サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販 全商品対象 ポイント最大10倍キャンペーン ~9/20

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.3
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/327p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-560-04778-2

紙の本

オフィーリア

著者 ジェレミー・トラフォード (著),安達 まみ (訳)

「ハムレット」の物語が始まる前の10か月間に何があったのか。エルシノアを舞台に、二人の男に心を奪われた多感な少女の心のうちを鮮やかに描いた、もう一つの「ハムレット」。【「...

もっと見る

オフィーリア

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ハムレット」の物語が始まる前の10か月間に何があったのか。エルシノアを舞台に、二人の男に心を奪われた多感な少女の心のうちを鮮やかに描いた、もう一つの「ハムレット」。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジェレミー・トラフォード

略歴
〈トラフォード〉インド生まれ。出版関係の仕事を経て、教職につき、シェイクスピアを教えるかたわら、俳優として活躍中。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

そして「ハムレット」の幕が開く

2004/05/19 00:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

既存作品を、全く別の視点から見たらどうなるか?
こういうアプローチは今までにも成されてきたが、今回著者が取り組んだのは、あのシェイクスピアの『ハムレット』。オリジナルの十ヶ月前から、物語の幕が開く。十ヶ月前といえば、まだ父王ハムレット(同じ名前)も健在だが、学究肌の息子と、どうも関係がしっくりいかない。このぎくしゃくした親子関係とは対照的に出てくるのが、本作オリジナルの登場人物として登場するスヴェンボーとその父親。といっても、ハムレット王の部下だった父親は、王の弟クローディアス(『ハムレット』では王)の不当な讒言のせいで早々と殺されてしまう。その息子であるスヴェンボーも罪人扱いされるが、彼はぐずぐずと思い悩む事なく、自分の身の証を立てようと奮闘する。「生きるべきか 死ぬべきか」と思索にふけるハムレットとは対照的に登場した「まず行動派」の彼は、オフィーリアと出逢い、ここに恋愛のトライアングルが成立する。オフィーリアは、『ハムレット』では、暴言を吐かれ、訳のわからない台詞を言わされる。ハムレットの意地悪な言葉に、「はい」「いいえ」くらいしか返せず、周りの人々に振り回されてばかりいる。脇役の宿命とはいえ、彼女が不憫でならなかった。そうしたら、どうだ。本作でのオフィーリアは、ハムレットの行動にびくびくしている気弱な少女ではない。対照的な二人の男性の間を揺れ動き、自らの意思も持っている。衝動に身を任せる女なのか、はたまた何も知らない淑女なのか、ハムレットよりよほど謎多き女性として、自由に動きまわる。これこそシェークスピア時代には決して書かれなかった、血の通ったオフィーリアである。

 そして、本作は、全くオリジナルと切り離されてしまった訳ではない。対照的な二人の間で揺れ動くオフィーリアの取った行動が、後の『ハムレット』で彼女が「売女め、尼寺へ行け!」などと不当な事を言われなければならなかった理由にぴたりとはまる。更に、ここでのハムレットが父王としっくりいかなかったからこそ、その死後ハムレットが、あれだけ父の復讐に取りつかれたのだと納得できる。オフィーリアについても、後の悲劇を象徴させるような花や水が出てくるし、絶えず見る夢もまた暗示的。唐突なクローディアスとガートルードの不倫愛も遡って書かれているなど、オリジナル作品の不審点も払拭しており、エンディングは、ちゃんとあの『ハムレット』に継ぎ目なく繋がるように作られている。

「ああ、こんなオフィーリアが見たかったんだ!」と喜んでいたら、青柳いづみこさんの書評に「こんな小説が読みたかった! と女族は思い、男族は、女ってものの恐ろしさを再認識させられるんだろうか。」 と書かれていた。「やれやれ、すっかりお見通しか。」とただ苦笑。さて、男族の反応や、いかに?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/12/08 05:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/24 16:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。