サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

こころ 改版(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 998件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.3
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/378p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-101013-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

こころ 改版 (新潮文庫)

著者 夏目 漱石 (著)

こころ 改版 (新潮文庫)

400(税込)

こころ

400 (税込)

こころ

ポイント :3pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

ジュンク堂大宮高島屋店

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「こころ 改版」が含まれるセット商品

新潮文庫の100冊 2016 109巻セット

新潮文庫の100冊 2016 109巻セット

  • 税込価格:65,070602pt
  • 発送可能日:購入できません

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー998件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

『こころ』を読む。

2008/11/16 20:01

11人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サムシングブルー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 結婚してから書斎に新潮日本文学全集63巻があります。しかし、私は手に取ることなく何十年も過ぎてしまいました。ところが茂木健一郎著『欲望する脳』のなかに夏目漱石著『こころ』が度々登場し、この小説を読んでみたくなりました。この作品『心』は大正3年4月から8月にわたって東京大阪両朝日新聞に掲載された小説です。今からおよそ一世紀前に書かれたこの作品は明治時代の歴史、文化、生活を知ることができる名作です。この小説は上『先生と私』、中『両親と私』、下『先生の遺書』の三部になっています。そして金銭と恋愛の我執(エゴ)の作品と言われています。私はこの作品を読んで人の業(ごう)を、人の無常を考えさせられました。それは明治の世でも平成の世でも変わりはありません。

「然し・・・然し君、恋は罪悪ですよ。解っていますか」と、先生は青年に言う。

 愛があれば人は勇気を持って生きられます。その愛に我執(エゴ)があらわれたとき、人は無常を感じるのではないでしょうか。愛とは自分のなかにある弱さと向き合うことです。半世紀を生きた今、私はこの小説に出合って本当によかったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

傑作

2016/04/11 16:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

やはり漱石はすごいと思った。

三角関係にある男女のはなしだが、最後のページまで必死になって読んだ。

おすすめである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

Kの自殺の意図は…

2001/06/15 00:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みやぎあや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大学生の「私」(作中では人の名前が一切出てきません)は親友の「K」が惚れている相手である下宿先の「お嬢さん」に横からプロポーズして、めでたく結婚話がまとまるのですが、しかしそのことをきっかけに人生に失望した「K」は自殺してしまいます。「私」は長年そのことに罪悪感を抱き続け、けれど妻になった「お嬢さん」に本当のことも告げないまま天皇崩御のニュースと共に自決してしまう。それらは「私」のことを先生と呼んで慕っていた学生が、遺書という形で後に知らされるものです。

 この小説は本当に様々な捉え方をする人がいて、とても純粋で昔の良き妻の象徴であるような存在の「お嬢さん」が実は一番の悪女だったに違いないとか、「先生」と学生の精神的な同性愛の話ではないのかとか色々ですが、私は初めてこの小説を読んだ時、自殺した「K」が確信犯だったんじゃないかと思ったんです。
 「K」は信頼していた「私」にお嬢さんを奪われたいわば被害者的存在ですが、私は彼が自殺したのは何かに失望したからというよりも、それが「私」への復讐になると分かっていたからじゃないかと思ったのです。「私」が彼を裏切った罪悪感に耐えられずいつか自殺すること、そこまでわかっていてそうしたのではないかと。
 首を吊って死んでいる「K」を発見した時の「私」の絶望。二度と自分は彼に謝罪する機会を失ってしまったという気持ち……。そのことを彼はとても良く知っていたのではないかと思うんです。そしてあの文章を読む限り、「K」は「私」を非情に憎んでいたとかそんな雰囲気ではなく、更に自殺の理由にしても、裏切られたことは要因の一部分でしかないように見えます。……けれど彼は自殺しました。わざわざ、親友を出し抜いた後悔と罪悪感で落ち着かない「私」が眠っている隣の部屋で。ただでさえ後ろめたく思っているのに、駄目押しのように彼の自殺に直面したら、どうしたって「私」が罪悪感にさいなまれるであろうことは分かっていたはずなのに。
 だから、そういうことだったのではないかと私は思ってしまうんです。
 親友への意趣返し。ちょっとした意地悪と言ったら軽すぎですが、まあそんな感じの置き土産。そして彼らのそうした確執については、「奥さん=お嬢さん」も薄々わかっていたのかもしれない……と思うのは考えすぎでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みごたえありです

2017/03/31 23:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いけい - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初に読んだのは、教科書でした。載っていたのは一部だったため、当時はよく分かりませんでした。
いつか全文を読みたいと思っていて、読んだ時には衝撃を受けました。
哀しく、切なく、人間的…うまく表現できませんが、心がざわざわします。
何度読んでも、なにかスッキリしなくて、でもその感覚の虜になります。
それが傑作と言われる所以なんだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

近代文学の原点

2016/12/27 00:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つよし - この投稿者のレビュー一覧を見る

中高生の時分に読んで以来、20年以上ぶりに再読して発見したのは、村上春樹につながる近現代文学の源流がここにあったということだ。友情、愛、裏切り、死、孤独。夏目漱石は実に迂遠に、周到に、読者を焦らすように、核心へと筆を進めて行く。そしてあっけないほどの幕切れが深い余韻を残す。何度も読みたい、読むべき傑作である。この物事の続きが読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漱石の傑作・一度は読むべし

2015/09/11 22:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:historian - この投稿者のレビュー一覧を見る

言わずと知れた夏目漱石の傑作のひとつ。内容についての感想やら論評やら考察やら加えても、もっと優れたのがいくらでもあるだろうからここでは述べないが、人間の本質について深く考えさせてくれるいい小説なので、青少年のうちに必ず一度読んでおくべきだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

他人の心

2004/04/04 17:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:明けの明星 - この投稿者のレビュー一覧を見る

他人の心は見えないし、わからない。逆にいえば、自分の心も他人には見えていない。心と心の間には決定的な断絶がある。その断絶は言葉によって埋められるかもしれない。だが言葉はつねに従順ではないし、何よりも言葉そのものが不完全だ。
最後までこの小説を読み終わった読者も、「先生」の遺書によって、「私(先生)」の心はわかるかもしれないが、「K」や「御嬢さん」の心まではわかっていない。「先生」の記述によって推測することができるだけだ。
先生はKの言った「覚悟」という言葉を勘違いして結果的にKを裏切ってしまう。エゴだけが問題なのではなく、心の不可視性も問題なのだ。……
「K」は『行人』のKかな?先生の遺書を読んでもわかるように、漱石は徹底して物事を考える。それはまさに哲学者的とも言える態度だ。これはすごすぎる作品なのでぜひ読んでほしい。
僕が上の文章を書いたときには『行人』を読んでいなかった。『行人』が何について書かれてあるかも知らなかった。僕は自分で「他人の心は見えない」ことを発見して書いた。それはラッセルの『哲学入門』のなかの「他人の心」について書かれた部分が頭に浮かんだからだ。……それから『行人』を読んで、妙な暗号だな、と思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

構成も、文章表現もさすがだなあと思う。

2002/07/15 14:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうきっく - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校の教科書に載っていたり、予備校の模試に問題になっていたりと、高校生にお馴染みの1冊でしょう。もちろん、周りで読んでいる人も多かった。でも、私は買わなかった。買おうと思っているうちに、忘却のかなたにあったのだが…。

まあ、早く読んでいればよかったなあと思います。教科書は、いきなりクライマックスの部分を教えてくれたわけですからね。先生の手紙の中の、重要なところを…。

登場人物の謎めいた行動とか、人生についてだとか、イロイロ考えさせられる部分もあったし、文章に隠された心理描写もかなりうまいと思う。やや肩こりの文章だけれども、その硬さが時には合う。じっくり読めるし、表現の裏読みも楽しいでしょう。学校の国語の授業みたいにじっくり分析したら、きっと楽しいだろうから…。

不思議な話だけれども、なぜか引き込まれてしまって、圧倒される1冊でした。読んでない人はお早めに!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さらり

2017/06/23 15:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポージー - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて夏目漱石を読んだ。文章がしつこくなくてさらりと読めました。そりゃ流行作家にもなるだろうという感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こころ

2016/10/25 09:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のん - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校の教科書に掲載されている最後の部分だけ読んだことがあるという人も多いでしょうが、ぜひ最初から最後まで読んでほしい作品です。「恋は罪悪ですよ」...何度読んでも、まさに「こころ」に刺さります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よい

2015/12/30 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なちこび - この投稿者のレビュー一覧を見る

教科書にも載っている「こころ」ですが、ルビも多すぎず、少なすぎずで読みやすいです。また後ろにある注釈もわかりやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本当の愛を考えさせられる本。

2001/07/21 12:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りーこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高校の教科書で一部を読んで、その日のうちにすぐに買いに行った、思い出のある本です。
 話し手の“先生”(主人公の学生が勝手に先生と呼んでいる)が、今の奥さんと結婚する為に、自分がどんなにひどい事を親友”K”にしたかを、語っていくストーリーです。
 いつの時代にも恋愛問題でもめることはあっても、過ぎたこととして忘れていくことが多い中、“K”の自殺によって“先生”は、何十年たった今でも悔いており、懺悔し続けているのです。奥さんを、罪と共に愛し続ける苦悩が、ひしひしと伝わってきて、本当はどうすれば良かったのか、親友とは、本当の愛とは何だろうと、とても考えさせられる一冊です。何度読んでも考えされられる名作だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心は口以上に雄弁である

2000/09/10 02:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読ん太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 恋心、猜疑心、虚栄心、平常心、心寂しい、心苦しい、心踊る…。心とは、高熱を発したかと思えば氷のように冷たくなってみたり、カメレオンのように色が変化してみたり……まるでバケモノだ。そして、人はすべてこのバケモノを有することとなる。
 漱石の『こころ』は、我が身に宿るバケモノに命を奪われた、あるいは、このバケモノに戦いを挑み勝利したとも言える「先生」のお話。
 人はこのはかない現世に生きた証を、美しさも醜さもすべて残して逝きたいと思うものらしい。これが本心。
主人公「先生」は、自分の(醜い)過去について綴った長文の手紙について、他の人の参考にして欲しいと言う。ただ、妻が生きている間は公にすることはならないと言う。これは、妻に対する親切心、と同時に虚栄心。
 心を打たれる1冊であった。

最後に一言。
漱石の作品は海外にも数多く紹介されているようだが、本書を多くの外国人が「ホモ小説」と扱っている、という内容のことを耳にしたことがある。悲しい気持ちがしたが、日本人であり、漱石の「こころ」を解する自分に満足感も持つこともできた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何十年ぶりの再読でやっと目が開きました。

2017/01/25 01:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

読書の秋という新聞記事の特集で、知っている、読んだことが
ある作品の第一位はこころでした。それも大差です。
60%くらいの人が何らかの形で目にしています。
国語の授業で習った人も多いでしょう。いまでも学校で教えて
いるのでしょうか。
大半の人が読んでいる作品なので、ネタバレを気にせず思った
ことをどんどん書こうと思います。

こころは名作とよばれ、多くの人が関心を払う作品でありながら、
実のところ苦手意識がありました。
最初に読んだとき、一番引っかかったのはKの死です。
それに続く先生の死もしっくりこなかったように思います。
逆にそれしか頭に残っていませんでした。

死は衝撃のある物語要素で、どんな小説でも死を取り込めば
迫力を生み出します。だからお涙頂戴系の作品もたくさんある
のです。
ところが、こころが扱った死は、わたしにはよく分からなかった
のです。死の余韻にひたらず、感傷的に引っ張ることもせず、
物語は唐突におしまいになるのです。
高校生の頃のわたしは、きっとそんな風に感じたことでしょう。
だから、この作品はいったいなんなのかで終わった気がします。

再読して感想が変わりました。
「明暗」を読んだとき、漱石のこだわりを解説で知ったことが
大きいと思います。
こころは晩年の作品なので、明暗と通じるものがあります。
登場人物が少ないぶん、こちらの方が理解しやすいです。

人間が人間らしくあろうとすると、利己的になっていくという
こと。これが漱石の描く世界観のひとつにあると思います。
人間の小ささにさいなまれる姿を描いていることが、百年
たっても読まれる原動力ではないでしょうか。

人間の心なんて、かくも小さく、自己中心的で、情けないもの
なのです。マズローの欲求段階でいう低次元の状態です。
きれいごとで収めようとしながら、結局は低次元の心に振り
回されて苦悩し、耐えられなくなって死を選んでしまうという、
ぐるぐると煩悶する心が描かれています。
しかしそれこそが人間の本質かもしれないと思うと、この作品の
理解が進む気になります。

実際のところ、高次のことも低次のことも、全部ひっくるめて
一人の人間ですし、ひとつの心であると思うのです。
恰好つけてきれいなところだけ発揮しようとしても、天秤が
はねるみたいに薄汚れた利己がほとばしるのです。
でも、それこそが心なのではないでしょうか。

Kと先生が死という最終手段に訴えるほど守りたかった心。
Kはお嬢さんに心を奪われ、自己矛盾に陥った低次の心を
否定しようとしたのでしょうか。先生の取った行動で、Kは
追い詰められたのでしょうか。
結局、他人の心を分かることはできないし、自分のものさしで
想像するしかないのです。

Kも先生も、自分の低次元さを許せなくなり、自ら崩壊したと
わたしは読みました。自分のより所は自分しかないのに、
その自分が信じられなくなった時に人間はどうなるのか。
そんな頭でっかちの世界が妙に印象深く、まわりくどい
この小説の大きな影となって潜んでいるのです。
そして、それこそが読み継がれる理由のように思います。

名作だからというだけで、本をあまり読んでいない人に
読ませてもどうだろうと、再読して思いを新たにしました。
文体もやや古いので、本を読みなれていないと、うまく伝わら
ないように思います。
何はともあれ、久しぶりで読むのにいい作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

精巧な心理描写

2015/02/01 12:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まりも - この投稿者のレビュー一覧を見る

夏目漱石の作品を初めて読んだ。1章および2章はゆったりと進んでいた印象だったが、3章に入ると、世界観がより主人公の心理に迫っていく。本のタイトル『こころ』を痛々しくも、人間味溢れる形で表現しており、圧巻だった。主人公の心理もKの心理にも共感できた。生きることと向き合うことの重さを感じながら、自分という存在の弱さに折り合いをつけることが必要なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する