サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん(小学館文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 194件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.4
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/315p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-408023-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん (小学館文庫)

著者 岳本 野ばら (著)

下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん (小学館文庫)

648(税込)
29%OFF 5/11まで

【期間限定価格】下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん

通常 648

454 (税込)

【期間限定価格】下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん

ポイント :4pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん」が含まれるセット商品

文庫・映画セット 11巻セット

文庫・映画セット 11巻セット

  • 税込価格:6,16957pt
  • 発送可能日:購入できません

小学館文庫・映画セット 11巻セット

小学館文庫・映画セット 11巻セット

  • 税込価格:6,16957pt
  • 発送可能日:購入できません

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー194件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

野ばらさん、最強ですね

2004/07/23 04:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やしまのゆり - この投稿者のレビュー一覧を見る

 とにかくおもしろい。桃子の語り口が絶妙だ。いまどきの高校生(ちょっと田舎より)の生態をよく把握して描かれている。一見、冷めたようでいながら、その実、心を許せる人間を探しているロリータちゃん。イチゴは決して相容れることがないようなヤンキーちゃんなのだけど、お互い、シンプルと対極のカスタムぶりに共通するものがあることに桃子は気づく。久しぶりにげらげら笑かせてもらった。でも最後はほろりとさせる温かい物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろかった

2016/03/08 17:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

価値観の違うロリータとヤンキーの2人に友情が芽生えるお話です。
趣味や性格の違いがすごい対照的な2人だけれど、お似合いです。
面白く読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心あらば、この乙女らの雄々しさに泣け!

2005/01/22 09:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にんぎょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 映画を見て、読んでみようと思った。そして、今まで嶽本野ばらを読んでいなくて、損をしていたと思った。

 おかしい。下妻という田舎で思いっきり浮きまくりのロリータやってる桃子の一人語りの、世の中に背中向けちゃった部分と、実にシビアに現実を見る部分のよじれたギャグのおかしさは最高。レトロで良い子のヤンキーをやっているイチゴのアッパラパーな突き抜け感も笑える。

 思いっきり笑えるが、泣けた。 

 桃子はテキヤ、バッタ屋の父と、不倫で家出の母を持つ堂々たる欠損家庭の娘であり、現実認識の鋭さは人並み以上。余計な甘えを持たない、人に期待しない彼女はどうしたって孤独。イチゴはクラス中から馬鹿にされ、自己嫌悪の孤独の中にいた。
 しかし彼女たちは、卑屈に集団に擦り寄ることで孤独から逃れようとはせず、また世の中に対してすねることもせず、自分たちの美学を貫いて敢えて孤独に生きることを選ぶ。その美学がロココの世界であり、イチゴの「主義」なのである。それは傍から見て、いかにスットンキョウであろうと、眉をひそめられようと、自分をごまかすことなく、苦しさと闘う乙女なのだ。
 見た目は違えど、二人はお互いを知る者なのだ。そして馴れ合いからは生まれない孤独を知る者同士の友情は、ここにこそ育むことができるのだ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっと痛いけど眩しい青春

2004/07/08 13:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らせん - この投稿者のレビュー一覧を見る

四方八方田んぼだらけの茨城県下妻。そんな田舎で浮きまくりのバリバリロリータ少女・桃子は、大好きなお洋服欲しさに始めた個人販売で、これまた時代遅れなバリバリヤンキー少女・イチコと出会う。見た目も趣味も全く違うこの二人。わかり合えるはずはないのに、やがて不思議な友情が芽生えて…。

“乙女のカリスマ”嶽本野ばらさんの『下妻物語』が、2004年5月の映画化を機に文庫本として登場しました。全編桃子の視点で書かれたモノローグで、ロココを貫くロリータ少女の根底から、生まれは尼崎の関西テイストがほの見える語り口はとても面白いっ! ド田舎ヤンキー少女のイチゴ(本名イチゴだとヤンキーらしくないのでイチコと名乗ってる)も、往年の大映ドラマを彷彿とさせるキャラ(頭は弱いが心根純情)が実に良い!
誰しも生き方にはその人独自のスタイルがあって、スタイルとは人生哲学のようなもので、哲学がない生き方もまたひとつのスタイルで、大多数と違うスタイルをしてるからといって、人を色眼鏡で見るのは自分のスタイルを棚上げにした不遜な行為なのだという、ごくごく当たり前なことが、痛快で笑えるストーリーの中に巧みにさりげなく書かれた本です。
でも実際人は人を、自分と相違点が多いだけで区別し差別し誤解するものだから、ふたりの少女が己のスタイルを貫くことは、本当はすごくしんどいことなのが、大人の私にはよくわかります。それだけにふたりのCoolいやあえて言えば男前な生き方に惜しみない称賛を送りたいものです。ここに描かれているのは、ちょっと痛いけど眩しい青春です。

勝負に勝ったときのイチゴの捨て台詞「畜生! 覚えてろ!!」は、この本を読んで笑ってしまった私が、作者の野ばらさんに贈りたい言葉だわ。
切なく、繊細で孤高と抱き合わせのような乙女の生き方を書いた他の作品も好きですが、随所にギャグを散りばめたこの物語はとても楽しく読めました。深キョン主演の映画も評判が良いそうです。そちらも合わせて見たくなってきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/27 17:21

投稿元:ブクログ

嶽本野ばらと言えば、言わずと知れた「乙女のカリスマ」。所謂ロリータファッションの女の子なんかに絶大な人気がある作家…という解釈でいいんだろうか。しかし、それじゃ何のことだかさっぱりわからない。一体どういう内容の小説を書いてるんだ?と、こういっては失礼になるのかもしれないが、怖いものみたさの興味があったのだがなかなか読む機会がなかった。昨年、「鱗姫」が文庫落ちしたのをきっかけに読んでみたのだが、これが真面目なのか不真面目なのか、大いに悩む内容だった。なんというか、こう、「そ、それって本気ですか?」と問いただしたくなるような、冗談としか思えないことが真面目に書かれていた。正直言って面白くなかった。いや、もちろん、あれは全部笑っていいんだよということであれば、面白かったということになる。と、何とも中途半端な読後感だった。

そして、今回の「下妻物語」。映画化と聞き、ちょっと興味がわいた。最初は、また乙女な内容なのかと思ったが、そうではなくギャグ満載らしい。それなら読んでみよう、と思った次第。笑って読んでいいと言われればとても気楽に読める。もう、のっけから快調に飛ばしてくれる。

主人公である桃子は、ロリータファッションに身を包み、ロココな精神で生活することをモットーに、友達も作らず、独特の思考回路を持って生活している。当然、田舎では目立つ、特異な存在だ。対するイチゴは、地元では有名なヤンキー娘。こちらも別な意味で目立ち、またヤンキー独特の不思議な価値観も持っている。もうこれだけで笑える。こんな2人が友達になっていく、その過程を、ご都合主義的ストーリー展開に笑いの種をあちこちに織り交ぜながら、さわやかに描いている。なんと言っても、この少女2人の会話がとてもかわいらしいのだ。お互いに相手の趣味を理解する気は毛頭ないが、相手自身のことは尊重している。2人で一緒の時間を過ごしながら、少しづつ成長していくのだ。ほのぼのとして暖かい話だと思う。

ロリータファッションを事細かに書いてあるところは、ちょっとよくわからないのだが、わからなくても十分に読める。手軽に読めるエンターテイメント小説を探しているなら、この本をすすめる。笑いだけで終わらない読後感が実にいいのだ。

2004/11/20 17:06

投稿元:ブクログ

初めは少女小説なのかしら?ジュニア向け?でしたが、途中から加速度的におもしろくなります。
「好きなものは好き!嫌なものは嫌!」と信念を持つヒロインがいい!
続編もWeb上で読んでます。

2004/10/15 01:07

投稿元:ブクログ

映画がサイコーにいい出来だった『下妻』。それもそのはず、原作がおもしろいから。
嶽本野ばらめっちゃ男やん!ってぐらい突き抜けたギャグ、そして理路整然としたロリータ&ヤンキー論。女には書けねーよこんなカッコイイ友情は!
ただ、ファッションのことを語りはじめると止まらなくなるのには辟易。
映画はこの面白さにキャスティングの巧妙さが加わって、よりイイ感じ。CM監督のデビュー作にはうってつけの素材だったのではないかと思う。

2004/10/13 18:57

投稿元:ブクログ

超おもしろい!
まじめなんだかふざけてんだか全然わかんない!
でもたまらなくおもしろいです!
あたしは相当すき。

2005/05/17 17:55

投稿元:ブクログ

「御意見無様」で不覚にも電車内で吹き出してしまった。めちゃくちゃいいノリでした。映画も見てみたいなぁ。

2005/05/01 20:09

投稿元:ブクログ

大真面目に書いたらギャグになったみたいな(笑)面白かったです。下妻っていう設定も良かった。この2人が一緒に歩いたら目立つだろうなぁ。野ばら入門にはいいのでは。

2005/04/29 02:41

投稿元:ブクログ

 面白い。こりゃー面白い。映画をDVDで見たけど、小説で読むのとはちょっと違った。すごいテンポ速くて、漫画見てるような感じ。それもそれで面白かったんだけど、小説は、何かこう、地味なところで笑わさせられたり、毒舌に皮肉でマイノリティなところがあったり(?)でウケるんだこれが。

2005/05/08 22:20

投稿元:ブクログ

おもしろかったー!女の子の友情モノってあんまりない中で、これはストレートに心に響きましたよ。映画も見たいのに、近所のレンタルショップでずっと貸し出し中。悔しい。

2005/01/19 19:04

投稿元:ブクログ

映画と脚本を読ませてもらいました。
友達が製作スタッフですから!

本は見てないけどテンポ良いです。

2005/02/27 15:58

投稿元:ブクログ

「何だこれ、ロリィタとかひくし」とかこの小説読む前は思ってました。この映画見るまでは深きょんも嫌いでした。
でもこの小説見て変わったね。
ロリィタいいじゃない!って思います。
かなり内容も面白いです。

2005/04/20 21:46

投稿元:ブクログ

とても奇妙な組み合わせ。けれどとても良いコンビ。自分の個性を消さずに、付き合える友達って本当に良いものだと思いました。

小学館文庫 ランキング

小学館文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む