サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. スポーツ
  4. キャッチボール Ichiro meets you イチローに糸井重里が聞く

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

キャッチボール Ichiro meets you イチローに糸井重里が聞く
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.4
  • 出版社: ぴあ
  • サイズ:20cm/136p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8356-0933-6
  • 国内送料無料

紙の本

キャッチボール Ichiro meets you イチローに糸井重里が聞く

著者 イチロー (著),糸井 重里 (著監修),「キャッチボール ICHIRO meets you」製作委員会 (編著)

バットもグラブも持っていない状態で、言葉だけで、イチローが、人のこころを打ち抜いた−。イチローと糸井重里、212人のファンとの対話。BSデジタル民放5局共同特別番組の単行...

もっと見る

キャッチボール Ichiro meets you イチローに糸井重里が聞く

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バットもグラブも持っていない状態で、言葉だけで、イチローが、人のこころを打ち抜いた−。イチローと糸井重里、212人のファンとの対話。BSデジタル民放5局共同特別番組の単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

イチロー

略歴
〈イチロー〉1973年愛知県生まれ。野球選手。現在はシアトル・マリナーズで活躍。
〈糸井〉1948年群馬県生まれ。プランナー、コピー制作、作詞、ゲーム企画、エッセイなど多方面で活躍。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

静かに伝わるイチローの精神

2004/10/01 08:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宮本キミコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、またまたのってる糸井重里が、今、まさに注目の大リーガー、イチローと対談、インタビューしている『キャッチボール ICHIRO meets you イチローに糸井重里が聞く』(イチロー 著 糸井重里 著 監修「キャッチボール ICHIRO meets you」製作委員会 編著 出版 ぴあ)。

プレイヤーの進化、道具、競技環境、イヤなことをやる、ファンについてなど。なかなかうかがい知れなかったイチロー独自の言葉に学ぶことが多く、私には期待以上の本でした。一流でいることと注目されることをどう受け止めるのか。共感ばかりではないにしろ、心に響く読者も多いと思います。

下段の注釈がイチロー語録のデータベースのようになっていて、一人の選手に話を聞く、そして語るに用意された影なる力を思いました。


(この紹介文は、私のメールマガジンに書いたものをアレンジしたものです。)


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

イチロー語録が満載されています。これを片手に野球観戦もいいかもしれません。

2005/05/02 23:16

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

BSデジタルをどれくらいの人が見ているのか知りませんが、少なくとも私の家では見ることができません。でも、こんな番組を放送しているのなら見られるようにしてもいいかなあと思います。それだけ、番組の雰囲気を伝えている(だろう)本でした。
シーズン中はあまり語ることのないイチローですが、シーズンオフには結構喋っています。特にこの頃それを思うのですが、その喋るイチローがここに収められています。しかも、この手の本によくあるような生い立ちから喋るみたいなところもなく、あくまでも今とこれからを向いているイチローがここに収められているという感じです。
ひとつひとつの言葉に納得できるものがあるのですが、そうした言葉を引き出している糸井重里の司会もすぐれているのでしょう。先に刊行されている『イチロー 北野武 キャッチボール』よりも、イチローの言葉が明確になっているように思えます。
「第三者の評価を意識した生き方はしたくない。自分が納得した生き方をしたい」「人と違うことをやるっていうのが、ぼくの基本ですから」と語っているのが、特に印象的でした。月並みな言い方になってしまいますが、こういう言葉を発することができるということこそ「すごい」ことだと思います。
番組の雰囲気を収めてくれるのならば、脚注は不要でしょう。もしくは、どこかにまとめて書いておいてくれればいいのではないかと思います。せっかくイチローと糸井重里のやりとりの流れがありながら、脚注で中断されてしまうことになりました。
でも、後半の「五十一個のイチロー哲学」は当たりです。前半の対談を読んでいることが前提でしょうが、イチローの言葉を簡潔に読み返すことができます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/19 10:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/19 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/01 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/21 07:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/18 17:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/14 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/17 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/21 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/08 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/30 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/04 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/05 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/16 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

野球 ランキング

野球のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む