サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

朝霧(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 95件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.4
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/260p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-41305-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

朝霧 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)

著者 北村 薫 (著)

朝霧 (創元推理文庫 円紫さんと私シリーズ)

605(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー95件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

うれしいような悲しいような

2004/05/17 23:22

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日常のちょっとした謎や不思議に目を留め、そこから驚くような答えを導き出す円紫師匠のシリーズも5冊目。大学生だった語り手の「わたし」もぶじ大学を卒業、アルバイトしていた出版社に就職が決まり、社会人として歩き出しました。シリーズ1話からすっかりファンになってしまいずっと読み続けてきた者にしてみれば、この時の流れと成長はうれしいような悲しいような。子供をもつ親の気持ちが少しわかったような気がします。
さてこのシリーズ5冊目、ちょっと切ない感傷的な気持ちにさせてくれる文章、文体は前と同じ、さらに洗練されています。作者の趣味なのでしょう、文学や落語について筆を割き言及しているところも同じなのですが、前作、そして本書とその割合が多くなってきています。以前は謎とその解明の間に文学談議や落語の解釈があったものが、それが逆転してしまっていて、文学談議の合い間に謎解きがある感じです。ウンチクは増えますが、まず文学や落語について書きたいことがあって、それに合わせてミステリをつくっているように読めてしまい、ミステリファンとしてはちょっとさびしいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/04 15:12

投稿元:ブクログ

「私」は、これからどうなっていくんだろう・・非常に気になります。早く続きがよみたい、けど。おわってほしくない。

2004/09/29 17:00

投稿元:ブクログ

円紫師匠と私シリーズの第5弾
「空飛ぶ馬」当時、女子大生だった私も就職し、だんだんとおとなになり・・・。
次があるのかわかりませんが、最後には私の名前が呼ばれるのだろうと思っています。最愛の人から。

2006/01/28 17:35

投稿元:ブクログ

「私」と円紫師匠の名コンビシリーズ第五弾。「私」も社会人になりました。このシリーズを読み続けていると、「私」に比べて自分の読書体験がいかに乏しいかと愕然とする。

2005/08/11 14:28

投稿元:ブクログ

「秋の花」「六の宮の姫君」と、長編が続き、この「朝霧」で3編の短編にまた戻る。大学を卒業し、社会人になった「私」が登場する。
最後の編である「朝霧」がダントツにステキ。少ししか会ったことなくっても恋は動き出してしまう、そのきっかけをゆるやかに、そして確実に「私」に送りこんでいるのがわかる。続編が気になるのだけど、コレで終わりなの?

2004/10/12 21:53

投稿元:ブクログ

 「空飛ぶ馬」で始まり、日常の謎というジャンルを生み出したこのシリーズも5作目になり、「私」も出版社に就職しました。当然のことながら、まわりの人々も少しずつ変わっていきます。もちろん、円紫さんは変わらないけれど。
 日常の謎はもはやミステリの枠にとどまらないような気がします。でも、小説の世界観としてはまさに北村薫の世界。たとえ文学談義についていけなくても、その雰囲気を味わい、楽しむことができれば、満足感が得られるでしょう。

2010/09/12 17:51

投稿元:ブクログ

オタク同期から借りてる「円紫さんと私」シリーズ。主人公がついに社会人になってしみじみ。落語に詳しかったらもっと面白いんだろうなぁ。

2005/05/25 16:23

投稿元:ブクログ

ミステリはね、謎の殺人事件を解決するだけじゃないんだよ、と教えてくれたシリーズ。淡々とした味わいがなんともいえない。それでも、いやそれだからこそ「山眠る」は心に重いものを落とした。逆に現実にはそういう事件の方が多いのだと思う。それでも嫌な感じでは終わらない。ただのハッピーエンドでもない。そしてそこに生きる主人公がきれいに感じられる。

2017/02/06 22:52

投稿元:ブクログ

今回は、また連作短編集の形をとって。前作よりは読みやすい。やはり、この形の方が好きだなあ。 ある方との再会もある。

2005/03/01 20:25

投稿元:ブクログ

シリーズ5作目。「私」も卒業し出版社の編集者として社会人になったところからスタートです。
収録作品は
「山眠る」
「走り来るもの」
「朝霧」
ですが、

前作同様に文学に関する話は、なかなか苦手ですが(特に前作から続くような感じの山眠るはそうですが)それでもそれぞれの作品に意味があるようで楽しめました。
「山眠る」では、「冬の山に雪が積もるのにも、きちんとわけがある」って言うことで、これがミステリーのテーマとなっています。

「走り来るもの」は、表題どおりなら、ライオンが走り来るのだろうけど、リドルストーリー(起承転結の結を書かずに終えて、結末を読者にゆだねるような作品だそうで、それをリドルストーリーと言うとは初めて知りました)の話題で、その結末を想像すると言うか当てると言うものです。

その余韻が残った状態で、ベルリオーズのレクイエムを聞きに行ったときに隣に座っていた人との再会、、その気持ちが「私」の恋へと変わるのかどうか?「朝霧」では、そんな想像をさせてくれる作品になっていて、順番に読むとその楽しさは倍増かな(^^)。

主人公の「私」のことを気に入って、ずっと前作シリーズで読んできました。本の中だけの存在ですが、恋人が出来るのかなと想像するとちょっぴり切なく感じるのは・・・(^^;
朝霧のほのに相見し人ゆゑに命死ぬべく恋ひわたるかな

・・・なんて、ところまでは行かないけど(^^;

2005/04/24 11:00

投稿元:ブクログ

北村薫「圓紫師匠と私」シリーズ第5作。

『空飛ぶ馬』、『夜の蝉』、『秋の花』、『六の宮の姫君』と續いたシリーズ。
これまで女子大生だつた「私」も、本作品では出版社の編輯者になつてゐる。

3篇からなる連作短篇集。
「山眠る」では俳句、「走り來るもの」ではリドル・ストーリー、
「朝霧」では暗號、とそれぞれの短篇で「言葉」に拘つてゐる。
ジャンルとしてはミステリーなのだが、「言葉」そのものについての含蓄が深い。

「走り來るもの」ではフランク・R・ストックトンの有名なリドル・ストーリー『女か虎か』について言及されてゐる。
どうも最近この『女か虎か』には縁があるやうだ。
つい最近讀んだ、霞流一 の『スチームタイガーの死走』でも登場してゐた。

最後に記載されてゐる萬葉集の歌。

朝霧のほのに相見し人ゆゑに命死ぬべく戀ひわたるかな

どうやら、次囘作は「私」の戀物語となりさうな終はり方である。


2004年4月21日讀了

2005/05/21 22:29

投稿元:ブクログ

文庫になるのをずっと待っていた1冊です。私の周りの世界がだいぶ変わってきました。この先にあるだろう未来が気になる話です。

2005/06/05 23:46

投稿元:ブクログ

「山眠る」はありそうな話だが、ちょっと悲しいなあ。「走り来るもの」もちょっと残酷な話し。最後の帳消しのためのことが書かれるがいまいち。まあ、「朝霧」が良いかも。昔のちょっと良い話、そして「私」がちょっと気になる男性が出現。円紫師匠はどんどん脇役になっていく〜。たしかに「私」の日常生活の方が面白いけど。

2005/09/30 15:13

投稿元:ブクログ

円紫と〈私〉5作目。
芥川に関する卒業論文を仕上げ、編集者として社会人になった〈私〉。
俳句メインの「山眠る」、リドルストーリーの結末は?「走り来るもの」、祖父の日記の符丁を解く「朝霧」の3編。

2006/02/11 18:54

投稿元:ブクログ

前作でアルバイトに行った出版社に就職し、社会人となった「私」。シリーズ初めての恋愛、結婚がテーマの話が登場します。

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む