢人。コンビ岡嶋二人解消後の第一作目に当たります。やはり岡嶋二人の時とは作風も変わっていますね。ただ、最初から引きつけて離さないストーリーの運び方は相変わらずで、かなり長編なのに飽きさせません。ジャンル分けに意味はないけれど、SFの範疇になるのでしょうが、実は本格派ミステリーでもあるわけで、まあ、引っくるめてミステリーって事でしょう。ボクは好きなんですね、こういうの。荒唐無稽な絵空事なんて思いませんし、だからといってあり得る話だと納得しているわけでもありません。有り難い事に何の抵抗もなくすんなり受け入れてのめり込める下地を持ち合わせているのです。ミステリー好きの共通の特技かな。
 警備会社に勤務する西岡は山梨県にある新興宗教の警備へ左遷される。着任の日の夜、堅固なフェンスの中にある祈祷堂に火災が発生し教祖が焼死する。その火災発生の直後に西岡は見えない力によって突き飛ばされたように転倒するのだ。そして、その時から西岡の意識の中にもう一人別人の意識が入り込んでいる事に気が付く。入り込んだ意識とは? 火災の真相は? 2つの意識を持ちながら追求が始まる。

 何やらオウム真理教を思わせる信仰と教義を持つ新興宗教です。ストーリーから新興宗教も切り離せないテーマですが、実はラブストーリーであり推理小説であったりします。教義や何故に信仰に走るかなど興味深い説があって、オウム真理教も犯罪に染まらなければ何ら非難を受けるものではない事も改めて思ったりします。空中浮遊を信じたって、お好きなようにと言うしか無いわけですね。どうも新興って言葉に胡散臭さが付いているようで、歴史があろうが無かろうが宗教皆同じで良いじゃないかと言う気もします。そんな多くの、実に多くの考え方がある宗教を題材にするのは小説として途中気持を削がれかねない危ういさがあるのですが、本作品は2つの意識の存在を宗教だからでなく、そのような能力が有るからという設定を土台にしています。能力自体は宗教じゃないですものね。人間の思惑が宗教にしてしまうのですね。…と、言うわけで特別な能力が悲劇を生み謎を作り、それを愛が救う…そして、後ろ髪を引かれるような哀しさいっぱいのラストを迎えるのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダレカガナカニイル

2020/05/28 20:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

頭の中で他人の人格と会話するってどんな気持ちなのかなぁ?今回の井上作品はこれ!解放の家という、宗教団体のような団体の教祖の死をきっかけに、その教祖の声が頭の中で聞こえるようになった主人公。この邪魔な声を追い出すにはどうすればいいのか、というお話。途中、幽体離脱のような『ポア』が登場したり、かつての『なんちゃら真理教』を彷彿とさせる内容もありつつも、この話、最後残り5分の1程度になってもどういうテーマの話なのか全くわかりません。でも、ようやく最後の方で、どうやら教祖を殺害したのは誰かがテーマとなっている気がしたのですが、それも違いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

グイグイ読める、伊坂さんオススメ本!

2014/03/14 13:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小梅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

honto+で伊坂幸太郎さんのオススメだったので読みました。
面白くてグイグイ読み進みました。
分厚さと表紙の怖さにひるみましたが、それほど怖くなく、
読みやすい文章にユーモラスな会話、切ない恋物語、
サスペンスやミステリーの要素もしっかりあります。
結末に驚き、いま読み返しているところですが、再読も面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/12 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/09 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/22 13:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/10 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/18 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/27 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/25 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/11 04:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/08 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/12 02:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。