サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 虚無への供物 新装版 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

虚無への供物 新装版 上(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 90件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.4
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/420p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273995-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

虚無への供物 新装版 上 (講談社文庫)

著者 中井 英夫 (著)

虚無への供物 新装版 上 (講談社文庫)

810(税込)

新装版 虚無への供物(上)

648 (税込)

新装版 虚無への供物(上)

ポイント :6pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー90件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

狭義の推理小説の範疇に収めておいてはいけない

2005/10/15 08:54

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu-I - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリファンの間では超がつくほど有名な作品だが、ミステリを読まない層にはどのていど認知されているのだろうか…と懸念して、昨年新装版が刊行されたことも鑑み紹介させていただく。
呪われた一族、密室殺人、自称探偵たちが一堂に会しての推理合戦…外形はあきらかに本格ミステリだ。それも過去のミステリの名作への敬愛に満ちあふれ、次々に展開されるロジックも高度で、ミステリファンに向けて書かれた濃密なミステリという印象である。
しかし、最後まで読めばこれがたんなる推理小説でないことがわかる。アンチミステリ——反推理小説と呼ばれるゆえんが、物語のラストにおいて燦然と現れる。まあ筆者としては、反推理小説というよりは超推理小説とでも呼びたいところなのだが、それはさておくとして。
本書で扱われる犯罪は、虚無への供物だ。
そしてそれをえがききったこの作品もまた、虚無へ捧げられた供物なのである。
ミステリへの深い愛とともにこの作品に詰め込まれているものは、この世界への激しい憤りだ。それを激情のままでなく、厭世的な失望感でもなく、娯楽性あふれる推理小説に昇華したところに高い文学的価値を感じる。
怒りを怒りのままに、失望を失望のままに書くことは難しくない。しかしその怒りを、失望を、それでもこの世界を愛したいという強い願いを、このような上質なミステリに仕上げてしまったということはほとんど奇跡のように思える。
この作品がはじめて刊行された1964年当時と現在、どちらに残酷な「虚無」が多くはびこっているのか、64年に未だ生まれていない筆者には判断がつかない。
しかし現在においても著者が憎んだ「虚無」は、さまざまな形で世に横溢している。筆者がミステリファン以外にもこの作品を是非読んでもらいたいと願うのは、それゆえである。
冒頭「サロメの夜」と同じ夜に著者が没して12年。だが本書は今も、「虚無への供物」としてその価値を保ち続けている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時代と犯罪の関係を意識しながら、美しく幻想的に、しかしいびつでバロックに提示された特別な存在感ある小説。

2004/07/06 14:18

13人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東京創元社から全集の形でも刊行されているが、ずっと分厚い1巻として出ていた講談社文庫版が2巻になって登場した。どこの文庫も、文字を大きくするための改版が進んでいるから、その流れに沿った改訂には違いないだろうが、この2004年という年は、どうやら作家・中井英夫にとって節目の年らしい。

 2月29日が『虚無への供物』刊行40周年の日であったそうだ。そして15年前の6月、中井英夫は終の棲家と考えていた世田谷区羽根木の地から離れざるを得なかった。私事で恐縮だが、羽根木は隣町。中井氏の散歩道だったところを私は始終うろついているらしい。
 50年前の1954年9月26日、青函連絡船「洞爺丸」が転覆した。1155名もの犠牲者が出た国鉄最大の事故であり、タイタニック号に次ぐ海難事故ということになる。ギュンター・グラスが『蟹の横歩き』で扱った大戦中のヴィルヘルム・グストロフ号転覆——ナチス・ドイツが伏せていたため9000人もの犠牲者を出したというのに知られざる事故だったから、それが史上最悪の海難として、洞爺丸は3番目の規模である。青函トンネル着工の直接の引き金となったこの事件を舞台に、水上勉が『飢餓海峡』を書いているが、『虚無への供物』もこの事故を背景としている。
「ザ・ヒヌマ・マーダー」と作中人物に名づけられる連続殺人事件が、ゴシックな屋敷のなかで展開していくわけだが、そもそも主要登場人物の氷沼蒼司・紅司兄弟の両親は、洞爺丸沈没事故で両親を失ったという設定である。その「ザ・ヒヌマ・マーダー」の幕が切って落とされる日付が1954年12月10日。黒天鵞絨(ビロード)のカーテンそよぐ下谷・竜泉寺のゲイ・バア「アラビク」から始まる。
 加えて言うなら、物語が始まったのと同じ日付の1993年に、中井英夫はみまかった。——ドラマティックなものに引き摺られてしまうのは、私だけではあるまい。
 
 アンチ・ミステリーという形をとって『黒死館殺人事件』『ドグラ・マグラ』とともに推理小説の3大奇書として挙げられる本書である。本格派推理小説にふさわしい複雑な謎解きを収斂させていくことではなく、逸脱させたり破綻させたりを平気でやってのける作品の魅力については多くの人が語っているので、ここでは触れることを遠慮する。
 注目したいのは、そのようにアンチ・ミステリーという形をとったことの根にあったものである。

 冒頭、バア「アラビク」の立地についての話を少し振ったあとにすぐ、作者は1954年という年の陰惨な事件の数々に触れている。連続殺人事件の物語を始めるに当たって、その年の殺人件数の異常な多さに触れ、さらに二重橋圧死、第五福竜丸、黄変米、そして洞爺丸の諸事件を挙げ、それをあっさり「新形式の殺人が次から次と案出された年だからでもある」(11P)と裁定している。 
 高度成長前夜の50年代は、松本清張が『日本の黒い霧』でも表わしたように、GHQの思想統制などにより、インテリ層にとっては何とも暗澹たる閉塞感に満ちた時代だったろう。それを『虚無への供物』という言葉ですくいあげ、全篇にその時代の空気を漂わせたこと——これは戦後日本文学のひとつの大きな収穫ではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

割り切ってからは速い

2015/03/26 11:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

こういう本だと割り切ってからは速く読めた。事件が起こって推理して自分たちでその真相を否定しては場面転換というパターンの繰り返しなので、さすがに飽きるだろう。なぜ日本ミステリー三大奇書に選ばれているかは下巻で分かるんかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

期間限定価格

2016/12/05 21:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コルダ - この投稿者のレビュー一覧を見る

期間限定価格ですごくお得に手に入れました!古い作品のようですが、軒並み評価が高いので楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/28 23:05

投稿元:ブクログ

遥か昔、高校生の頃に旧文庫版を読んだ覚えがあるのですが、京極と綾辻の帯解説につられてふらふらと買ってしまいました。

上下巻に分かれているのですが字が大きいので割と早く読み終えることができます。

意外な真相、真犯人もさることながらその結末のつけ方が秀逸でした。

当時の世相が生み出した『犯人』。どちらが内側で、どちらが外側か。それを判断するのはいったい誰なのか。

悲しく、切ない読後感。文章の上手さも評価の高い理由ではないかと思われます。

今読んでも少しも色あせない名作です。

2014/03/30 10:29

投稿元:ブクログ

昭和29年の洞爺丸沈没事故で両親を失った蒼司・紅司兄弟、従弟の藍司らのいる氷沼家に、さらなる不幸が襲う。密室状態の風呂場で紅司が死んだのだ。そして叔父の橙二郎もガスで絶命―殺人、事故?駆け出し歌手・奈々村久生らの推理合戦が始まった。「推理小説史上の大傑作」が大きい活字で読みやすく。 (「BOOK」データベースより)

私が読んだのは、上下には分かれていませんでした。
だから分厚くて、持つのが大変でした(苦笑)。

面白く読みましたが、探偵役のみなさんの言動・行動が私には受け入れがたい部分が多く、また設定にも無理があるような気がしてなりませんでした。
時代的な影響もあるとは思いますが。
ヒヌママーダーとかのんきに言ってる場合?
あまり好きになれる人物がいなかったのですが、藍ちゃんには幸せになってほしいなあ。

最終的には悲しい運命を背負った一族だということでのまとめってことでしょうか。

2011/01/24 01:17

投稿元:ブクログ

名作と言われるだけのことはある、とでしかいえないくらい名作。
昔の作品だとは思えないくらい現代的。

2005/07/04 15:08

投稿元:ブクログ

上下巻読了。
やっと読みました。
妖しい世界がムンムン漂います。色っぽいのです。
内容がかなり複雑でまだあまり理解できたとはいえません。
探偵役がみんなサバサバしてるのがいいです。

2005/08/07 14:41

投稿元:ブクログ

全体を通してさくさく読めた。文体が馴染みやすいしそこに上品さも感じる。構成も気に入ってるが、中盤あたりから眩暈がした。推理合戦の応酬は耐え難いものがあるが、それまでの展開が魅力的なので、いいイメージのままラストまで持ち堪えた感がある。すぐに思い当たる真犯人や理解不可能な動機等、不服な点はあるが、時代背景と霧がかった様な作品の雰囲気が非常にいいバランスを保っている。

2007/06/24 16:26

投稿元:ブクログ

推理小説と思って読み始めたら流石は日本三大奇書、話があっちへ行きこっちへ行き、ぐちゃぐちゃになる。登場人物が全て話をややこしい方向へややこしい方向へ動かしていく。いいから警察に任せておきなよ。

2006/01/22 18:47

投稿元:ブクログ

一応探偵小説。
これでもかこれでもかと素材を並べて見せ、最後にテーブルからなぎ払ってしまうのは卑怯だと思う。
その点で小栗虫太郎の黒死館と似ている。

2006/02/20 19:55

投稿元:ブクログ

結果的に僕の人生を支配している本。
或る人にとっては推理小説(現に戦後推理小説ベスト3とされている)、或る人にとっては恋愛小説(読めば判る!)、そして或る人とっては都市小説(目白はまだ、小説の雰囲気が建物や町並みに残っているよ)、と云う。
さあ、あなたは何と読む?

2007/02/10 12:48

投稿元:ブクログ

一応「アンチミステリ」なので、ミステリのカテゴリに入れてはいけなかったかな。内容はみっちり。目黒不動に薔薇、色の組み合わせや幻想主義などかなり濃いので、読んでいてちょっと疲れた感も。周りで好き放題推理をめぐらせている探偵気取りの登場人物、そして読者こそが悲劇を進めたのだ、というところは、ミステリ好きとしてはうっとなります。

2006/05/27 13:10

投稿元:ブクログ

次々起こる殺人事件、そして推理マニアの登場人物たちが勝手に推測するトリックの数々…。
推理小説ってゆうものを初めて読んだのがこの作品だったんですが、こんなに面白かったのはこの作品だけでした。

2006/08/07 00:51

投稿元:ブクログ

とにかく盛り沢山の引用と回りくどい展開の繰り返し。それが全て終焉の為の布石と成るのならここまでされると圧巻です。社会派の一面もありますが、ミステリー要素満載です。著者のミステリーへ対する愛情の溢れた証と思って良いと思えます。一度では理解するのが難しい作品。何回か読むことによって、違った一面を見せてくれると思います。そうは言ってもかなり読み難いので、軽はずみには手を出せない作品ではありますが。