サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.4
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: クイーンズコミックス
  • サイズ:18cm/181p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-865198-7
コミック

紙の本

プライド 2 (クイーンズコミックス コーラス)

著者 一条 ゆかり (著)

【文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(第11回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

プライド 2 (クイーンズコミックス コーラス)

税込 440 4pt

【期間限定無料配信】プライド 2

閲覧期限:2024/06/06 23:59

税込 0 0pt

【期間限定無料配信】プライド 2

※「今すぐ読む」はログインが必要です

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 40.8MB
Android EPUB 40.8MB
Win EPUB 40.8MB
Mac EPUB 40.8MB

プライド 2

税込 418 3pt

プライド 2

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 41.7MB
Android EPUB 41.7MB
Win EPUB 41.7MB
Mac EPUB 41.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

優しくされて・・・

2018/10/17 13:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

お嬢様育ちのシオだけど、父親の会社倒産で働くことに。
最初は歌えることに喜びを感じるも、だんだんストレスが増え、とうとうある決心を!
不器用なお嬢様だこと。
お父さんが、甘えることを教えられなかったと嘆くのもよくわかります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

史緒と萌

2016/11/11 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

史緒と萌がいっしょに働くことに。
互いにおもしろくないのはまあわかる。
史緒は実際すごく恵まれている人だと思うし。父親が破産しても、差し伸べられる手の多さ・力強さ。
萌はがんばっているけど、ちょっとかわいそうな気がしないでもない。したたかでいい性格は得してるのか損してるのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

音楽がモチーフだと付きまとうこと。

2017/09/20 04:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

二人が歌っているシーンで、画的に退屈な場面が多くなっているのが残念。
これは人気のある音楽もの漫画にはもはやつきものですが、
オペラ・ファンでなければ頭の中で流れない曲もありますし、
クラブの曲は好きなジャンルから外れたものはやっぱり想像しがたいのではと思います。
(趣味でボッサ、海外の民謡、シャンソン、ファド、ジャズは聴いてきたから余計にそう思える部分です。)

先に書いている人がいますが、その通り!
一条さんの作品て、ストーリーが勢いづいてくると下調べや資料参考が
急に雑になってくるものが昔から多いです。

他の職業経験が少ない/若くして同業種で成功された方あるあるともいえるのですが、
「りぼん」読んでた頃も何回かこういうことを感じました。
間違ってても、何も言わせない雰囲気出すんですよね。。。
…こうやって、電子版でまで残るのに!(恐)

史緒・蘭丸(←The 一条作品ネーム。ほんっとに時代物と酒好きだよなぁ…(呆))
・萌が主役になっていく様子は夢中になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

プライド

2024/03/09 22:22

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

プライドとTHE女の争いが入り混じった、THE昼ドラなストーリー展開ですね。
世間知らずから世間を知っていく史緒さんのキャラいいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

史緒が

2021/01/01 00:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

恋愛にも生き方にも不器用なので、読んでいてイライラします。もうすこし蘭ちゃんに、自分をさらけ出した方がいいのに……。神野より、蘭ちゃんの方が、史緒には、合うし、蘭こそ史緒を幸せにしてくれそうなのに。蘭の気持ちを確かめもせず、愛してもいない神野と結婚なんて……。納得できないなぁ……又蘭も史緒に、好意以上持ってるのに……それをママから聞いたのに……。果たしてこれでいいのか……。それと、萌には、イライラするばかり。好きにはなれないわ……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

続きが気になります。

2017/01/23 21:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:momoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公にすごく感情移入できました。面白かったので続きが気になります

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

プライド2

2016/07/08 11:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

金と男にだらしがなく娘の幸せさえ踏みにじってしまう母親。
そんな娘は、プライドを投げ捨てチャンスに貪欲にしがみつき生きている萌。

こんなに不幸をはね除け頑張り屋さんなのに、好きになれないキャラ萌。

ストーリーも面白いですが、人間関係のそれに増して面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

テーマは非常に興味深いんだけどねえ…

2004/06/08 03:12

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アルテミス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この作品のテーマはタイトルそのもの、「プライド」である。
 プライドが高くて不器用にしか生きられない史緒と、プライドを「そんな役に立たないもの捨てました」と言い切り、人を平然と陥れる萌。

 私の性格はどちらかと言えば史緒に近く(と言ってもお嬢様育ちではまるでナイ)萌の性格にはおぞましささえ感じる。
 しかし、おぞましく思う一方で、あのたくましさに羨望をも禁じえない。

 史緒が、単なる気位の高いお嬢様から脱皮して真正のプライドを構築しうるのか、それとも萌の図太さの前に敗れ去るのか、先が非常に興味深い。


 ただし。
 読み続けるに当たって、その興味を殺いでしまうことがある。

 執筆を開始するに当たって、著者はオペラについて勉強したのだろうか、と疑わざるを得ない所が頻繁に出てくるのだ。

 アリアの名前を間違えているぐらいなら、まあいいかと許せないでもなかった。
 が、メゾソプラノの史緒に『ノルマ』の「カスタ・ディーバ」(作中では間違えて「コスタ・ディーバ」になっている)は無理である。一流のソプラノ歌手でさえキーを下げて歌う例が珍しくないという、非常な高音を要する曲なのだ。
 『トラヴィアータ』のヴィオレッタもまたしかり。オペラを多少なりと聞いている人なら、メゾのヴィオレッタなどごめんこうむるだろう。

 仮に、今後のストーリーで史緒がソプラノに転向する、という展開を予定しての伏線であったとしても、だ。
 プラシド・ドミンゴ(3大テノールの一人。若い頃に、バリトンからテノールへ転向した)の歌う『連隊の娘』や『清教徒』なんて、聞きたくないからねえ。

 私はオペラが好きだが、きわめてミーハーに聴いているだけで、専門知識などまるでない。
 しかし、その私にして「おいおい、そりゃないだろう」と言いたくなる箇所が多すぎる。

 いかに主題が「プライド」であって「主人公達のオペラ修行」ではないといっても、もう少し何とかして欲しいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/14 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/11 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/18 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/26 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/03 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/05 12:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/12 15:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。