サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0704-05)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 知る・学ぶの通販
  5. 国土社の通販
  6. ツバル 海抜1メートルの島国、その自然と暮らし 写真絵本の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2004/02/01
  • 出版社: 国土社
  • サイズ:23×25cm/39p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-337-09902-6
写真集

紙の本

ツバル 海抜1メートルの島国、その自然と暮らし 写真絵本

著者 遠藤 秀一 (写真・文)

ツバルという国を知っていますか? ツバルは南太平洋にある9島から成る島国。地球温暖化のため、あと100年で海中に沈んでしまうと言われている。ツバルの自然や人々のくらしを写...

もっと見る

ツバル 海抜1メートルの島国、その自然と暮らし 写真絵本

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

フォトドキュメント 4巻セット

  • 税込価格:6,93063pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ツバルという国を知っていますか? ツバルは南太平洋にある9島から成る島国。地球温暖化のため、あと100年で海中に沈んでしまうと言われている。ツバルの自然や人々のくらしを写真で紹介しながら、この問題を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

遠藤 秀一

略歴
〈遠藤秀一〉1966年福島県生まれ。大阪芸術大学芸術学部建築学科卒業。写真家。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

なぜ、国が水没するという被害がおこっているのでしょうか?

2004/05/21 11:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わくわくどきどき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 南太平洋に、環礁と呼ばれ9つの小さな島々からなる「ツバル」という国があります。
 2000年ほど前、サモアから移り住んだとされるツバル人は今でも自給自足を中心とした生活を送っています。魚とヤシとわずかなタロイモなどの作物、簡素な自然の恵みを得て、日々家族を守り、生きていくことが仕事です。
 一見楽園のくらしに見えるその営みは、自然と一体になったきびしい生活でもあることが、鮮明な美しい写真で紹介されていきます。環礁の島には、美しい砂浜はあっても、農作物を育てる土はありません。砂地に大きな穴を掘り、落ち葉や生ゴミを捨てて腐葉土をつくります。タロイモやバナナなどが育つ畑となります。魚は主食に近い大切な食糧で、その日食べる分しか捕りません。
 料理にはヤシの葉や、実のからなどが燃料に使われます。ガスや灯油などはめったに使いません。ウミガメの子どもを育てて大きくなってからはなします。自然の大切さは身を持って知っています。
 20世紀後半からツバルでは、地球温暖化のために海面が上昇し、地面から海水が湧き出し、洪水や塩害やさまざまな被害が目立つようになってきました。島は100年後には海中に沈んでしまうと言われています。地球温暖化は二酸化炭素などをはじめとする温室効果ガスの増加が原因といわれています。しかし、ツバルにはそういったガスを排出する工場もなければ、車も数えるほどしか走っていません。地球温暖化の原因はわたしたち先進国の生活スタイルにあります。わたしたちが南の島を沈めてしまうかもしれないのです。
 海抜1メートルの島国、ツバルの美しい自然といきいきとした人びとの表情と暮らしを鮮明な写真で紹介しながら、なぜこのような被害が起こっているのか、ものに頼らないツバルの人々の暮らしにわたしたちは学ばなければいけないと、警告を発しています。

(わくわくどきどき/図書館の学校・児童書選書委員会)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/31 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/31 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。