サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エラゴン 遺志を継ぐ者
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 81件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2004.4
  • 出版社: ソニー・マガジンズ
  • サイズ:22cm/645p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-7897-2230-9
  • フィルムコート不可

紙の本

エラゴン 遺志を継ぐ者 (ドラゴンライダー)

著者 クリストファー・パオリーニ (著),大嶌 双恵 (訳)

運命を信じなさい。わたしがおまえを選んだのだよ。ドラゴンに選ばれし者、この運命はいつか伝説となる-。銀色に輝く手、エルフやドワーフ、古い言葉の魔力と、邪悪な野望にとりつか...

もっと見る

エラゴン 遺志を継ぐ者 (ドラゴンライダー)

税込 2,052 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

運命を信じなさい。わたしがおまえを選んだのだよ。ドラゴンに選ばれし者、この運命はいつか伝説となる-。銀色に輝く手、エルフやドワーフ、古い言葉の魔力と、邪悪な野望にとりつかれた王…。本格ファンタジー第1弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

クリストファー・パオリーニ

略歴
〈クリストファー・パオリーニ〉1984年生まれ。モンタナ州在住。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー81件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

22cm、でもまだ続く。それなのに、読んだ後には続きが読みたいと思わせる

2007/07/26 00:10

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ざわ・・・ぶろぐ - この投稿者のレビュー一覧を見る

645ページにも及ぶ長編ファンタジー『エラゴン』。

 以前、友人に誘われて原作を読まずに映画を観に行ったので、内容はなんとなく把握していた。私はファンタジーにはあまり関心を惹かれず、ハリーポッターやロードオブザリングも映画館に行くものの、固有名詞の多さに惑わされて気がついたら舟を漕いでいるような性質だと理解したので、以来ファンタジーを読もうという気にはならなかったのだけれど、『エラゴン』は友人がしつこく(熱心に)勧めるのでしぶしぶ読んでみた。

 著者のクリストファー・パオリーニさんは1984年生まれ。高校卒業後、15歳から『エラゴン』の執筆に取り掛かり、2年がかりで書き上げたとか。それでもその時17歳。確か綿矢りささんや金原ひとみさんも同じ世代だったかと思うけれど、彼女らの作品を読んだ時以上に驚いた。これで17歳?!と。よく練られていて、単純に、すごいなぁと感じずにはいられない。

 世界の設定、キャラクター――特にサフィラ(ドラゴン)――の魅力、情景描写と文のテンポのバランス、など一度(ひとたび)読み出すと、物語の世界に入っていきやすいような気がした。親しみやすいというか、物語の世界への垣根が高くないような印象。『エラゴン』は『ドラゴンライダーシリーズ』3部作の第1作らしく、続刊の『エルデスト』も是非読んでみたいところ。

 他のレビューなどで何度か「本格派ファンタジー」「指輪物語、ハリポタ、スターウォーズを凌ぐ」というような趣旨の記述を見かけましたが、私は所謂「本格派ファンタジー」を、主に固有名詞の多さから、敬遠してきたのですが、これを機会に所謂「本格派ファンタジー」も読んでみようかな、という気になりました。少しだけ。やはり長いので。

 本は厚いけれど、字も大きく、読みやすくテンポの良い文体なので、読後の充実感(笑)と、続編への興味を残す、一石二鳥な1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

“この分厚さは何だ?一体何日かかるんだ?”と思わせる本の厚み。しかし、読み始めたら解ります。直ぐに物語の世界へハマります。

2005/03/05 05:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Mr.Nori - この投稿者のレビュー一覧を見る

世に様々のファンタジーが有れど、このエラゴン程に一巻の中身が充実した小説が有っただろうか?
主人公の少年エラゴンと伝説のドラゴンが共に成長して行く姿。
また、その道筋に関わる人物や動物の設定の面白さ。
どれを取っても素晴らしいの一語に尽きるのではないだろうか?
普通の魔法系の物では無い。今迄のドラゴン小説とも違っている。
正にNEWファンタジーではないだろうか?
登場する者達は、確かにファンタジーの王道を踏襲する物では有るが、そこに描かれた彼等は、今迄とは違った命が有る。そう思いました。
ハリウッドの映画化が決定してるとの事だが、それよりも何よりも、先ずは第2巻が待ち遠しくて堪らないのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

息継ぎさしてぇ…+_+;

2004/09/10 23:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朱鷺ちゅぅ☆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ×_×;
読み終わって⇒やぁっと息継ぎがまともに出来たッ;_;
って感じ☆笑*      
うちが『エラゴン-意志を継ぐ者-』を読もぉ!!と思ったキッカケゎ
この表紙のドラゴンの絵♪惚*  
かなり分厚くて.読み終われるか心配やったけど^_^;*
これまた好奇心みたいなモノで買っちゃったぁ☆
買って読み始めたんやけど…汗*
始めの3〜4Pageが真っ黒に白字で⇒しかも.その時点でもぉ物語
が始まってて…。
うちゎ正直『読めるかぁッ><;何が何やらよぉ解らへん…』
って思って↓笑*
2週間位放置してたんょ´_`*笑*
でも.なぁんか気になって『やっぱちゃぁんと読もッ』と思ってんか^_^
何をしてても…なぁんか気になってもぉて^_^;笑*
で⇒どぉにかこぉにか♪
頑張ってその部分をクリァしたじょぉぉぉ☆
ほしたら.面白ぃのなんのって!! 止まらなぃ止まらなぃ!!
もぉ『かっぱぇびせん』状態やったゎ*_*
ェラゴンの怒りがうちの怒りで…ェラゴンの悲しみゎうちの悲し
み…ェラゴンの喜びゎうちの喜び…ェラゴンの驚きゎうちの
驚きッッ>v<♪
本気で抜けられなぃ1作やね☆
もし.途中で抜けよぉ思ったら⇒うちの場合ゎやけど.かなりの精神力?
とか.かなりの集中力?笑*
とかがいるゎ^_^;     
1言で言ぅと☆『最高ッ★Chu★』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これぞファンタジーの王道!!

2004/06/25 00:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんず86 - この投稿者のレビュー一覧を見る

冒頭の部分を読み始めてから、文章がとても気に入ってすとんと物語のなかに入り込むことができました。
訳者さんの力もあるのでしょうが、とても歯切れのよい、リズムのある文章で読みやすかったのと、何よりもこれこそファンタジーだ!と力こぶいれて叫びたくなるほどの内容の濃さによってでした。

森と山脈の国アラゲイジアに住む15歳の少年エラゴン。
彼が狩猟中に見つけた青い石…それはただの石などではなく…
貧しい農場に伯父と従兄と二人で暮らすエラゴンのもとにやってきたこの石がきっかけとなって、エラゴンは自分の運命のなかに飛び込んでいくのです。

アラゲイジアの過去にあったという伝説のライダー族、ドラゴン、邪悪な野望にとりつかれた王、影にうごめく怪物アーガル、それに対抗する勢力ヴァーデン軍。
と、いろいろと楽しめる要素がいっぱいです。

何より、私のツボにハマったのは竜と心を交わし…ってところ。
私の大好きなマキャフリーの「パーンの竜騎士」を彷彿とさせる内容です。
それと影響がみられるのは、何といってもトールキン。
最初は、これは指輪の亜流では?などと思ってしまったほど影響されまくってるようすがありありでした。
でも読みすすめていくうちにそんなことなどすっかり忘れていました。
ストーリーははらはらドキドキって感じで、先が気になってつい読んでしまいます。

描写もうまいです。とくにドラゴンの描写がほんとうまく出来てます。
はっきりと目にうかぶような描き方です。
もちろん人間の方も…ね。
主人公の気持ちに入り込んで読めました。でもこのエラゴン少年、敵につかまったり怪我したり、死にかけたり、と本当に波乱万丈。
ちょっとした失敗で手首折っちゃったりしたところは、ほんとう痛そうでした。

エラゴンの旅の部分がすごく面白くて、けっこうぐいぐい読めました。
悪の王様ガルバトリックスに対抗する勢力の陣地へ乗り込むところなど、手に汗にぎる展開でした。
まさにファンタジーの王道ですね。

それにしても、これを書いた作者はホントすごいです。15歳の頃書き終えたというのだから驚きです… いまもたったの20歳だっていうんですから。早熟ぅ〜!?

2巻がとっても楽しみ。
1巻では解明されていないことがたくさん残っていて… 続きが気になるぅ〜早く読みたい!!
予想以上に良かったので、今回は図書館で借りたけど、自分用に一冊欲しくなってしまいそうです。
「指輪物語」が好きで、ドラゴンのでてくる話が大好き!という方に絶対おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本の厚さに惑わされないで!

2005/12/19 11:39

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sirogane - この投稿者のレビュー一覧を見る

この「エラゴン」というのはドラゴンの名前だと思っていました。実は主人公の名前。
エラゴンの住むアラゲイジアは邪悪な王に支配された国。猟に出かけていたエラゴンは森で青い石を拾います。生活が貧しいエラゴンはそれを売ろうとしますが不気味がって誰も買いません。この石をめぐって話が進んでいきます。エラゴンは故郷を離れることになりますが、旅を共にする老人ブロイとの師弟関係や絆は冒険をよりおもしろくしています。そのほかの脇役の面々もとても魅力的で、敵も見方も個性豊かで飽きさせません。戦いあり、魔法あり、恋愛ありで、幅広い年齢に愛されるおはなしだと思います。
ところでこの本ですが、すごく厚くて読むのはちょっと・・・としり込みしている人があるかもしれません。ですが実は普通のハードカバーの本と同じくらいのページ数なのです。ページ数がかわらないのになぜあんなに厚味があるのかというと、紙質のせい。ほかの本より厚みのある紙が使われているのでぶ厚くなっているだけなのです。ページ数をみればほかのファンタジー系の本とかわりありません。もし本が厚いからという理由だけで手にとっていないのだったら勿体ないですよ。 『ライオン・ボーイ』が好きな人はこの本も好きだと思います。お試しあれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何を今更と思われるでしょうが

2007/02/14 00:25

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さあちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 実は映画を観たいなあと思ったのです。テレビスポットも何やらハデハデしくて面白そう。でもその前に一通りの基礎知識は頭にいれとかなくっちゃと思い手にしたのですが・・・
 まずこの分厚さにびっくり。この調子では読み終えるのはいつになることやらと思ったのですがそんな心配は無用でした。何しろ読み始めたら最後続きが気になってページをめくる手が止められない。結局家のことはすべて後回し。エラゴンと共に旅を続けたのでした。
 物語は主人公のエラゴンと彼のドラゴンであるサフィアが伯父の敵を討つために旅をするというものだ。そこにエルフやらドワーフやら邪悪な王やらファンタジーにおなじみの面々が登場します。何やらスターウォーズやら指輪物語やらパーンの騎士を思いださせるような人物も次々と登場。そんな予想通りの展開にもかかわらず読者を飽きさせないこの作者は凄いと思ったらなんと弱冠15歳の時の作品らしい。ああ私って15歳の時なにしてたんだろうという自責の念にかられつつも早く続きを読まなくちゃと思っています。まだ当分家のことは後回しのままになりそうです。
 とにかく手にとって読み始めてみて下さい。あなたもエラゴンの旅にきっとついて行きたくなるはずです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本の世界に浸ろう

2004/10/04 18:03

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:violin - この投稿者のレビュー一覧を見る

  いかにもファンタジーです、という表紙。広告のうたい文句。
  でも実は魅力的なドラゴンの顔の表紙で、私はドラゴン好き。
  しかしその私もためらった。
  あまりにも あふれ過ぎているファンタジーとうたわれる本の数々。
  とりあえずは やはり自分で読まなければ面白いか、当たりか わからない
  とばかりに なんでも読んでいた。ちょっと今、「ファンタジー」について
  いけなくなってしまっていた。それで敬遠していたのだ。
  しかし、皆さんの書評を読んで もしかしたら楽しめるかもと、手に取った。

  内容については 他の方の書かれているとおり。謎もいろいろあって、続きが
  すごく気になる。キャラクターも よくあるといわれれば まさに王道と言え
  るかもしれない。
   しかし、この厚さをものともせず ぐいぐいと引き寄せる力はあなどれない
  。なぜだろう…ハラハラ、ドキドキがすごく安心する。
  現実に近かったり、妙に身近にあるテーマで考えさせられたりというのも
  いいのだが、やはり「思いきり別世界」「この本の中の世界」に浸れるという
  単純さのようなもの… 小さい頃に感じた 本を読むということで感じた
  喜びはこれだ。これが 最大の魅力なのだと思う。
  ファンタジーは飽きたよ と言う人も 手にとってみてほしい。

  

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

竜に魔法に剣ににエルフ。直球で王道、だが面白い。

2004/05/19 08:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 片田舎で農業や狩りをして暮らす少年・エラゴンは、美しい石を拾う。それは彼をとてつもない運命の渦に巻き込んでいくのだった。

 もう幼生はいないと思われていたドラゴン。そのドラゴンの卵を手に入れてしまった少年は、家族を奪われ戦いの旅に出る。師匠との修行シーンや友情、隠された血筋などの設定に映画「スター・ウォーズ」っぽさを濃厚に感じたりもしたが、もうドワーフにエルフにと王道を貫いて、これはまさにファンタジー。しかし竜や魔法といった設定に説得力を与えるために、架空の街や人々の暮らしなど世界の細部までもがしっかり描き込まれているところに著者の力を感じる。自然の美しさなど映像的にはえる場面が多くて、これは映画で観たい作品だなあ。

 そして何よりも、超生物ドラゴンの魅力がこたえられない。飼い主ではなく、パートナーとしてエラゴンとの間に育つ一体感や信頼感を読んでいくのは、育成ゲームにも似たゾクゾクとした悦びが味わえると思う。なにしろ「ぼくのドラゴン」なんだもん、可愛いよね〜〜。私もドラゴンほしい。
 ル・グィン「「ゲド戦記」好きな人におすすめ。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/27 16:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/23 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/09/30 11:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/18 05:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/11 11:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/14 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/17 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。