サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

2022冬の読書応援 200万ポイント山分けキャンペーン ~2/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.1
  • 出版社: アルファポリス
  • サイズ:12×12cm/175p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-434-04086-3

紙の本

しあわせが、しあわせを、みつけてきた。

著者 吉井 春樹 (著)

少しずつ、少しずつ、誰かがしあわせを運んでくれています。ありがとう以上の感謝でも、まだ捧げたりないくらいのキモチです。そして、そのしあわせは必ず、次のしあわせを運んできて...

もっと見る

しあわせが、しあわせを、みつけてきた。

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

少しずつ、少しずつ、誰かがしあわせを運んでくれています。ありがとう以上の感謝でも、まだ捧げたりないくらいのキモチです。そして、そのしあわせは必ず、次のしあわせを運んできてくれる−。写真&言葉集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

吉井 春樹

略歴
〈吉井春樹〉1977年生まれ。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

力まずに進めそうな後押ししてくれる本に出会えました。

2004/07/31 01:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SAYA - この投稿者のレビュー一覧を見る

等身大の言葉 
そして す〜っと心に入ってくる写真。
心が冷えた時に どこでも すぐに開いて
読んでるうちに 暖かさが戻ってくる
不思議な魅力のある本です。


しあわせの連鎖反応 起こりそうな予感…
そんな 期待や ちょっとしたワクワクをもらえる1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

持ち歩けるしあわせ

2004/06/19 16:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふくふく堂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

しあわせって言葉から受けるイメージは人それぞれだとは思いますが、私のイメージではふわふわと柔らかくて甘い。そんな感じがまんまと形になったような本です。
特別なものではなくごく普通のシチュエーションの中にあるちいさなしあわせ。
だからこそ共感し、読んでいる人にもしあわせを運んでくるのでしょう。
本のサイズも手のひらくらい。
小さいけれども ではなく 小さいからこそ 嬉しいのです。
春の陽だまりをいつでもどこにでも持っていけるのですから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言葉が語りかけてくる

2004/06/11 15:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みほまま - この投稿者のレビュー一覧を見る

思ったよりも小さなその本の中には、まるで自分自身に語りかけるような言葉がたくさん詰まっていた。
吉井春樹さんの言葉ひとつひとつがメッセージとなって、胸の中で優しく広がっていくのを感じる。
美しい写真に添えられた愛情あふれた言葉の数々は、かみしめればかみしめるほど違った味わいになり、タイトルとの絶妙なハーモニーをかもし出す。

誰かを大切に想うその気持ちは、限りなくしあわせな気持ちであり、誰もが持ち合わせている心であり、その暖かさにほっと心癒される。

不思議な事に、「しあわせ」な事を『しあわせ』と言い切れる人は割りと少ない。現状に満足せずにもっともっとと欲望は増え続けていく。
でも、しあわせってそれほど手の届かないものじゃない。
誰もが手を伸ばせば入れられる単純で素直な心の持ち方だと思う。
しあわせな心は、きっと次に新しいしあわせを運んでくる
そう信じたくなる1冊だった。

多くの人が、自分のしあわせをみつけることができますように!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大事な人と一緒に読みたい一冊

2004/06/05 13:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松沢直樹 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当に大事なものは空気みたいなもの。いつも側にあるのに、気がつくとありがたみを忘れてしまってることってありますよね。

家族や友人や恋人が与えてくれる時間。毎日快活に過ごせること…etc
この本は、ささやかだけど、かけがえのない大事なものに気付かせてくれる言葉にあふれていると思います。読み進めるたびに、すんなり心に浸みいってくるのは、吉井さんがテクニカルに紡いだ言葉ではなく、心からあふれる心情を表現されておられるからでしょう。一人だけじゃなくて、できれば大事な人と二人で一緒に読みたい本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分だけのしあわせをみつけよう

2006/05/01 17:23

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 とてもキレイな本だと思います。タイトルもとても素敵。日常のひとコマを切り取ったような写真に、メッセージ的な言葉が添えられていて、全体的にナチュラル感があります。なんとなく、昔の銀色夏生さんの詩集に似ているなあと感じました。
 見開き(2ページ分)で一作品が表現されていて、そのタイトルも「あしぞら。」、「いいこと。」、「さんきゅ。」、「ふぁいと。」などなど、「。」まで入れて全部5文字に統一されていたり、構成の仕方が個性的でとても面白いです。
メッセージは、一見ありきたりの応援歌のようですが、そうではないリアル感があり、読み返せば読み返すほどにその深さを感じさせられます。特に印象に残ったのは「すたーー。」です。心に勇気の花がぱっと咲いたような気持ちになりました。
また、写真の方はメッセージ以上に申し分のないほどに素晴らしくて、何度見返しても飽きません。
 しあわせな気持ちにさせてくれる本書は、まるで春風のよう。この本と友達になりましょう。きっと明日は今日よりも笑顔が一つ増えているはずです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私たちの年代が生きていくには。

2004/03/01 03:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:HK - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は、励まし言葉の本が嫌いです。
きっと明日は晴れるよ。とか、弱い自分も愛してあげて。なんて言われたら
「青い! 寒い! バカにしやがって!」と反発してしまう性質の人間なのです。

でもどうしたことでしょうか。吉井さんの本は違うのです。
確かにそういうニュアンスの言葉もあるのですが、単に甘いだけじゃない、
救いようのないリアルな言葉が、時々、色濃く心に刺さるのです。

たとえば、62ページなど。
 ほんの少しの勇気が あなた達を変える。
と、ここで終わってたら、ほんとにどうしようもなく嫌なのですが、
 さあ、いけ。
と、結ばれるのです。
このひとことの力です。見事です。

このひとことが、排他的詩人ではなく、ひとりの人間の「ことば」として
響くのです。
それはきっと、吉井さんが、きちんと他者と関わって生きているからだと
思うのです。
人や物事に対して真摯に向き合うことができる人なのだと。
憶測ですが。

特に、「すくすく。」「たいせつ。」「なたなら。」を読むと、
本当に泣けてきます。
月並みですが、共感できるのです。心底。

もういい加減、90年代的なものの見方を止めませんか。
私たちは、ふりだしに戻ったのです。それをもっと自覚するべきです。
世界平和より、目の前にいる人のしあわせを願いましょう。
政治ニュースに文句言うより、日々のごはんをもっとおいしく、大事に
いただきましょう。
吉井さんの本は、そんなことを気づかせてくれます。

私たちの年代が生きていくには、リアルな言葉が必要なのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/12 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。