サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 安房直子コレクション 2 見知らぬ町ふしぎな村

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

安房直子コレクション 2 見知らぬ町ふしぎな村
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 一般
  • 発行年月:2004.4
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:22cm/338p
  • 利用対象:小学生 一般
  • ISBN:4-03-540920-0
  • 国内送料無料

紙の本

安房直子コレクション 2 見知らぬ町ふしぎな村

著者 安房 直子 (作),北見 葉胡 (画)

「魔法をかけられた舌」「うさぎ屋のひみつ」「遠い野ばらの村」など、子どものための短編を中心に15編と、作品理解の助けになる単行本未収録のエッセイを巻末に収録。【「TRC ...

もっと見る

安房直子コレクション 2 見知らぬ町ふしぎな村

2,160(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

安房直子コレクション 7巻セット

  • 税込価格:15,120140pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「魔法をかけられた舌」「うさぎ屋のひみつ」「遠い野ばらの村」など、子どものための短編を中心に15編と、作品理解の助けになる単行本未収録のエッセイを巻末に収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

魔法をかけられた舌 9-38
空にうかんだエレベーター 39-64
ひぐれのお客 65-80

著者紹介

安房 直子

略歴
〈安房直子〉1943〜93年。日本女子大学国文科卒業。山室静に師事。『目白児童文学』『海賊』を中心に、かずかずの美しい物語を発表。作品に「さんしょっ子」「花豆の煮えるまで」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

心をふっと明るくしてくれる安房直子さんの話たち

2004/06/04 19:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

書評ポータルに毎週掲げられる【特設コーナー】、2004/05/27 「読みたい!幻想文学」で紹介されていた『安房直子コレクション5 恋人たちの冒険』の書評を見て、安房直子さんの作品を読んでみたい気持ちに誘われました。7巻出ている「安房直子コレクション」から、まずこの1冊を選び、初めてその作品に触れてみました。

最初の「魔法をかけられた舌」を読むともうひとつ読んでみたくなり、次の「空にうかんだエレベーター」を読むとまた次のを読んでみたくなり……という具合に読んでいって、気がついたら一日で読んでしまいました。ちょっともったいない読み方だったかな。でも、それぞれが短いお話ですし、途中で読みさしにできなくて、さあーっと一息に読んでしまっていたのでした。

話の中に、おいしそうな料理の匂いや、海の潮風の香りが封じ込められているみたいな気がしました。心をふっと明るくしてくれる灯りが、話の中に点っているみたいなそんな感じ。話がそっと着地する読後感もよくて、読んでいる間、そして読み終えてからもしばらくは、作品のどこかなつかしい魔法に包まれているようでした。

この巻には、不思議なお店やもの言う生き物たちが出てくる話が集められていたみたい。途方に暮れたり寂しい気持ちを抱えた主人公が、話をする生き物の助けを借りて、独り立ちしていく話もいくつかありました。
人間と、たぬきやうさぎ、魚やかえるなどの生き物が話の中では全く対等に扱われていて、おんなじ魔法の空気を呼吸している話の静かな佇まい、それがとても素敵でした。

この巻には、全部で15の話が収められています。順に、「魔法をかけられた舌」「空にうかんだエレベーター」「ひぐれのお客」「ふしぎな文房具屋」「猫の結婚式」「うさぎ屋のひみつ」「青い花」「遠い野ばらの村」「秘密の発電所」「オリオン写真館」「海の館のひらめ」「ふしぎなシャベル」「海の口笛」「南の島の魔法の話」「だれにも見えないベランダ」。
なかでも気に入った話を三つだけ選んでみると、うさぎが毎月の会費と引き替えにお料理を配達する「うさぎ屋のひみつ」、ひとりぐらしの雑貨屋のおばあさんの所に思い描いていたとおりの孫娘が訪れる「遠い野ばらの村」、峠の道をゆりの花がパッパッと蛍光灯のように照らす映像が印象的な「秘密の発電所」でしょうか。そのほかにも、「空にうかんだエレベーター」とか「海の館のひらめ」とか、挙げていったらそれこそ全部っていうくらい、きりがなくなってしまうんですけれど。

本の装幀は、吉田浩美・吉田篤弘さんのクラフト・エヴィング商會のおふたり。この本を読む前に、たまたまクラフト・エヴィング商會の『ないもの、あります』を読んだところだったので、「あやっ? こりゃ、いいタイミングでまあ…」と、目からうろこが落ちるようでした。「目から落ちたうろこ」の使い方が違っていますが(笑)

なにか心がほっと安らぐような、そんなお話を読みたいなと思っている方に、今年刊行された「安房直子コレクション」のまずはどれか一冊いかがですか? と、おすすめしたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/29 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/10 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/06 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/17 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/28 05:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/25 07:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/08 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/01 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/21 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/17 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/30 09:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む