サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.4
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182366-2
新書

紙の本

極限推理コロシアム (講談社ノベルス)

著者 矢野 竜王 (著)

【メフィスト賞(第30回)】夏と冬、2つの館に強制的に集められた7人の「プレイヤー」たちに「主催者」は命じる。今から起きる殺人事件の犯人を当てよ−。生命を賭けた、過酷きわ...

もっと見る

極限推理コロシアム (講談社ノベルス)

税込 902 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【メフィスト賞(第30回)】夏と冬、2つの館に強制的に集められた7人の「プレイヤー」たちに「主催者」は命じる。今から起きる殺人事件の犯人を当てよ−。生命を賭けた、過酷きわまるデス・ゲームの幕が開く! 第30回メフィスト賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

矢野 竜王

略歴
〈矢野竜王〉昭和40年東京都生まれ。早稲田大学理工学部卒業。「極限推理コロシアム」で第30回メフィスト賞を受賞しデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

舞台は2つの館。始ま...

ジュンク堂

舞台は2つの館。始まるは殺人劇。閉じ込められた各7人の参加者の助かる道は、犯人を当てる事のみ。一日一殺。間違えば全員死亡。もう一つの館に先を越されても全員死亡。過酷極まるルールの中、生き残るのは果たして誰なのか。

みんなのレビュー29件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

サバイバルとミステリの融合、万々歳!!

2004/04/11 23:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 久々に一気読みをした。生きるか死ぬか正真正銘のサバイバルゲームと、アリバイ崩し&犯人当ての本格ミステリとの見事なまでの融合。記念すべき第30回メフィスト賞に選ばれたのも頷ける。そしてもう一つ、すでに発売前にドラマ化が決定していたというのももっともなことだ。
 閉塞空間においての推理ゲームには、疑心暗鬼がつきもの。誰が怪しいのか誰が信用おけそうなのか、逃げ出したくても逃げ出せない、死にたくはないが“死”は楽そうに見える……次々と突き付けられる過酷な現実が、自分以外の存在を全否定しようとする。これに完全に囚われてしまうと、もはや破滅への一途を辿るしかない。どこで妥協するか、いや、どこまで妥協できるかの線引きが、非常に困難なのだ。
 ただでさえ疲労困憊の主人公を悩ませるのが、ある女性の存在だ。「生死に関わる状況で行動を共にする男女間には、恋愛感情が芽生えやすい」といわれる。これは、心理学や行動科学の分野で証明されていることだ。パニック映画で必ずといっていいほど恋愛シーンが描かれているように、本書の主人公も恋の気配を感じ取る。だがその場所は、サバイバルゲーム開催中のコロシアムに他ならない。気持ちに素直になるべきなのか、用心に用心を重ねるべきなのか、その葛藤もしっかりと描かれている。
 実は、読み出して少しして、トリックは朧気ながら見えてきた。だが、どうにもハッキリしない。はやる気持ちを抑えつつ読み進め、クライマックスを迎える段になってようやくスッキリした(単に私の頭の回転が鈍いだけなのだが)。ほんの少しだけ必要だったひねりが、とても気持ち良かった。「似たような内容で全く別の作品を、もっともっと読んでみたい!」 読後、真っ先に思った感想がそれである。素直に拍手を送りたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

究極の推理ゲームへようこそ

2004/06/04 21:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タカザワケンジ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリの楽しみは、作者が仕掛けた罠を見破ろうと、読者が知恵を絞ることにある。ミステリファンは、いつでも極上の謎を求めていて、奇抜な設定にも寛容になれる。
 ある朝、目覚めると、そこは見知らぬ部屋だった。殺風景な部屋の外に出ると、自分と同じように、理由がわからないまま、そこにいる6人の男女がいた。外部との通信機能は一台のパソコンだけ。しかも、そのパソコンで受け取ったメッセージは恐るべきものだった。
 これからここで殺人事件が連続して起きる。その犯人を当てるのが、このゲームに参加した「プレイヤー」に課せられた使命である。しかも、こことは別に、7人の男女が同じように「プレイヤー」として連続殺人事件の推理に挑んでいる。
 犯人は「プレイヤー」の中にいる。別の7人よりも先に犯人を当てる以外に、この場所から生きて帰る方法はない。しかも、殺されるのは自分たち。
 まさに極限状況での「推理ゲーム」である。語り手の「僕」は損保会社に勤める平凡なサラリーマン。特殊な能力もなければ、強烈なバイタリティーもない。無色透明とでも評するほかない、ありきたりなキャラクターだ。ゆえに、読者は「僕」をアバターとしてこのゲームに「参加」することになる。
 映画『CUBE』ばりの密室サスペンスであり、ベストセラーとなった『バトル・ロワイヤル』や、貴志祐介の『クリムゾンの迷宮』のような、限定された状況でのサスペンスを思い起こす向きもあるだろう。テンポの良さと展開の早さは小気味よく、ムダが一切省かれた文体も、いかにも推理ゲームにふさわしい。人間ドラマのコクや深みを求める向きには物足りなさが残るかも知れないが、ミステリの持つ、ゲーム性に着目し、読者をいかに驚かせるかに目的を絞り、そのミッションを見事に達成している。作中、「主催者」が「極上の推理ゲーム」と自画自賛するが、その言葉に偽りはない。
 森博嗣、新堂冬樹、舞城王太郎ら、ユニークな個性の人気作家たちを輩出しているメフィスト賞受賞作。ミステリというジャンルを軽々と超えるような異色のエンターテインメント作品を大胆にピックアップすることで定評ある賞だが、今回もまた新鮮な驚きがある。ミステリという、ある意味で特殊な状況を可能にするジャンルだからこそできることをやる──。エンターテインメントとしてのミステリの新しいかたちを示す野心作でありながら、その語り口が淡々としているところに新鮮さを感じる。次作が待ち遠しい新人がまた1人登場した。(タカザワケンジ/bk1エディター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/04 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/07 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/13 14:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/30 01:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/29 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/17 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/02 04:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/29 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/13 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/11 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/28 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/14 18:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/17 12:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。