サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

迷宮百年の睡魔
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.3
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:18cm/374p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-344-00917-7
新書

紙の本

迷宮百年の睡魔 (Gentosha novels 百年シリーズ)

著者 森 博嗣 (著)

一夜にして森が消え、周囲が海になってしまった伝説の島イル・サン・ジャック。ミチルとロイディがこの島の宮殿を訪れた夜、曼陀羅の中で僧侶の首なし死体が見つかる。誰が頭を持ち去...

もっと見る

迷宮百年の睡魔 (Gentosha novels 百年シリーズ)

税込 1,028 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一夜にして森が消え、周囲が海になってしまった伝説の島イル・サン・ジャック。ミチルとロイディがこの島の宮殿を訪れた夜、曼陀羅の中で僧侶の首なし死体が見つかる。誰が頭を持ち去ったのか。03年新潮社刊のノヴェルズ版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森 博嗣

略歴
〈森博嗣〉1957年愛知県生まれ。現在、某国立大学の工学部助教授にしてミステリィ作家。第1回メフィスト賞受賞作「すべてがFになる」でデビュー。著書に「そして二人だけになった」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

犀川→四季→百年密室→次はこれ!!

2016/02/03 20:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さち - この投稿者のレビュー一覧を見る

森博嗣氏著、女王の百年密室、の続きです。
が、これまでの犀川シリーズとそれに続く四季・春・夏・秋・冬、を読んできた読者の方々は必読の書なのです!!
四季一連のシリーズで肩透かしを食った、と思った百年〜未読の読者さんもこれを読めばすべてを読み直したあげく続きを切望するループに陥るはず!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

独りだけ哲学の世界へ

2004/10/26 09:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 森が一夜にして消失し、周囲は海になった…そんな伝説を持つイル・サン・ジャックは100年間、外部との接触を一切拒絶した島だった。ジャーナリストのミチルと同行者ロイディは、この地を統治する女王のいる宮殿モン・ロゼを訪れた。その晩、砂で描かれた曼荼羅の中央、密室状況で僧侶の首なし死体が発見される…。
 これは2作目だったんですね。1作目読んでなかったのでアキラやデボウが誰か解りませんでした。何となく推察できましたが。ミチルとロイディの会話が良い感じでした。二人はすごい仲良しで、かけがえのない存在なのだと感じました。
 話は密室殺人のような話なのかと思いきや、何だか違うみたいで…。トリック?がよく解らなかったです。殺人に加担させて、彼らは何とも思わなかったのでしょうか。とても大切な人に、そんなことをさせて…自分が良ければそれで良かったと? 動機も微妙でした。解らなくはないけど…そうなのかなぁ…と。女王に関しても、やっぱ違う、と感じました。これは百年も外部との接触が無かった結果、人々が変わってしまったということなのでしょうか…。だったらアリかな。ミステリというよりミステリーか…
 自分の体を操っているのは自分だとは言えるかもしれないが、それが自分の中にあるとは必ずしもいえないと思う。今見ている世界だって、全て主観的なものだし、現実には存在していないのかもしれない。触発されてそう思いました…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何かずっこけ。

2004/07/29 20:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

SMシリーズはかなり興奮して読んだもの。Vシリーズで、んん?? 春夏秋冬はへっくんの秘密一発だけ。このシリーズに至ってはっきり面白くない。テーマに心動かされない上、トリック等、言い訳がましく感じる。人間と命のパズル? なんかげんなりな読後感。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/28 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/19 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/11 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/15 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/11 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/10 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/26 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/15 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/07 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/22 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/10 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/12 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。