サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 凹村戦争 (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

凹村戦争 (ハヤカワSFシリーズJコレクション)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.3
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:19cm/217p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-208556-8
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

凹村戦争 (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

著者 西島 大介 (著)

四方を高い山に囲まれた山間の村、凹村。携帯電話もラジオの電波も届かない隔離されたこの小さな場所で、僕は生きている。世界の崩壊を待ち望みながら…。初の書き下ろし長篇コミック...

もっと見る

凹村戦争 (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

四方を高い山に囲まれた山間の村、凹村。携帯電話もラジオの電波も届かない隔離されたこの小さな場所で、僕は生きている。世界の崩壊を待ち望みながら…。初の書き下ろし長篇コミック。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西島 大介

略歴
〈西島大介〉1974年生まれ。漫画家。映像作家。『SFマガジン』『ファウスト』『ユリイカ』などの批評誌・文芸誌に作品を発表。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

SFティストいっぱいです。

2006/01/22 20:48

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 SF雑誌や、ミステリ雑誌の「ファウスト」で挿絵や漫画、エッセイなんかを、
描いてきた西島さんの、書き下ろしの漫画です。
 携帯の電波もテレビやラジオの電波も殆ど届かない、
山間にある凹村。
そこでの唯一の情報源は、レンタルビデオ屋のTSUTAYAならぬ、
TATSUYA。みんな”達やんち”って呼んでいます。
 そこに、未確認落下物体が落ちてきました。
どうやら、外の世界では、戦争になっているみたい。
 果たして、凹村に住む、主人公たち高校生と他の住民の運命は、、。
各編、主に、有名映画の題名を元に表題がつけられていて、
内容もそれに準じています。
 簡単にいうと、SFやアクション映画のパロディみたいにもなっています。
 隔離世界で、自分たちが、ほんの少し、考えを変えるだけで、
世界の見え方って変わっちゃうし、もしくは、ほんのちょっとしたことで、
周りの世界って変わってしまうんだと、SFティストたっぷりの内容
の漫画になっています。

 西島さんってやっぱり予想どおりの作風の人で、納得した一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

破壊しに、と彼は行った。

2004/04/09 17:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ポップな絵柄と内省的なストーリー。よくできてると思うんだけど、好き人は好き、そうでない人は好きくない作品。

出会いは北野勇作の『どーなつ』のカバー画。彼の描くかわいいイラストレーションをすっかり気に入ってしまった。

『凹村(おうそん)戦争』は、作者の漫画処女作。ただ、これが小説だったら、どうだろう。そう考えると、ストーリーより絵の方が断然、魅力的。絵を読む作品なのかもしれない。彼の好きなSF小説や映画のエッセンスが要所要所に入っていて小うるさいSFファンほど、読み終えるのに時間がかかるだろう。確かにつっこみどころはいろいろとある。でも、それを差し引いてもおツリがたっぷりくる。

ど田舎の凹村の空間にいつしか息苦しさを感じて、主人公は高校進学をきっかけに東京へ飛び出そうとする。ないないづくしの凹村で、唯一のカルチャーセンターがレンタルショップのツタヤならぬタツヤ。ツタヤのパチモンか。仲間は主人公が東京へ出ることを快く思ってはいない。

田舎の閉鎖された緊密性、もしくは親の拘束がイヤで上京してたまらなかった昔のぼくとオーバーラップする。都会に出さえすれば最先端の情報や文化にふれることができる、地方にいた少年少女はラジカセから聞こえる深夜放送のノイズまじりのDJたちのトークに、思いをはせていた。

そんな凹村に突然飛来したX型の飛行物体。モノリスなのか。火星人なのか。本来ならば、TVのワイドショーのレポーターなんかがやってきて大騒動になるはずなのだが、この村の存在はほとんど知られていない。

まもなく自衛隊機の編隊が攻撃してくるが、謎の飛行物体にいとも簡単に撃墜されてしまう。

ラストであこがれの東京に出た彼を待っていたものは。

一見単純な絵のように見えるが、ここまで簡略化されているのに、相反して奥行きの深さが感じられるのは、センスのなせるワザなのか。

破壊シーンも、もっと迫力や動きのあるものに描こうと思えば、描けるはずなのだが、コマ割りは、たんたんとしている。てゆーかゲーム的。

セルフアイデンティテイの喪失だの、共同体の崩壊だの、深読みすればきりがないんだけど、主人公たちのいいあらわせない怒りや行き場のない苛立ちが、X型の飛行物体を呼び、破壊行為をさせているような気がする。

関係ないけど、出戻りの担任の先生が、川上弘美になんとなく似ている。

凹村(おうそん)の山向こうには、エヴァに乗りこむ碇シンジがいて「逃げちゃダメなんだ」っていってたりして。



ブログ「うたかたの日々」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

10話目は「ダイハード」?

2004/04/01 19:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:青木レフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京か…それもいいな
戦争か…最高だな

面白い、奇妙な味の小品。
外へ出る馬鹿と内にこもる利口の話。
大作でなく小品なのは、絵が上手過ぎて雑味というか勢いが無いせいか
優し過ぎてマイナスの感情が見当たらないせいか。
田舎に住んでいる、または閉鎖的な状況にいる人には破壊力を持つ作品
なのかも。
詩の挿入は良いとして、あとがきは萎えた。

(spelled from純粋呪文)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/05 02:26

投稿元:ブクログ

西島大介のイラストは「ファウスト」とかで知っていて可愛いなーと思っていました。「ユリイカ」が西尾維新特集を組んだ時に西島大介が漫画を載せていて、それが結構シンプルに西尾維新の世界観を表していて「おぉー」と思った。「凹村戦争」は本屋で見つけて以来ちょっと気になっていてやっと読めた。小説と見せかけて漫画。うーー……個人的に良かったのは最後の台詞だけかな…。彼、受験どころじゃなかろうに。

2008/05/05 03:08

投稿元:ブクログ

この絵みたことないですか?
雑誌や書籍でイラストなどの仕事もしている作者の名作です!
行き場のないもやもやした気持ちを爆発させろ!!

2005/11/23 12:52

投稿元:ブクログ

独特の絵と世界観がなんとも味わい深い作品です。かわいい絵柄で、内容は青春もの…のような?是非、読んでみて下さい。

2005/04/17 12:44

投稿元:ブクログ

いや、まいった。なにから書き出していいか、実際今戸惑っている自分に気づく。結論から言うと、これらの作品は今、現時点において日本という社会の中で形成された文化の最エッジの部分を象徴、表象するものであり、今後の文学、漫画等のユースカルチャー/サブカルチャーはこの土台の上に成立してゆくだろう。そうあるべきだとおもう。

 宮台真司のいう、終わなき日常を生きるというタームをそのまま受け取るかどうかは別として・・・、これらの作品はこの荒れ地の中からの再生を希望する。終わりなきと断言されてしまった絶望はあまりにも深く、一度彼らの世代は世界を抹殺されてしまっているのだ。彼らの世代による数多くの事件があり、その度に世界は殺され、試され、確かさへの期待を抱かされ、失望を与え続けたに違いない。かろうじて現実として存在するのは、TVの向こう側にある東京という巨大な虚構だけ、それ以外は退屈に支配され、確かさの実態を失い、ただセックスや快楽の消費という強度にしか信を置けない世界に成り果てている。正しきものは死に果て、欲望と同義の自覚されない悪意だけが怪物のようにはびこる。それすらも実体を持たず、ばかばかしいまでに空虚で真実みのない世界。
 
 そうこの作品はセカイ系だ。だがそんなカテゴライズの必要がどこにあるだろう。「セカイ系」とのかぎ括弧は、自分とセカイとの関係を単なるモードやタームに回収する事で、自分を安全地帯に置こうとする、モラトリアムの格好付けにすぎない。セカイとの関係の中でリアルな交わりを切望する事、これ以外の生きる意味って何だ??
 
 ファウスト後の世代に共通とされる「セカイ」に対する認識、これらの「わたし対
セカイ=世界」の対立図式が生み出したものは、果たして空虚でバーチャルな若者の戯れ言なのだろうか?????。否である。全くそうではない。彼らの世界認識は「わたし対世界」の最深部へ、すなわち世界の成立の秘密の領域のと場口に立った。それは生と死の永遠性、自己存在の永遠性、魂の永遠性、フラットな現実の否定による多層現実への参入、世界認識のオカルト化を指向する。彼らはこの事に対して自覚的なのか?判らない。舞城王太郎、西島大介は自覚的なのへはないか。彼らの作品の生死、あらゆる常識的な意味での必然性の意図的な無視・破壊、因果律が心的現実によって規定されているという認識などはこれらを特徴づけるものだ。

 磯辺涼の「ヒーローはいつも君をがっかりさせる」に書かれているフューチャーテラーを生んだ千葉の景色と、凹村戦争で書かれる景色は同じ景色だ。そして「ヒーローは〜」に書かれるミュージシャン達の奏でる音と世界と、西島の世界は完全にリンクしてる。人脈的にも、世代的にも共通しているのではないか。しかし、俺の住むこの世界も同じ景色として見る事ができる。そしてこの作品を読む、静かに狂える20代前半の若者達も同じ景色をみていることだろう。

 これらの意味合いに置いて、この作品は現代を明らかに素晴らしくシャープに切り取った作品である。そして西島はさらにその先の、既に失われていると思われた物語へ向かう。こんなに荒れ���て、無造作に打ち捨てられた世界へ、ただひたすら行為せよ、歩き続けろと誘う。そう、この向こうにまだ誰にも書き得ていない物語、書かれていない世界が作られてゆく事を示唆して。そしてこの意味に置いて俺も共感できるのだ。ほんとうに何もない、まだ生まれ得ていない世界があるという事を俺も忘れてはいなかったのだから

2005/08/23 14:43

投稿元:ブクログ

某古本チェーンで物色していたところ、全く関係ないジャンルの棚に『凹村戦争』が挟まれていました。
これはきっとキープしておきたいと思ったお客さんが、こっそり隠したなぁ、と思った私は迷わずサクッと手にとり、レジにGO!してしまいました。
だって、かなりお買得だったんですもん。


しかし、そんな私の行動はパンドラの匣を開けたようなものだったのですね。
読んではいけないものを、読んでしまった感じです…。

山に挟まれ、携帯電話もラジオの電波も届かず、テレビはNHKだけという隔離された場所、凹(おう)村。
平穏で平坦な毎日、どうにかなんないかなぁ、って思っていた矢先に突然、振ってきた"物体X"!

…だけど、村はなんも変わらないってところが恐ろしぃぃぃぃ。
"相変わらず何もかも無事 これが現実"

昔は"夢"とか、"自分の居場所"とか、近い将来に確実なものが見つかるんだって思っていたような気がするけれど、本当はそんなものないんだってわかりはじめている最近。

現実は確かにもっと曖昧でテキトーなのさ。
でも、それでいいのだ。

ちなみに凹村=オーソン・ウエルズ、そして今、タイムリーな映画『宇宙戦争』著者のH・G・ウエルズ。
偉大なるふたりのウエルズへのオマージュ溢れる作品。

彼らの死後何十年もたつけれど、彼らの精神だけはこうやって、ひと(西島大介)からひと(読者)へ、そしてまたひとへと永遠に流れていくんだなぁ、と漠然と思ったり。


かわいいワンコだなぁ、と思って手を出したら、
「げッ、指を喰いちぎられたッ! でも、指1本なくても生きて行けるし」みたいな!?
ショッキングなんだけど、どこかぐだぐだって感じな1冊でした…。

2011/06/12 17:47

投稿元:ブクログ

星は3/5ですけど、一読の価値はあり。展開もムチャクチャです。なんだこれは!
あまりに有名なサブカルチャー的タイトルや専用用語は色々ちらつくけれど、それをねじ伏せるように、作者のひとりよがりな、しかし思わず巻き込まれてしまう強烈なパワーが圧倒する漫画。中身に共感とか共鳴とか出来るかは、別で、だので星は3にしていますが、たとえ「あれはマジつまらなかった」という話題の中から名が出たとしても、そうやってまた次の人間に伝染していく作品だと思います。
やるじゃん、ハヤカワ。

2005/11/02 19:36

投稿元:ブクログ

凹村は名前の通り周囲を山で囲まれ、電波が何も届かない。
外と隔たれた世界。
外の世界はいつの間にか滅びへと。

2006/01/07 21:34

投稿元:ブクログ

閉ざされた小さな村の何も起こらない平穏な日常。その外と内を願いを書けた不思議な流星が繋ぐ。大きな世界へ・・・ささやかな戦争がやさしい終焉を教えてくれる。本当になりうるよ。これが戦争。本当?

2006/04/21 20:43

投稿元:ブクログ

『最悪で無茶苦茶で容赦のない世界に対抗する唯一の方法。最高に無茶苦茶に容赦なくやること。(本書あとがきより)』

読むたびに、馬鹿でいられるうちに馬鹿でいようと思った中学時代を思い出します。

2006/08/27 20:22

投稿元:ブクログ

「宇宙戦争」のオーソンウェールズを文字ったタイトル。内容。
でも西島大介なので、ファンタジーでメランコリーなSFに仕上がる。
西島大介の描く、目がいい。笑っているような、怒っているような、バカにしているような、泣いているような。

2010/12/28 21:46

投稿元:ブクログ

1番、テイストが似ているのは、「最終兵器彼女」だと思った。

まあ、あれは、かなりストレートに悲惨さを表現しようとしていたけれど、「凹村戦争」の場合は、かなりドライだ。

ただ、この世界の「どうしようもなさ」。そして、それでも日常を続けていかなければならない人の強さや、しょうもなさは、同じ。

そそのかす凹瀬戸先生が、素敵だ。

2006/12/11 00:40

投稿元:ブクログ

四方を高い山に囲まれた山間の村、凹村。携帯電話もラジオの電波も
届かない隔離されたこの小さな場所で、僕は生きている。世界の崩壊
を待ち望みながら…。

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む