サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

チェーンレター(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.3
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川ホラー文庫
  • サイズ:15cm/428p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-191905-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

チェーンレター (角川ホラー文庫)

著者 折原 一 (著)

チェーンレター (角川ホラー文庫)

843(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

チェーンレター

670 (税込)

チェーンレター

ポイント :6pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価2.9

評価内訳

紙の本

ホラー好きにもミステリ好きにも

2005/07/07 01:26

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者のミステリは、特に注意深く読むようにしています。一行一行丹念に慎重に。それでも見事にだまされて、最後にはアッと驚く結末が用意されている。そんな稀代の技巧派が紡ぎ出す恐怖の物語。
「不幸の手紙」が引き金となって巻き起こる混乱と殺人、手紙の内容が現実となる恐怖、一枚の紙切れによって翻弄され振り回される人の姿が濃密に書かれていて、イヤが上にも高まる恐怖感。しつこいくらいに繰り返される「不幸の手紙」の文面が、さらに怖さを煽り立てています。
例によって、作中あちこちに巧みに伏線が張られていて、読みすすめていくうちに気付いてナルホドと感心することしきり。
メインはミステリ作家ということもあってか、一応合理的な説明はつけられているものの、どこか残る一抹の不安感・・・。
後半、ちょっと複雑すぎ、技巧に走りすぎた感も否めませんが、ホラー好きミステリ好きどちらにもおすすめできる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/29 09:33

投稿元:ブクログ

ホラーものにしては全体の流れもオチもキレイにまとまっていて面白かったデス
(2004/3/30(火))

2005/05/25 20:35

投稿元:ブクログ

折原一のホラー小説処女作。良くも悪くも折原一の作品。どうしても話の展開が読めてしまうんですわ。こういった作風のものって出尽くした感もありますし。折原一を初めて読む、という人にはお薦めです。

2007/06/15 21:31

投稿元:ブクログ

うーん…
折原一の作品の中では今のところ最低ランク。
めまぐるしい場面展開でスリリングを味合わせる手法はいつもと変わらずだけど、
その内容があまりにも突飛だったり意味がなかったり
ノベルス同様に覆面のままで出版されたのを知らずに読んでいたら、
折原一を真似て失敗したいい例だと思っただろう。
まぁ角川ホラー文庫だった時点で高望みはしてなかったけどw
折原一の汚点にもなりうる作品なので、覆面作家のまま文庫も出せばよかったのに。

2006/02/07 23:24

投稿元:ブクログ

ある日、千絵の元に不幸の手紙が届く。
彼女は5人に手紙を送るが、そのうちの数人が何者かに殺される。
不幸の連鎖をとめる事はできるのか・・・。
ん〜・・・イマイチでした^^;
現実世界の怖さなのか、超常現象の怖さなのか、はっきりして欲しかった。

2007/07/12 06:27

投稿元:ブクログ

オカルトホラーは好みではない私ですが、これは楽しめました。なぜかというと、この作品はホラーといってもオカルトじゃないです。ちゃんと犯人がいるんですよ。

だから、ホラー+ミステリーといったところか。

怖すぎますねーー。夜一人で読んでたんですが・・・背筋が寒くなりました(笑)こんな手紙受け取ったらどうしよう?この本を読む前だったらきっと「くだらんっ!!」って一蹴できたんでしょうけど・・・読んでしまった今は・・・絶対出すか悩んでしまう(笑)

ホラーだけど、最後の最後まで犯人がわからないというミステリー要素もあって、とっても楽しめます。ちょっと半ばが冗長な気がしないでもないが・・・。

ほんっと、二転三転を繰り返し、最後の最後まで犯人はわかりませんよっ!!「こいつが犯人か」と思ったらやっぱり違って、「じゃやはりこいつか」と思ってもまた違って・・・(笑)読ませますね、折原先生(*^m^*)

2008/04/07 22:21

投稿元:ブクログ

この作家さんが気になってたんで、古本屋で即買いしました。
ホラー作家じゃなくてミステリー作家さんなんでどうかなぁ〜?と思ったけど、むちゃくちゃ怖かったっす(汗)

2009/05/01 22:45

投稿元:ブクログ

最初はスムーズだったのだが、途中から誰が何をいっているのかがわからなくなり・・

どうもそこが一人二役?というかストーリー展開上の肝だったんだけれど、ちょっと疲れて楽しめなくなったので、残念ながら★3つ。

2010/06/25 22:15

投稿元:ブクログ

初めて読んだ作家さんでした。
「不幸の手紙」の連鎖。
迫り来る恐怖。
ゾクゾクしてページをめくる手が止まらず、
思わず電車の降りる駅を乗り過ごしそうになりました☆

でも、ですね。
読み終えて、もやもやが解消されなくて・・・。
犯人も分かったのに、何であんなに読了感が悪いんだろう?

ミステリー作家さんがホラーを書かれたとの事ですが、
本職であるミステリーも同じようにラストがこんなカンジなんでしょうかね??
他の作品を読んで確かめたいような怖いような。

ホラーとして良かったと思います。

2010/06/18 13:19

投稿元:ブクログ

ミステリ作家のホラー(ということを、実は後から知った)作品。
昨年、はまりにはまったミステリ小説で、いくつか調べ物をしているときに、他の読者が面白いとあげていた作家。僕のメモには作家のみ記述があったが、家の書庫を何気なく眺めていたら目についたのがこの作品。はるか以前に購入だけはしていたらしい。作家の名前すら忘れていた...。

さて、中身の方はというと、かなり長い物語で展開も激しかった割には、読後感はそれほど爽快さがなかった。ただ、読んだ、という感じ。
作者のあとがきにもあるように、本来はミステリ作家であるが、ホラーも書いてみました的な位置づけなのか。

中盤までは、結構どきどきわくわくで読み進められたが、後半は冗長さが目につき、同じところをぐるぐる回っているような錯覚にとらわれた。
いくつかの書評サイトでも書かれているように、ホラーだからこのような恐怖心をあおるような構成なのか、僕にはわからない。
この作家で最初に読んだ作品が、メインの領域でなかったのは残念だ。改めてミステリ小説を読むことにしたい。

2011/08/22 03:11

投稿元:ブクログ

作者の名前に惹かれて借りたけど
読みごたえがありました


本当にこんなチェーンレター、メールがあったら怖すぎて夜も寝れないです……

2010/06/18 23:47

投稿元:ブクログ

いわゆる不幸の手紙のホラー。
でもコレは「不幸」ではなく「棒の手紙」。笑
以前から読みたかったのだがやっと手にしました。
定評のある(…のかな?)作家様だけあって、ストーリー展開は秀逸モノ。
だけど怖いかと言われれば「うーん」といった感じでした。
昔も今も「不幸の手紙」は嫌なものなのだと実感しましたよ。
むしろ受け取った時点で不幸なのでは?
だって自分を不幸に陥れようとしている人がいるって事が分かるんですからね。

2011/02/20 15:20

投稿元:ブクログ

「不幸の手紙」「棒の手紙」
あんまりホラーと思って読んではいなかった。
描写はわりと分かりやすくて想像しやすいと思う。
トリックは途中で気が付いてしまったが、なかなか面白いかな。
長いけど一気に読めました。
まぁ、古本で買って読むくらいがいいかも。

2012/04/19 08:50

投稿元:ブクログ

「これは棒の手紙です。この手紙をあなたのところで止めると必ず棒が訪れます。2日以内に同じ文面の手紙を…」 水原千絵は妹から奇妙な「不幸の手紙」を受け取った。それが恐怖の始まりだった。千絵は同じ文面の手紙を妹と別の4人に送ったが、手紙を止めた者が棒で撲殺されてしまう。そしてまた彼女のもとに同じ文面の手紙が届く。過去の「不幸」が形を変えて増殖し、繰り返し恐怖を運んでくる。戦慄の連鎖は果たして止められるのか!?

2013/01/14 22:44

投稿元:ブクログ

不幸(棒)の手紙を巡るホラー小説。

ストーリー自体は面白かったのだが、キャラクターの相関関係が分かりづらく、特にエンディングが意味不明。