サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神を喰らう狼(講談社X文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2004.4
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社X文庫
  • サイズ:15cm/250p
  • ISBN:978-4-06-255727-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

神を喰らう狼 (講談社X文庫 White heart)

著者 榎田 尤利 (著)

神を喰らう狼 (講談社X文庫 White heart)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

伝説上の狼、その名は“フェンリル”。

2004/05/26 14:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:purple28 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 榎田尤利といえば、“魚住くんシリーズ”。ボーイズラブしか読んだことがなかった私にとって初めてのファンタジー。やっぱりタイトルが心を掴む。
 神を喰らう狼。
 とてもとても大きくて、神をひとのみにしてしまう狼。
 しかし表紙に描かれているのは、キレイな少年。

 そそられる。

 あなたは自分の命に代えても守りたい人がいますか−。
 そう尋ねられて、子供がいたならきっと「いる」と答えられる。
 でも、多分今は「分からない」としか言えない。
 そんな自分が不甲斐ない。

 美しい海に囲まれて育ったボーイにとって、フェンがすべてだった。文字通り、フェンはボーイのすべて。けれど、そんな幸せなときはすぐに終わりを告げる。

 神を喰らう狼とは、伝説上の生き物。高い塀に囲まれて過ごしていたボーイは、フェンから聞かされ、外には大きな狼がいると思い込んでしまう。
 けれど、外には狼なんていなかった。どこまでも続く海は、想像以上に美しかった。そして、そこで初めて出会った、“外界”の人・リトル。彼女の存在が、やがてボーイを変えてく。
 リトルがボーイを変えるのではなく、きっと、ボーイは遅かれ早かれ、変わる運命にあったのだと思う。運命という言葉を簡単に使いたくはないのだけれど、この場合、これは紛れもない“運命”にほかならない。

 ボーイは、フェンだけのためにうまれてきたのだから。
 そしてフェンは、どこまでも優しい人だったから。

 悲劇的な運命を背負う人たちは、どうしてこんなに優しいのだろう。そんなに優しい人なのだから、もういいではないか、それ以上苦しめなくても…。
 しかし神は、さらなる試練を彼らに与える。
 そして、新たな神話がここに生まれた。

 神を喰らう狼。その名は“フェンリル”。


紫微の乱読部屋

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

箱庭の子供

2004/09/27 22:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あづさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初、タイトルを見て惹かれるものを感じた。
ただ、このタイトルの元となるものに気づかなかった。
北欧神話に登場する狼。
ロキ神と巨人の間にできた3兄弟の長子。
そんなタイトルがつけられたこの作品。

主人公は、ボーイ。
箱庭の子供。
彼の世界には3人の人間が存在する。
身の回りの世話をする女性、誰よりも大切な人、ときどき訪れるお客さん。
しかし、箱庭は開かれ、少年は世界を知り、真実を知る。
そして、自分を知る。
読者もまた、少年とともに少年の世界を知っていく。

幸せな少年の真実。
少年の最愛の人が、抱え込んでいた真実。
語られない想い。

彼らが直面する問題は、永遠に我々の前に訪れないものではない。
“いのち”のこと、“人間”のことを考えさせられる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/08 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/22 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/28 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/30 16:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/27 09:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/18 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/01 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る