サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

猫さまとぼく
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2004.2
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:26cm/44p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-00-115356-4
  • 国内送料無料

紙の本

猫さまとぼく (岩波フォト絵本)

著者 岩合 光昭 (文・写真)

猫は、人が飼育する家畜とされていますが、人が猫を飼い慣らしたのか、猫が人を飼い慣らしたのか、分からなくなります…。動物写真の第一人者が猫との出会いと青春時代を初めて語った...

もっと見る

猫さまとぼく (岩波フォト絵本)

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

猫は、人が飼育する家畜とされていますが、人が猫を飼い慣らしたのか、猫が人を飼い慣らしたのか、分からなくなります…。動物写真の第一人者が猫との出会いと青春時代を初めて語った猫の写真集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岩合 光昭

略歴
〈岩合光昭〉1950年東京生まれ。動物写真家。著書に「ニッポンの猫」「きょうも、いいネコに出会えた」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/22 00:45

投稿元:ブクログ

去年の9月、岩合さんの猫の写真集が勉強の合間の癒しとして絶大な効果を発揮してくれたので、今年も図書館で借りた。

動物写真家である著者が、どのようにして猫の写真を撮るようになったのかを、写真と文を織り交ぜながら紹介している本。

いい写真ばっかり!
とびらの写真の、薪の前の2匹の雰囲気がかっこいいし、その下の猫は明らかに笑っている。
子どもが大事そうに抱える猫は何を考えているのやら、並んだパグと猫は夫婦のようだし、車から屋根に飛びうつる姿態は芸術的でさえある。
岩合さんの父上も動物写真家だったこと、友だちの猫好きなお姉さんと結婚されたこと、野良猫の写真は珍しかったことなど、初めて知ることが多かった。
猫の写真を撮りに世界中を旅するなんて……よくよく考えるとすごい。
国によって猫の顔も違うんだなぁと、しみじみ。
海ちゃんは優等生的にかわいいけれど、私は柿右衛門ちゃんの目つきが好きだなぁ。

2012/01/02 08:44

投稿元:ブクログ

岩合さんの猫の写真は安心できる。
動きのあるもの、静かなもの、さまざまな視点での写真がある。
日本国内、海外の違いを感じさせない、猫中心の写真。
猫愛好家は必読の書。

岩合さんの奥さんが、昔、猫をたくさん飼っている友達の家のお姉さんだったことを本書で知りました。
お父さんも動物写真家だったとか。

ps.
類似の写真集として、「猫さまとぼく」から写真の構成とタイトル「ネコさまとぼく」に変えて、新潮文庫から出ています。

「ネコさまとぼく」の本のカバーには、岩合さんの写真がナショナルジオグラフィックのカバーを2度飾ったことがあるとのこと。

2013/02/27 14:34

投稿元:ブクログ

2013.2.27中央図書館
動物写真家の父親のもとで育ち修行しつつ、
猫にであい、猫の写真に開眼した経緯を語る写真絵本。
著者による内外のネコ写真満載。

たしかに昔はいかにもモデル然としたきどった猫か愛くるしい子猫が
ソファの上やかごの中にいるような写真ばかりだったのに、
今やプロから市井の飼い主まで写真をとるようになり、
ネット上には野生の猫、普段着の猫のたのしい姿があふれている。
そのきっかけは岩合さんだと思うと感慨深い。
そして岩合家の飼い猫第一号「海ちゃん」がかわいすぎる。

2013/06/20 20:49

投稿元:ブクログ

タイトルにまず笑ってしまう。
「王様と私」みたい。ちなみにオペラ歌手のパヴァロッティのマネージャーさんの書いた本も「王様と私」。そちらもぜひ読んでみたい。

それはさておき、もちろん岩合さんは動物写真家である。
本当は世界中で野生動物たちをたくさん撮影して国際的な評価を得ている。
私の父などはTVで観てすっかりあやしい猫おじさんと思っているみたいだけど…
べつにそれでもいいと思う。岩合さんは猫写真のパイオニアなのだから。

この絵本ではたくさんの写真とともに、たくさんのエピソードが語られます。
子どもの頃の記憶から、青春時代、奥様と猫たちとの出会い、
(奥様と28匹の猫にいっぺんに出逢っているのが、なんというかさすがです)
そして海ちゃんのこと、世界の、そして『ニッポンの猫』のことなど。
"いつか、猫が見て「そろそろ仲間として認めてあげる」と喜んでくれるような写真が撮りたい"と氏は語ります。

風景に溶け込んで、人のとなりで堂々と生きてる猫たちの"特別"な日常。
エコロジーはネコロジーだともいいます。
適度な距離と増えすぎないことは重要ですが、猫にとって暮らしやすい町は人にとっても暮らしやすい町であるような気がします。

改訂されて新潮文庫から「ネコさまとぼく」の名前で再発売されています。
でもこの版の表紙のおにぎりみたいな猫がたまらないのでこちらに一票。

理科・自然科学 ランキング

理科・自然科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む