サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~8/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~身近な雑草から、昆虫、山や森、気象まで~ 自然が教えてくれること ポイント5倍キャンペーン ~8/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.2
  • 出版社: 作品社
  • サイズ:21cm/345p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87893-633-9

紙の本

白土三平論

著者 四方田 犬彦 (著)

「忍者武芸帳」に歴史と世界観を学び、「カムイ伝」に自己同一化した60年代。熱気溢れる時代の青春に圧倒的影響を与えた白土漫画の全貌を初めて解明。40年を超える愛読の成果を凝...

もっと見る

白土三平論

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「忍者武芸帳」に歴史と世界観を学び、「カムイ伝」に自己同一化した60年代。熱気溢れる時代の青春に圧倒的影響を与えた白土漫画の全貌を初めて解明。40年を超える愛読の成果を凝縮する、最後の巨匠へのオマージュ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

四方田 犬彦

略歴
〈四方田犬彦〉1953年生まれ。東京大学で宗教学を、同大学院で比較文化を学ぶ。現在、明治学院大学文学部芸術学科教授。著書に「電影風雲」「ドルズ・ハウスの映画館」「映画と表象不可能性」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

THIS IS 全共闘世代!

2007/11/03 22:27

15人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

カムイ伝。あの下手くそな絵。汚らしい絵。エロとグロを適度にまぜただけの残虐が売り物のマンガの一体どこが面白いのか。四方田犬彦がらみで本書も手にはしたものの、どうしてあんな下手くそなマンガについて、ここまで「大部」な「論」がかけちゃうのか、それが最後まで理解できなかった。こんなマンガのどこが一体面白いのか?答えは意外なところに転がっていた。堀井憲一郎著『若者殺しの時代』に「(全共闘運動華やかなりし頃)『カムイ伝』は特に大学生に人気があり、これを読めば階級闘争が理解でき、マルクス主義が理解できる、とまで言われた」とあった。なーんだ。ここでもサヨクか!ケッ!要するにサヨクに青春を捧げ、人生をある意味で棒に振った四方田犬彦の「心の旅」「センチメンタルジャーニー」ってわけね。だけどさ、幾ら白土三平を論じたところでマルクス主義なんか理解できないし、階級闘争も、世の中の仕組みも理解できないよ。そんなことだから全共闘世代は社会に何もインパクトを与えられず、ただ白眼視されただけで終ったのだよ。堀井憲一郎が言うように「カムイ伝を読んだくらいでは、マルクス主義はわからない。エンゲルスもレーニンもわからない。たまたま当時の大学生が白土三平もマルクス主義もどちらも好きだったというだけだ」と私も思う。カムイ伝を論じることは、あたかもゴルゴ13を論じて国際政治を論じるに似て、全く生産性のない、自家中毒、自己満足にしか過ぎないと本書を読んで確信した。まあ、東京教育大附属駒場高校時代に天下を取ったかのごとき全能感にとらわれ、俺様は何をやっても許されると勘違いして人生を踏み外した四方田君の心の傷は深く、その傷は、そうは簡単にはいえないのだろうけど、白土を論じても、心の傷を癒すのは、ちょっと難しいと思った次第である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/24 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/09 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。