サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 物語・おはなしの通販
  5. 偕成社の通販
  6. 安房直子コレクション 4 まよいこんだ異界の話の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 一般
  • 発行年月:2004.4
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:22cm/321p
  • 利用対象:小学生 一般
  • ISBN:4-03-540940-5

紙の本

安房直子コレクション 4 まよいこんだ異界の話

著者 安房 直子 (作),北見 葉胡 (画)

「ハンカチの上の花畑」「丘の上の小さな家」など、ひょんなことから異界に招かれ、そこで、大切なものを得て帰ってくる主人公たちを描いた作品4編と、作品理解の助けになる単行本未...

もっと見る

安房直子コレクション 4 まよいこんだ異界の話

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

安房直子コレクション 7巻セット

  • 税込価格:15,400140pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ハンカチの上の花畑」「丘の上の小さな家」など、ひょんなことから異界に招かれ、そこで、大切なものを得て帰ってくる主人公たちを描いた作品4編と、作品理解の助けになる単行本未収録のエッセイを巻末に収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ハンカチの上の花畑 9-116
ライラック通りの帽子屋 117-154
丘の上の小さな家 155-214

著者紹介

安房 直子

略歴
〈安房直子〉1943〜93年。日本女子大学国文科卒業。山室静に師事。『目白児童文学』『海賊』を中心に、かずかずの美しい物語を発表。作品に「さんしょっ子」「花豆の煮えるまで」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

不思議で、スリリングな四つのファンタジー

2004/06/05 21:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

この世界とは別の世界に行った主人公の冒険、不思議な体験を描いた話が収められています。中編くらいの長さの話が四つ。
異世界に出かけた人たちが、こちらの世界に戻ってくることが出来るだろうか?
そこにスリルを感じたり、恐い気持ちに駆られてぞくぞくしながら読んでいきました。

郵便屋さんが、美味しいお酒を造るつぼの中の小人たちと出会う話——「ハンカチの上の花畑」。
帽子屋さんが、不思議なトルコ帽の注文を受けるところから始まる——「ライラック通りの帽子屋」。
少女のかなちゃんが、美しい模様のレース編みを教わりに、黒い森のレース学院に行く——「丘の上の小さな家」。
倒産してしまった洋服店の少年のさちおのところに、片目の大きな黒猫がやってくる——「三日月村の黒猫」。

この第4巻のタイトルにあるように、どの作品も「まよいこんだ異界の話」に出かけていった人たちの不思議で、ちょっと恐いような体験が描かれています。身近な場所に穴があって、ふと気がついたらその中を下へ下へと、それとも上へ上へとかな? 落っこちていたみたいな体験を、作中人物たちがしていくんですね。ひどく危険な目に遭う波瀾万丈の冒険とかいったことはないんだけれど、こことは違う別の世界で過ごす誘惑とある危うさのようなものが作品に封じ込められている、そんな気がしました。

どの作品も、私はとても面白く一気に読んでしまいました。この中では分量的に短い「ライラック通りの帽子屋」はやや面白さが落ちるかなと思いますけど、その他の三つの作品は甲乙付けがたい出来映えでした。なかでも、「ハンカチの上の花畑」は、話の中に引っ張り込まれるような面白さと、ぞくぞくするような恐さがあって印象に残ります。

巻末に収められたいくつかの安房直子さんのエッセイは、作品を読んでいった後で読むと、一層親しみ深く心に響いてきます。そのエッセイの文章のに、こんな言葉がありました。安房さんの創作の秘密を垣間見たような気持ちになりました。ちょっと長くなりますが、その箇所を引用させていただきます。

>
                             エッセイ「家の中の仕事」より

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ライラック通りの帽子屋

2019/10/13 19:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハンカチの上の花畑
ライラック通りの帽子屋
丘の上の小さな家
三日月村の黒猫
昔おぼえた詩
私のアンデルセン童話集
小人との出会い
小人と私
「ライラック通りの帽子屋」のこと
童話と家事と
家の中の仕事

行ってみたいけれども、怖くもある異界。ライラック通りの帽子屋 が好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/29 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/04 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/23 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/07 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/21 15:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/13 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/12 01:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。