サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東京五つ星の手みやげ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.3
  • 出版社: 東京書籍
  • サイズ:20cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-487-79906-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

東京五つ星の手みやげ

著者 岸 朝子 (選)

鯛焼きから、どら焼き、豆大福、佃煮まで、「東京の手みやげ」として愛され続ける老舗・名店の極上の味を厳選し、オールカラーで紹介した永久保存版ガイド。価格等のデータは2003...

もっと見る

東京五つ星の手みやげ

1,646(税込)

東京 五つ星の手みやげ

972(税込)

東京 五つ星の手みやげ

ポイント :9pt / 紙の本より674おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

鯛焼きから、どら焼き、豆大福、佃煮まで、「東京の手みやげ」として愛され続ける老舗・名店の極上の味を厳選し、オールカラーで紹介した永久保存版ガイド。価格等のデータは2003年11〜12月の取材をもとに掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岸 朝子

略歴
〈岸朝子〉1923年東京生まれ。女子栄養学園(現女子栄養大学)卒業。(株)エディターズ設立。料理、栄養に関する書籍や雑誌を多数企画、編集する。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 豆大福、草餅、団子...

ジュンク堂

 豆大福、草餅、団子、どら焼き、たい焼き、せんべい、羊羹、バウムクーヘン、パウンドケーキ、チョコレート、クッキーから粕漬、佃煮まで、食通たちに愛され続ける東京を代表する老舗・名店の極上の味みやげをほぼパーフェクトに紹介し、一五万部突破のベストセラーとなった永久保存版ガイドブックです。

 選者は料理記者歴五〇年、「おいしゅうございます」でお馴染み、味の評価に関しては幅広い読者層から絶大な信頼がある食のジャーナリスト・岸朝子。品格やセンスを問われる贈りもの選びに、気の利いた出張みやげ、帰郷みやげ選びに、いまでは全国のビジネスマン・ビジネスウーマンの間でバイブル的な存在となりました。

 なお、昨年末には待望の続編も登場。きんつば、甘納豆、せんべいから海苔、カレーパン、穴子寿司まで、歴史、味ともに正編と肩を並べる絶品のみを精選して紹介しています。

 正編・続編ともに都心の詳細カラー地図が付いているから、地方の方が東京に出張する際のナビゲーターとしても使えます。

出版ダイジェスト:2005年2月
テーマ『散歩大全 見る・食べる・飲む・書く・思う …そしてゆっくり歩く』より

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

東京に在住の幸せよ。ここに載っている手みやげを、全制覇したくなった

2004/08/22 16:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:7ひきのこぶた - この投稿者のレビュー一覧を見る

 【手土産(みやげ)】人を訪問するときに持って行くちょっとした物。挨拶がわりの簡単な土産=『大辞林』

 著者が一般の人に対して有名となったのは、以前テレビでやっていた「料理の鉄人」の審査員としてだろう。だが、それ以前に料理記者歴が40年余りあるのだから、美味しいものを評価する“舌”は折り紙付きだ。本書はそんな著者が推薦する「料理」ならぬ、美味しい「手みやげ」のガイドブックである。

 目次を見て、まず感じたことは、東京に住んでいて私はなんと幸せだったことか、ということである。というのも、取り上げられている97店のうち、3分の1強が食べたことのある店(品)だったのだ。そしてどれもが“ハズレ”はなかった−と、きたら、さぞや残りの品も期待できるではないか。読むのが楽しみになった。
 この本に取り上げられているのは、流行におもねらないで商いをしている名店ばかりである。種類別では多いのが和菓子系統(あんこもの、豆類、煎餅・あられ)で全体の4分の3を占めていて、とりわけ、あんこものが多い。「あんこものは太るから食べないとおっしゃる若い女性も多いのですが、カロリーは生クリームやバターをたっぷり使ったケーキよりは少ないのです。(中略)和菓子は日本の素晴らしい食文化の宝石といえるでしょう」というのが、著者の根底にある考えなのだから、それも納得できる。
 「鯛焼き」を商っている店が、4軒、紹介されている。「鯛焼き御三家+1」と評する人もいるくらい、どれも東京の甘い物好きの間では有名な店だ。著者は、その中では四谷1丁目の「わかば」のものが、あえて順番をつければ一番気にいっているらしい。「餡はほどよい甘さで、しっぽまでたっぷりと入っていて鯛全体が餡だらけといった感じ。皮は1ミリほどないほど薄い」。美味しさを表現する言葉は、プロ(料理記者)だから的確で、そのうえ、わかりやすい。鯛焼きの食べ比べをしたい思いである。

 洋菓子が載っていないわけではない。14軒ある。次いで、私自身が無理やり一緒くたにした“食事もの”が10軒ある。佃煮やら粕漬け、いなり寿司などだ。強引のそしりは免れないかもしれない。ところが分類上どうしても単独にならざるを得ないのが「やげん堀」の「七味唐辛子」である。他の品は、単独で食べられるが、こればかりは、そうもいかないやね。

 著者には『岸朝子のおいしいお取寄せ』(発行:文化出版局)という本もある。これは日本全国から美味しい調理品を取寄せて、食卓を豊かにしようという趣旨の本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/24 16:37

投稿元:ブクログ

王様のブランチでも紹介されていました。
本当に美味しくて伝統ある良いものばかりを、厳選して載せていると思います。オールカラーなのもすごい。
畏まっておみやげを持参するシーンが多い人には、あるととても便利かも。

2004/11/05 11:27

投稿元:ブクログ

岸朝子さんが選んだ店なのかもしれないが、コメントはどう考えても普通のライターっぽい。これ、岸さんのコメント??

2004/12/07 14:26

投稿元:ブクログ

この本を買った当日、早速会社の近所の御店に最中を買いに行きました。
美味しかったので全制覇をたくらんだのですが、
・太りそう
・節約
・面倒
のため、全くはかどっておりません。

2005/04/28 11:47

投稿元:ブクログ

様様な厳選された東京の手土産が解説も細かく掲載されています。新しいお店探しにも。味も見た目も絶品な品品ばかりです。(※何より表紙写真が草月の『黒松』なのがポイント高し!

2006/06/23 05:04

投稿元:ブクログ

読む事よりも、辞書的な使い方よい。へー今度何かの折に買ってみようと思う店が少々あるが、実際に役に立つ機会は少ない。独立系の店舗が多いので、ふらっと立ち寄るというよりも購買を目的として店にいく必要がある。
実際にお世話になった事は一度もない。

2008/01/23 06:30

投稿元:ブクログ

食いしん坊な私は、暇さえあればページをめくってしまいます♪

自分のお気に入りが掲載されていると、とっても誇らしい気分になりマス。(笑)

全店舗制覇するのが夢ですが・・・いつになることやら。

というか、自分で食べることばかり考えていますが、
あくまでもこの本「手みやげ」ですからっ!!

2013/07/29 23:13

投稿元:ブクログ

特別気になったもの
空也もなか、長門のくず餅、花月のかりんとう、本郷三原堂の大学最中、石井いりまめ店の落花生、満願堂の芋きん、志満ん草餅の餡なし草餅、新正堂の切腹最中と景気上昇最中、飯田橋萬年堂の御目出糖…最中率高いなぁ(笑)。好きみたい。

2007/12/11 01:03

投稿元:ブクログ

この本で紹介されている手土産は、お菓子だけでないというところが、さすが岸朝子。買って食べてみました、大変おいしゅうございました。

2008/11/19 22:51

投稿元:ブクログ

手みやげに何を持っていこうかと悩むことが多いけれど、この本には私好みの食べてみたいものがたくさん載っていて、涎をたらしながら見入ってしまった。ここで紹介されているものは、誰にあげてもきっと喜んでくれると思う。

2016/04/03 21:18

投稿元:ブクログ

壺屋の壺最中はこの本で知って今でも大好物です。改めて読んだら、食べてみたいものがたくさん出たのでリストアップしました!
何かの時の手土産にピッタリなものが多く、買いに行くのも楽しみです。

2010/12/07 22:25

投稿元:ブクログ

かっこ良く手土産を持っていけるようになりたい。いくつか試してみたいけどそのためにはお呼ばれされなくてはならない。

2011/03/01 22:35

投稿元:ブクログ

押さえるべきところは押さえてある、という堅実な手土産本。

あの「おいしゅうございます」でおなじみ(?)の岸朝子さんが選者の手土産本。全国的に名の知れた老舗・名店から、知る人ぞ知るお店まで、たくさんの逸品が美味しそうな写真付きで紹介されています。紹介数が多いので、この本一冊あれば、東京での手土産は困らないでしょう。営業の人とかは、目次に並んだお店と品物を「手土産リスト」としてテキストファイル化しておいて、手土産選びに困ったときに使うと効果的ではないでしょうか。
ただ、たまに、東京駅でも買える物や、「これ美味いか?」と思うものが載っています。普通のタウン誌やグルメ本なら渋々納得ですが、「岸朝子」ブランドですしねえ…ってことで、若干厳しめの評価。でも、活用の価値は十分ありますよ。

「岸朝子」ブランドに過度な期待を持ってはいけないなあ、自分の舌も信じなきゃ、と思った次第です。

2008/05/15 01:21

投稿元:ブクログ

多くの人たちから愛され続ける東京の老舗・名店の極上美味しい手みやげセレクト本。和洋スイーツから、佃煮、粕漬、はたまた中華まんじゅう、いなりずし、ヒレカツサンドと、どれも美味しそう。食べごたえ、見ごたえあり。オールカラーで、写真と店の地図もあり。発行から4年経ったが、問題なさそう。選者は「料理の鉄人」の審査員として活躍し、「おいしゅうございます」でお馴染みの食のジャーナリスト岸朝子。年配の大事な人を訪問するときの、贈りもの選びに役立ちそう。私の場合は、自分のお腹へ贈るもの選びの参考。以前とんねるずの石橋くんが、[食わず嫌い]出場ゲストのお土産の中で、「長命寺の桜もち」を一番に押していた。同感。確かにうまいよね。塩漬けの桜葉を「食べるか、残すか」論議も楽しめる。

グルメ・レストランガイド ランキング

グルメ・レストランガイドのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む