サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

百万の手(ミステリ・フロンティア)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 54件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

百万の手 (ミステリ・フロンティア)

著者 畠中 恵 (著)

燃えさかる家に飛び込み焼死した親友。携帯電話を通して連絡してくる彼の魂と、二人三脚での放火犯探しが行き着く恐るべき真相! ファンタスティック・ミステリ。【「TRC MAR...

もっと見る

百万の手 (ミステリ・フロンティア)

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

百万の手

1,296 (税込)

百万の手

ポイント :12pt / 紙の本より540おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

燃えさかる家に飛び込み焼死した親友。携帯電話を通して連絡してくる彼の魂と、二人三脚での放火犯探しが行き着く恐るべき真相! ファンタスティック・ミステリ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

畠中 恵

略歴
〈畠中恵〉1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学卒業。漫画家のアシスタント、書店員などを経て漫画家としてデビュー。2001年「しゃばけ」で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー54件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

ビジュアルに展開

2004/06/20 22:34

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:luke - この投稿者のレビュー一覧を見る

畠中恵「百万の手」です。この手の話、大好きです。異常に子離れの出来ない母親を持つ主人公は中学生で母子家庭だ。親友の家が火事になった。火事の現場に駆けつけ親友と出会うも、制止を振り切って親友は燃えさかる家へ両親を助けようと飛び込んだ。火の勢いは増し家は崩れ落ちた。一家3人は亡くなった。主人公の手元に残された親友の携帯電話。その携帯電話が鳴り亡くなった親友が放火犯を捕まえようと呼びかけてきた。そして、犯人探しは始まったのだ。

 人工授精、受精卵、DNA、クーロン…と底に流れるテーマは重い。主人公を取り巻く人々、母親を筆頭に、その母親の再婚相手はホストクラブのオーナーだったり、とこれまた楽しい。所謂、青春推理小説とも言うべき洒落た会話にユーモア溢れる展開ながら連続殺人を匂わせる犯罪が重量感を感じさせる。スリルにサスペンス、息もつかせない展開、謎が謎を呼び一向に見えてこない真相、引き込まれますよ。「だけども、ぼくらは生きて行く」散りばめられた作者のメッセージが嬉しい。そして、何よりラストで全てが救われ、心安らかに本を閉じる事が出来ます。こうじゃなくちゃねっ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリーってこと忘れてたよ!

2004/05/09 22:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:violin - この投稿者のレビュー一覧を見る


 主人公は14歳の男の子。
   放火で焼死した親友。その彼の携帯電話に 宿ったかのように画面に現れ
   話しかけてくる彼。主人公 夏貴は、その彼と(携帯と)一緒に真相を
   探りはじめるという内容だ。

   「しゃばけ」の作者の現代物である。
    やっぱり ファンタジーだったんだ と、思ってしまった。
    夏貴と彼と事件の中心かと思われた女の子まじえ、3人で真相を…?
    主人公と 母親との関係…う〜ん…YA物語だったのか?
    (これも 伏線だったとはあとで また う〜ん…だったが…) 
    
   と、思いながら読んでいるうちに いつのまにか話しに引き込まれ、
   「これってミステリーだったんだ!忘れてた!!」
   という展開になる。
   内容が ありそうで なさそうな話。重く書くと とてつもなく重く
   なりそうな内容であるが、なんとなくそれなりにホッとする結末。

   主人公いい子すぎ とか 前半と後半とで随分違うようなとか
   「百万の手」というタイトルが とてもわかるような でもちょっと
   わからないような とか いろいろ考えてしまうところもあるけれど。

   けれども作者コメントの 『心地良き時間』を過ごせた。
   読んだぁ…なんとなくいいよね。他の人にも読んでもらいたい。
   と、素直に思えるこの感覚を大切にしたい。
   そしてそんな本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どきどきはらはら。

2004/06/04 15:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みとさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

火事で亡くなった友達の声が携帯から流れてきて、火事の真相を探ることに…どんなお話なのかなぁ、と読み始めたのですが、驚きの展開にびっくりでした。
ええっ! まさかあの火事がこんな事件に繫がっていたなんて…! という感じです。

主人公の男の子と、それを取り巻く周りのちょっと複雑な人間達のやり取りも面白かったです。

ちょっと突拍子もない展開などもあって、ミステリーとしては「?」という感じもしましたが、どきどきはらはらしながら楽しく読みました。

でも、中学生目線なだけあって、中・高校生時代に初めて読んだらすごく感動できたかも。それがちょっと残念です。
学生さんはぜひ読んでみてください♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者コメント

2004/04/21 09:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:畠中恵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 子供の頃初めて読んだ推理ものは、江戸川乱歩の少年探偵団シリーズでした。明智探偵や小林少年が怪人二十面相と対決し、鮮やかに事件を解決していくお話が好きで、わくわくしながら読み進みました。

 本を読んでいる間って、干した布団の上で、冷たいジンジャーエールを飲みながら寝そべっているような感じがしませんか。(好みによっては、よく冷えたビールかも)気持ちよくって、それでいて時々ひやっとした気分もあって。勿論本によっては怖い瞬間かもしれないし、涙と共に過ごす一時間かもしれません。でも心地良き時間です。

 自分の書いた初めての現代物『百万の手』が、誰かにとって、そんな時間を提供するものだったらなと願っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/07 23:33

投稿元:ブクログ

 親友の家が火事に遭い、親友は死んだ。
 ところが、その親友の携帯電話から、死んだはずの彼の声が聞こえてきた。
 とまどいながらも、親友の言葉に耳を傾ける。彼はこういう。
「どう考えてもおかしいんだよ」
 その一言から、物語が始まる。

 面白かった。けれど、なんだろう、扱うテーマが大きいのに、どこか二時間ドラマのような展開が、すっきりとしない。
 登場人物達の行動も、なにかちぐはぐに思えたし、文章も稚拙では無いのだけれど、物足りない。
 なるほど新人作家の「ミステリフロンティア」なのだなあ、と実感。

 それでも面白くはありました。
 二時間ドラマのような展開、というのも良く捉えれば、わかりやすく、飽きさせない良いテンポですし。
 一つ生に対する投げかけと、一つ家族が再生していく物語で、読後感もさわやかです。人一杯死んでますが。

 複雑に絡まったコードを解いてみる、そんなミステリならではの面白さも、十分ありました。
 しかし、一番魅力的なキャラクタが主人公ではなく義父というのも不思議な感じ。

2004/11/28 11:14

投稿元:ブクログ

読み始めたときには これほど大きなテーマが隠されているとは思いもしなかった。このテーマについて それほど深く掘り下げられているわけではないが 可能性の種を手にした時の人間の心の有り様は 理解できないものではないので、もしかすると現実に在ってもおかしくはないことなのかもしれない、とさえ思われてくる。軽々には論じられないテーマである。

そんな重いテーマとは別に 夏貴と正哉の信頼関係には胸があたためられる。中学生だからこその信頼関係と言えるかもしれない。
そして 夏貴にとっては突然現われた感の否めない 母の婚約者 東の存在が この物語を大きく救っているのだと思う。

2005/02/06 10:35

投稿元:ブクログ

序盤のファンタジー(ホラーとも言えるかな?)な展開と中盤以降のSF的な展開の乖離具合が気になるところなんだけど、物語に感情移入しているとあまり気にならない。いろんなエピソードを詰め込んでいるので、いっぱいいっぱいな印象もあるけどそれ以上に物語として魅力的なので問題なし。
ミステリ的にはちょっと弱いところだけど、サスペンスフルな展開と次第につながっていく父と子の絆がすばらしい。

2006/04/13 01:06

投稿元:ブクログ

昔の日本を舞台にしたファンタジーを描く作家さんの、珍しい現代物。犯人を追うストーリーではあるけれど、ミステリーと言っていいのか悩むところです。議論の難しい医療倫理を取り上げているのに、生々しくならずに爽やかなのはファンタジーの要素も含まれているからでしょうか。正直色々と不自然なところはあったのですが、主人公と「おっさん」の関係の変化の方が面白くて気になりませんでした。皆色々なエゴを抱えて生きていく。それは時に幽霊のようになってしまうのかもしれません。でも人との繋がりを作っていくのも人間のエゴなんですね。

2007/12/03 19:56

投稿元:ブクログ

★…3.5くらい。中途半端というか、消化不良のように感じてしまう部分があります…風呂敷がちゃんと畳みきれてない感。でも、一気に読めました。求む、続編。スッキリしたいー。

2006/07/22 17:28

投稿元:ブクログ

・なかなかに面白かった。中学生だけでどう話を進めるかと想ったが、養父を味方につけるということろが巧いと想う。(実は養父がなんかやらかすんじゃないかと最後まで疑って居たんだけど・笑)・オチは、ミステリーだと想わなければまあまあかな、と。携帯電話というモチーフが良かっただけに、ちょっと弱い感じもします。でも長いわりにするする読めました。

2010/04/25 13:50

投稿元:ブクログ

ストーリーはそこそこ面白いが、ありえない設定を二つ重ねたことでリアリティを損ね、「あるかもしれない」という説得力を欠いてしまった。
作者がそれに気づいたのか、或いは不必要だと思い直したのか途中で軌道修正。携帯電話に乗り移った友人の幽霊は消えてしまった。
登場人物の出し方が中途半端。人間関係も半端。
「しゃばけ」以外では割と面白いネタだっただけに残念。

2006/09/19 06:27

投稿元:ブクログ

 主人公の夏貴はとても仲のよかった親友の正哉を火事でなくしてしまう。しかし、死んだはずの正哉が携帯に現れ、不審火の真相を調べてほしいと夏貴に頼む。2人で調べていくうちに意外な事実を知ることに。そして、夏貴は何者かに狙われだす。夏貴は母の婚約者の東と事件の真相に迫っていく。

 最初てっきり東さんは結婚詐欺師か何かだと思っていたので、話が全然違う方向に進んでいくし意外といい人だったのでちょっと驚きました。なんかちょっと強引に話を進めているような気がしなくもなかったのが残念です。夏貴は問題なく生きていって欲しいと思いました。いろいろと考えさせられた話でした。

2008/03/20 20:00

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
音村夏貴は時々過呼吸の発作に見舞われる中学生。親友正哉の家が火事になり、彼が焼死した。両親を助けようと夏貴の目の前で燃えさかる火のなかに飛び込んでいったのだ。不審火だった。嘆き悲しむ夏貴の耳に親友の声が聞こえてきた。彼の遺した携帯から。そして画面には死んだはずの彼の顔が…。不審火の真相を調べてほしいと彼は言う。家のなかに火の気はなかったし、消火活動も終盤に近づいて、なお激しく燃え上がった不可解な火事だった。放火なのか?なぜ正哉と彼の両親は死ななければならなかったのか?携帯から語りかける友人との二人三脚で、夏貴が探り出した驚愕の真相は…?畠中恵、初の現代小説。ファンタスティック・ミステリ。

2006/05/16 21:58

投稿元:ブクログ

母の勧めで読んでみた。時代小説が人情味にあふれ、大変読み応えある作者との話だったが本作は現代物のミステリー。
これもテンポよく話がすすみ、大変読みやすい。
親友を不審な火事で失った少年が火事の真相を探るうち、だんだん凄い真相に迫っていく・・・という話。
突然現れた母の再婚相手と中学生の少年が信頼関係を築く過程がよくわからず。ていうか・・・義父、外見に反してめちゃイイ奴だけど、なんでこんなにイイ奴なんだろう。こんなに金持ちかつイイ奴が、最初完全にダメダメキャラだった主人公母となぜ結婚するのか。謎である。
一応出会いとかきっかけ語られてるけど、納得いくような行かないような・・・

2007/01/21 12:29

投稿元:ブクログ

無理に二つの話をくっつけたような感は否めませんでした。
親友が唐突に消えすぎというか、置いてけぼりにされた感が。
いっそ二つの中篇にしてしまえばよかったのに。
東さんはかなり男前で素敵でした。

ファンタジー ランキング

ファンタジーのランキングをご紹介します一覧を見る