サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ヤギの見る色どんな色? 実験240日の記録

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヤギの見る色どんな色? 実験240日の記録
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2004.2
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:24cm/79p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-591-08062-5
  • 国内送料無料

紙の本

ヤギの見る色どんな色? 実験240日の記録 (地球ふしぎはっけんシリーズ)

著者 岸上 祐子 (著),万田 正治 (監修),岡本 順 (絵),岩崎 保宏 (絵)

ヤギの横に長い瞳には、どんな色が見えているのだろう? 素朴な疑問から始まった実験。実験装置を作るところから始まり、数々の失敗を経て結論は出た。ヤギは色を認識する!【「TR...

もっと見る

ヤギの見る色どんな色? 実験240日の記録 (地球ふしぎはっけんシリーズ)

1,026(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ヤギの見る色どんな色? 実験240日の記録」が含まれるセット商品

地球ふしぎはっけんシリーズ 10巻セット

地球ふしぎはっけんシリーズ 10巻セット

  • 税込価格:10,26095pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

ヤギの横に長い瞳には、どんな色が見えているのだろう? 素朴な疑問から始まった実験。実験装置を作るところから始まり、数々の失敗を経て結論は出た。ヤギは色を認識する!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岸上 祐子

略歴
〈岸上祐子〉福岡県出身。鹿児島大学農学部卒業。高校教職員、団体職員、出版社勤務などを経て、現在は会社役員のかたわら、(社)高知県生態系保護協会理事を務める。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ヤギの瞳には、どんな色が見えているのだろう?ヤギって、色がわかるの?

2004/05/21 11:18

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わくわくどきどき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ヤギなんて、じっくりと見たこともありませんでした。そのうえ、ヤギが色を見分けられるかなんて考えてみたこともありませんでした。卒業論文に取り組まなくてはならなくなって相談した著者に、先生が提案してくれたのが、「ヤギが色を見わけられるか」というテーマでした。
 ものを見るときにはたらく細胞には、明暗を感じる細胞と色を感じる細胞の2種類あります。ヤギの目には、両方の細胞があります。しかし、それがちゃんとはたらいていないと、色を見わけることができません。実際に細胞がはたらいているかどうかは、解剖しただけではわからないのです。ヤギが生きている状態で調べるしかありません。細胞がはたらいているかどうかを確かめる方法を考えださなくてはいけないのです。この確かめる方法を考える過程がとてもおもしろいと思いました。今回の実験では、調べてみる色とそれと同じ明度をもつ灰色をつかうようにして、ヤギが色を区別できるかどうかをみます。                         
 ヤギはかならず色か灰色かを選らばなければなりません。そして、色を選んだときにだけ餌が食べられるという実験を、ヤギにおぼえてもらうことが重要なポイントになります。
 ヤギが実験に集中し、判断するのに適した場所選びはどこにするか? ヤギにうまく実験のルールを覚えさせる方法は? 色つきパネルと灰色パネルをどのように見せる? ごほうびの餌のあたえ方は? どんな実験装置がいるのか? 著者は次々と工夫しながら、自分で考えて、実験装置もつくりあげました。
 そして大学で飼っていたトカラヤギの5ヶ月のオスの双子をつかって実験をはじめました。ヤギにけとばされたり、おしっこをかけられたり、すきになられたり、たいへんでした。そして、わかったことは? ヤギは色を見わけていました。赤、青、緑、黄の4色をみわけられるということは、たくさんの色がわかるということが想像できるとしています。ものがたりのようなイラストで、実験やヤギに寄せる著者の気持ちをうまく表現していて、親しみがわきます。
 ヤギという動物が身近に感じられ、動物行動学や調べる過程のおもしろさが伝わってきます。

(わくわくどきどき/図書館の学校・児童書選書委員会)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

理科・自然科学 ランキング

理科・自然科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む